久慈暁子アナ、常識的な日本語問題で取り乱す「…何だっけ」

フジの久慈暁子アナ、小島慶子、安東弘樹らが「ネプリーグ」2時間特番でクイズバトル

記事まとめ

  • フジテレビ系「ネプリーグ」の2時間SPが13日に放送、アナたちがクイズに挑戦する
  • 小島慶子、草野満代、久慈暁子アナ、松本圭世、安東弘樹、福井謙二アナらが出演
  • モーリー・ロバートソン、フローラン・ダバディ氏、ラッセル・グドール氏、林修も出演

久慈暁子アナ、常識的な日本語問題で取り乱す「…何だっけ」

久慈暁子アナ、常識的な日本語問題で取り乱す「…何だっけ」

「ネプリーグSP」で<女子アナウンサーチーム><男子アナウンサーチーム><世界選抜チーム>が激突!

ネプリーグ」(毎週月曜夜7:00-8:00、フジテレビ系)の2時間SPが、5月13日(月)夜7時から放送。女子アナウンサーチームと男子アナウンサーチーム、そして世界選抜チームがハイレベルなバトルを繰り広げる。

<女子アナウンサーチーム>のメンバーは堀内健、小島慶子、草野満代、久慈暁子アナ、松本圭世、<男子アナウンサーチーム>のメンバーは原田泰造、安東弘樹、福井謙二、榎並大二郎アナ、藤井弘輝アナで、久慈アナ、松本、藤井アナ、福井は番組初登場となる。

この日本語のプロたちが、名倉潤、モーリー・ロバートソン、フローラン・ダバディ、ラッセル・グドール、林修という、<世界選抜チーム>の日本に詳し過ぎる、精鋭たちとの常識クイズ対決に挑む。

■ 新ゲーム「シボリーグ」で久慈暁子アナが健闘を見せる!

1stステージは、1〜4文字の穴埋めクイズに解答する「ネプレール」。<女子アナウンサーチーム>の元TBSアナ・小島慶子は、中高生でも習う政治分野の常識問題でまさかのミス。

一方、<男子アナウンサーチーム>の福井は「後輩諸氏(榎並アナ、藤井アナ)の成長ぶりを確認するために来た」と話し、後輩たちの手本となるべくクイズに臨む。

2ndステージでは、答えが複数存在する問題に、ラリー形式で制限時間以内に答えていく新ゲーム「シボリーグ」が登場。

第1試合はダバディ、藤井アナ、久慈アナが「ヨーロッパの白地図から国を選んで国名を答えよ」という問題に挑戦。フランス出身のダバディが有利だが、岩手出身・久慈アナも健闘を見せる。

第2試合は、モーリーVS榎並アナVS堀内。榎並アナいわく「小学校のとき以来」という社会科の問題に、榎並アナは「(自分は)Mなんで…絞り出せば…出てくる…」と自ら告白し、筋トレのように自らを追い込んでいく。

収録後「脳みその片隅に眠っていた知識を呼び覚ました」と振り返った榎並アナは、果たして勝利を収めることができたのか?

第3試合は元TBSアナの2人・小島VS安東、そして林による三つどもえ対決。第4試合は原田VSラッセルVS松本アナ、第5試合は元NHKアナ・草野VS福井VS名倉が対決。知識の“量”で競う名勝負が生まれる。

■ 久慈暁子アナ、今度は取り乱してしまう

3rdステージは、常識的な日本語に関する問題に挑む「日本語ツアーズバギー」。

<女子アナウンサーチーム>の久慈アナは「漢字はある程度解けると思う」と自負するが、ニュースでもよく見る常識漢字で「…何だっけ」と取り乱す場面も。

その他、「このコーナーで(世間の感覚とズレ次第で)アナウンサーとして良いか悪いかが分かる」と福井が評した、世間一般のアンケート結果などの割合を予想する4thステージ「パーセントバルーン」や、答えが10個以上存在する問題をリレー形式で答える5thステージ「ハイパーボンバー」に挑戦する。

そして収録後、榎並アナが感想などについて語った。

■ 榎並大二郎アナ「男たちの奮闘ぶりを、ぜひご覧いただきたいです!」

――収録の感想を。

お昼から始まった収録も、終わるころには日が傾いていました。しかしながら、緊張と笑いが入り混じる空気の中で、あっという間の時間でした。

この角度の問題が出るのか…!と、脳みその片隅に眠っていた知識を呼び覚ましてクイズに臨みました。

――ネプチューンとの共演について。

収録中も休憩中も楽しいお話で盛り上げてくださり、おかげさまで緊張がほぐれました。

また、長年番組を支えられながら、1つ1つのクイズに対して一喜一憂し、常に全力で挑まれる姿が格好良かったです。

新人のころから10年以上お世話になっていますが、共演させていただくごとに、どんどん御三方への尊敬の気持ちが大きくなっていきます。

――出演者のうち、最も“常識力がある”と感じられた方は?

モーリー・ロバートソンさんです。「え! その分野もいけるの!?」と驚かされました。本当は日本人なのではないかと常々思っていましたが、今回で疑惑が確信に変わりました(笑)。

――視聴者の皆さまへメッセージをお願いします。

日本を知り尽くした世界選抜チーム、草野さん、小島さん擁する女子アナチームという猛者たちに向かっていく男子アナチーム。「なんかここぞという時に勝負弱そうだよね」とやゆされる男たちの奮闘ぶりを、ぜひご覧いただきたいです。

また、新ステージ「シボリーグ」のヒリヒリ感は必見です。めちゃくちゃ緊張しました。あの林先生も額に汗がにじむほど、皆さん緊張していました。

これぞ三つどもえ、それぞれのプライドがぶつかり合う、大人たちの本気をお楽しみいただければと思います。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)