「いだてん」視聴熱首位を独走! 杉咲花が着物姿で疾走!【視聴熱TOP3】

「いだてん」視聴熱首位を独走! 杉咲花が着物姿で疾走!【視聴熱TOP3】

女子体育に焦点が当てられた「いだてん」5月12日放送回。シマ(杉咲花)が早朝の町中を走るシーンが話題に

webサイト「ザテレビジョン」では、5月12日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(毎週日曜夜8:00-8:45、NHK総合)10817pt

5月12日に第18回「愛の夢」を放送。駅伝の盛り上がりと共に、四三(中村勘九郎)の妻・スヤ(綾瀬はるか)が懐妊。そして、イギリス留学から帰国したトクヨ(寺島しのぶ)が、女性が自由に体を動かせる服・チュニックと「ダンス」を持ち帰り、身重のスヤやシマ(杉咲花)が目を輝かせる。

その頃、長旅から東京に帰ってきた孝蔵(森山未來)は、美川(勝地涼)と小梅(橋本愛)の起こしたトラブルに巻き込まれて散々な状況に。腐りそうな孝蔵を、いつか日本一の噺家になるからと親友の清(峯田和伸)が激励する。

女子体育にも焦点を当てた今回。オリンピックに挑む四三や弥彦(生田斗真)の影響でスポーツの魅力に引き込まれたシマは、前回、嘉納(役所広司)に「女子の体は走るのに向いとらん」「君たちはいずれ健やかな子どもを産まないといかん。無理したら壊れるぞ」と言われた。本話では、その言葉を振り切るように早朝の町を走る姿が話題に。特に、着物姿で走っていたシマが帯をほどいて再び走り出すシーンが「印象的だった」と感想が寄せられた。

2位「あなたの番です」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)7607pt

5月12日に第5話を放送。502号室の赤池美里(峯村リエ)と吾朗(徳井優)が殺され、マンション周辺で続く死に不安を感じた翔太(田中圭)は菜奈(原田知世)に「引っ越そうか」と提案。自分が交換殺人ゲームで名前を書いてしまった人物まで殺されるのではないかと気がかりな菜奈は、「引っ越しは最後の手段にとっておこう」と答える。

警察の捜査が入る中、臨時の住民会が開かれ、菜奈は一同に交換殺人ゲームのことを警察に話すべきだと言う。だが、自分たちも殺人教唆に問われるかもしれない不安やマンションの資産価値の下落などを理由に住民たちは反対する。

美里の名前を書いたのは浮田(田中要次)と明らかになったほか、深夜にこっそりと部屋を出た菜奈が朝男(野間口徹)と密会しているところを翔太が目撃してしまう。

翌朝、菜奈は401号室に住む木下(山田真歩)に、ゴミの中から見つけたという「302号室の人」と書かれた紙を渡される。自分たちの部屋番号に不安を覚える菜奈が部屋に戻ろうとすると、101号室の久住(袴田吉彦)に自分が殺したい人として書いた名前は自分が似ていると言われる俳優の“袴田吉彦”だと告げられる。

まさかの“袴田吉彦”の登場にSNSには驚きが広まり、久住が語る理由で「ポイントカードと呼ばれたり…」と過去のスキャンダルを連想させるせりふもあり、「袴田吉彦」がトレンド入りする反響に。日本テレビの青木源太アナもTwitterに「ホラードラマかと思ってたんだけど、ギャグドラマなのかな?」と投稿した。

その後は、袴田が撮影現場で襲われる様子が映し出される中、久住が菜奈に自分が引いた「細川朝男」と書かれた紙を渡し、翔太がジムにやってきた朝男の元に歩み寄る…というラストで再び不穏な展開に。視聴者の間では犯人の推測が白熱している。

3位「俺のスカート、どこ行った?」(毎週土曜夜10:00-10:54、日本テレビ系)4519pt

5月11日放送の第4話は、豪林館学園高校の2年生が職業体験を行うことに。原田(古田新太)は、里美(白石麻衣)、田中(桐山漣)と共に、東条(道枝駿佑)、若林(長尾謙杜)ら生徒を連れて探偵事務所へ向かう。そこで、所長・魚住(前野朋哉)の祖母・豆子(稲川実代子)の依頼で、食堂で自分が食べきれなかった分を食べてくれた上に、その代金を払ってくれた人を探すことになる。

一方、工場で職業体験していた明智(永瀬廉)は、生徒を邪魔者扱いして、ろくに仕事をさせてくれない工場長(岡部たかし)と衝突。学校に乗り込んできた工場長に「お前、謝れ」と言われた原田は、流血するほどの土下座を見せる。

そして、豆子が探していたのは、原田のクラスの生徒・駒井(堀家一希)だった。わざわざお礼を言うためだけに人探しをしたことに、「どれだけ時間をかけても伝えたほうがいいのよ、感謝と反省は。それのない人にはなりたくないの、私」と豆子。

一連の出来事をきっかけに、東条が若林にいじめていたことを謝罪し、若林は許した。その後、東条が「タピろっかな、お前も行く?」とタピオカ入りドリンクを飲みに若林を誘うラストとなった。SNSでは、豆子の言葉に「大切なこと」と賛同が集まった他、仲直りした東条と若林に「よかった〜」との声が上がった。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4〜10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)