w-inds.千葉涼平とDA PUMPのKENZOが仲良しダンストーク!2人が富士山頂でストリートダンス!?

w-inds.千葉涼平とDA PUMPのKENZOが仲良しダンストーク!2人が富士山頂でストリートダンス!?

w-inds.の千葉涼平とDA PUMPのKENZOが、出会ったころのエピソードやダンスに懸ける思いをトーク!

w-inds.の千葉涼平とDA PUMPのKENZOが、思い出の地を訪ねる“ダンス×ロードトリップ”番組「千葉KENZOの踊ってますか?」が、ダンスチャンネルにてスタート。同い年でプライベートでも交流があるという2人が、二回目の収録を終えて番組への思いを語った。

――まずは、この番組出演が決まったときの感想を教えてください。

千葉「KENZOとは今まで、イベントや舞台など、一緒にいろいろやらせてもらいましたが、ついに番組まできたかと思いました。一つの形にとらわれずにいろんなことができている感じがして、とても楽しいですし、うれしいと思っています」

KENZO「もう本当にうれしいの一言につきますね。涼平とはDA PUMPに入る前から知り合いで、仕事も一緒にしてきましたが、相談もさせてもらったり、いろんなことを経ての番組なので、感慨深いものがありますね」

■ 「初めて会ったときは『とんでもないヤツがいる!』って」

――お二人はいつごろ出会ったのですか?

千葉「KENZOがDA PUMP入る前だから、2008年くらいですね。共通の知人のダンサーの人がいて、僕はその人とよく一緒に練習していたんです。ある日、その人が『涼平、とんでもないやつを見つけた。そいつがとにかくヤバイ!』って」

KENZO「(笑)」

千葉「『ダンス全般めちゃくちゃうまいし、今度練習連れて来るから』って言われて、その後に本当に練習会に連れて来てくれて。初めて会ったときはKENZOのダンスに衝撃を受けました」

KENZO「僕も覚えてますね。初めて会ったとき、涼平は真面目にストイックに練習する人だなという印象でした。あと、どんな人に対しても愛を与えてる人なんだなと。立場とか関係なく、誰に接するときも態度が変わらないんですよ。それは今でも変わらないんだけどね」

千葉「それからよく一緒に練習するようになって、『DA PUMPに加入するかもしれないっていう話があるんだよね』っていう相談を受けて。それがあったから、DA PUMPに入ってからもよく話をしてたし、相変わらず一緒によく練習もしてました」

KENZO「僕、ダンス界でずっと生きてきましたけど、芸能界のことはよく分からなかったので。仕事に対しての葛藤を相談したり、涼平がどういうふうに生きてきたのか、話を聞いたりしてました。涼平は事務所の先輩なので、そこは頼ってたところではありますね」

千葉「お互いの家にも遊びに行くよね」

KENZO「涼平の家では鍋をごちそうになりましたよ。涼平の手料理です。おいしかったですね」

千葉「オフの日に、外でご飯食べた流れで、KENZOの家に行ったこともあった」

KENZO「あったね。そのときはダンスの話をするわけでもなく、テレビを見ながらまったりと普通に話してた気がする」

■ 「『とがってた』んじゃなくて『ギラギラしてた』(笑)」

――この番組で、お二人それぞれの思い出の地を巡るわけですが、ロケを終えて、ご自身の思い出の地で印象的だったところはどこですか?

千葉「10代から20代半ばぐらいまで練習しに行ってたスタジオがあるんですけど、そこに行かせてもらったら、全然変わってなくて景色が当時と一緒なんですよ。そのとき以来で来たので、それが当時のことを思い出させましたね。そのときに出会って今もつながっている人が多いので、出会いをくれた場所だったんだなと思いました」

KENZO「昔住んでた経堂ですかね。3、4年ぐらい住んでたんですが、街並みが変わってるところを見て、自分も変わったけどこの街も変わってたという衝撃はありました。うれしい反面、悲しいところもあって。行ってみたいなって思う店がいっぱいできてましたね」

――では、相手の思い出の地で印象的だった場所はどこですか?

KENZO「w-inds.のファンの中で聖地になっている神社ですね。そういう場所に僕らが実際に行く事ってないじゃないですか。この景色をその当時の涼平が見てたんだな、こういう生活をしてたんだろうなというのはすごく感じました」

千葉「KENZOはやっぱり大学かな。僕は大学に行ってないので、大学構内をゆっくり見させてもらうことってないですし。思ってる以上に規模が大きかったですし、人も多かったです。ロケでは、当時すごくとがってたっていう話を聞いて(笑)」

KENZO「そこは“とがって”じゃなく、“ギラギラ”にしといて(笑)。俺自身も記憶にないんですけど、大学時代、周りの人たちがお花見してるところを通ったとき、一緒にいた先輩に『あいつら、時間をむだにしてますよ』って言ってたらしくて(笑)。そのとき、ダンスに打ち込んでたから、俺、どんだけダンス好きなんだよと改めて思っちゃった」

千葉「(笑)。でも、やっぱりそういう過去の頑張りがあるから、今につながってると思ったよ」

KENZO「まあ、今は花見行きたいですけどね(笑)」

千葉「俺の知ってるKENZOはそっち(笑)」

KENZO「失われた青春を取り戻したい! もうダンス以外何もなかったから」

■ 「コラボダンスもするけど…番組では食ってばっかり(笑)」

――番組では即興ダンスを披露されますが、お互いのダンスの魅力はどこだと思いますか?

千葉「KENZOはオールマイティー。マジでどんなジャンルもうまい。 オールドスクール中心にやってる人とか、一つのジャンルを極める人が多いんですけど、KENZOはそれはそれでしっかりやりつつ他もアベレージが高い」

KENZO「ゲームをやったら全部のステータスを上げたくなっちゃうタイプなのよ(笑)。踊れないという弱点をなくしていきたいからね。涼平はやっぱりブレーキンが特化してて。そこは僕とも似てますけど、それに対してアーバンダンスというか、流行りとか最先端も分かっているんですよ。最近のコレオグラフィーだったり、一流の振付師が振り付けしたものをどんどん吸収していってて、そういう部分でアンテナ張れてるし、さすがだなって思います」

――そんな2人のコラボダンスが見られるのは番組の魅力ですよね?

KENZO「いや、どうかな…」

千葉「食ってばっかりだけど(笑)。食べロケの番組かなって思っちゃった」

KENZO「でもこの感じ好きっすよ。俺この番組大好き」

千葉「俺も。ダンスに関わっている人だけじゃなく、そうじゃない人が楽しいと思える番組にしたいなっていうのが最初にあったので、そういう意味では自由にやらせてもらえてる感じはするよね。一応台本はありますけど、ほぼ台本通りじゃないもんね」

KENZO「スタッフがアポなしで行かせようとするんですよね(笑)。まあ、でも、ストレスフリーですし、自分たちも楽しめているので、ダンスも含めていろんな顔が見られるかもしれないですね」

■ 「お互いの育った土地、北海道と福岡に行きたい!」

――気が早いですが、もしシーズン2があるとしたらどこに行きたいですか?

KENZO「僕は涼平の生まれた地の北海道に行きたいなと。予算もあると思うけど、ロケの人数を縮小したら行けるんじゃないかな」

千葉「そうかもね(笑)」

KENZO「涼平の見てきた景色を見たいですし、食べロケもやってるので、やっぱり北海道はね」

千葉「食べロケは撮れ高いっぱいですよ! 僕も関東を抜け出して、他の土地に行ってみたいな。(KENZOの出身地の)福岡、行きたいです」

KENZO「行きましょう! 案内したいですね」

千葉「福岡もご飯おいしいですからね。それも楽しみです」

KENZO「あと富士山登りたいな」

千葉「山のプロ呼ぶ? うち、メンバーに1人、山のプロがいるんで(笑)」

KENZO「案内人になってもらった方がいいんじゃない? 人生で1回は富士山登ってみたいという思いがあったので。シーズン2となると…だいたい夏ぐらいになって、ちょうど富士山登れるくらいじゃないかな(笑)。で、山頂でストリートダンス」

千葉「いいね! 僕は五号目でPVを撮ったことはあるけど」

KENZO「山頂でストリートダンスとか、聞いたことないよね。よし、富士山行きましょう!(笑)」(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)