<パーフェクトワールド>物語とリンク!菅田将暉×米津玄師の主題歌「まちがいさがし」配信開始に【視聴熱TOP3】

<パーフェクトワールド>物語とリンク!菅田将暉×米津玄師の主題歌「まちがいさがし」配信開始に【視聴熱TOP3】

5月13日の「視聴熱」デイリーランキング・ドラマ部門で、菅田将暉が歌う主題歌が配信開始した「パーフェクトワールド」がランクイン

webサイト「ザテレビジョン」では、5月13日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「なつぞら」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15、NHK総合)4939pt

5月13日に第37話を放送。なつ(広瀬すず)は、天陽(吉沢亮)の家に向かう途中、吹雪の中で倒れてしまう。なつが目を覚ますと、そこは森で暮らす弥市郎(中原丈雄)と娘・砂良(北乃きい)の家だった。そのまま泊めてもらうことにしたなつは、弥市郎と砂良が演劇部顧問・倉田(柄本佑)と知り合いで、自分の出演した舞台を見ていたことを知る。

かつて東京で教師をしていた弥市郎。砂良の母は空襲で死んでおり、「戦争を恨んでいるか」となつに問われた弥市郎は、「もちろん、今は恨んでいる。この子の母親を思い出すたび、怒りがこみあげてくる。助けてあげられなかった自分に対する怒りが」と答えた。

その答えを聞いたなつは、「そういう怒りや悲しみはどうしたら消えるんですか」と再び聞いた。「自分の魂と向き合うしかないべな」と言う弥市郎は、自分が作る彫刻に魂を込めていた。

高校の演劇部のエピソードから、“魂を込める”というキーワードでつながった展開となった。

2位「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(毎週日曜夜8:00-8:45、NHK総合)3719pt

5月12日に第18回「愛の夢」を放送。駅伝の盛り上がりと共に、四三(中村勘九郎)の妻・スヤ(綾瀬はるか)が懐妊。そして、イギリス留学から帰国したトクヨ(寺島しのぶ)が、女性が自由に体を動かせる服・チュニックと「ダンス」を持ち帰り、身重のスヤやシマ(杉咲花)が目を輝かせる。

その頃、長旅から東京に帰ってきた孝蔵(森山未來)は、美川(勝地涼)と小梅(橋本愛)の起こしたトラブルに巻き込まれて散々な状況に。腐りそうな孝蔵を、いつか日本一の噺家になるからと親友の清(峯田和伸)が激励する。

女子体育にも焦点を当てた今回。オリンピックに挑む四三や弥彦(生田斗真)の影響でスポーツの魅力に引き込まれたシマは、前回、嘉納(役所広司)に「女子の体は走るのに向いとらん」「君たちはいずれ健やかな子どもを産まないといかん。無理したら壊れるぞ」と言われた。本話では、その言葉を振り切るように早朝の町を走る姿が話題に。特に、着物姿で走っていたシマが帯をほどいて再び走り出すシーンが「印象的だった」と感想が寄せられた。

19日(日)の放送は、嘉納のもとにストックホルムから8年ぶりにアントワープオリンピックが開催される旨の手紙が届く。箱根駅伝の構想に力を注ぐ四三だったが、スヤに次こそ金メダルをとって引退し、家族と暮らす約束をする。だが、前回死人を出したマラソンは正式種目に含まれていなかった。

3位「パーフェクトワールド」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)3717pt

米津玄師が作詞・作曲・プロデュースした菅田将暉が歌う主題歌「まちがいさがし」が、放送日の日付となる14日(火)0時(13日[月]深夜0時)より配信スタート。登場人物の心情とリンクする歌詞や、メロディでドラマを毎話盛り上げており、さっそくダウンロードしたとの報告も相次いだ。

14日(火)放送の第4話は、樹(松坂桃李)とヘルパー・葵(中村ゆり)の間に、自分が入り込む余地はないことを悟り始めたつぐみ(山本美月)。それでも、恋人として樹と過ごす時間はなにより幸せで、つぐみは次第に、自分が葵に代わって樹を支えたいと思うようになる。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4〜10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)