<パーフェクトワールド>樹とつぐみ…“突きつけられた現実”に視聴者涙「切なすぎて苦しい」

<パーフェクトワールド>樹とつぐみ…“突きつけられた現実”に視聴者涙「切なすぎて苦しい」

「パーフェクトワールド」第4話より (C)カンテレ

松坂桃李が主演を、山本美月がヒロインを務めるドラマ「パーフェクトワールド」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。5月14日放送の第4話ではお互いを思い合うあまりにすれ違う樹(松坂)とつぐみ(山本)が描かれ、視聴者から「切なすぎて苦しい」「考えさせられる」の声が上がっている。(以下、ネタバレがあります)

■ 樹「障がい者でよかったと思ったことは一度もない」

同作は「Kiss」(講談社)に連載中の有賀リエの漫画が原作。車椅子に乗った建築士・鮎川樹が、高校の同級生・川奈つぐみと再会し、心を通わせていく中で樹の生き方が変化していくラブストーリー。

ある状況で、つぐみに思いを寄せる幼なじみ・是枝洋貴を瀬戸康史が、樹の訪問介護ヘルパー・長沢葵を中村ゆりが、樹の同僚・渡辺晴人を松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)が演じる。

第4話でつぐみは、樹と付き合うということの現実に直面していた。

感覚がないはずの脚に激痛を覚える“幻肢痛”に苦しむ樹。そのことを人づてに聞いたつぐみは、相談されなかったことにショックを受けていた。さらに追い打ちをかけるように、ヘルパーの葵から厳しい言葉で現実を突きつけられた。

「彼は恋愛感情だけで付き合える相手じゃないし、彼が望む幸せを、あなたが与えてあげられるとも思えない。だから、このポジションをあなたに譲る気はない」。葵の言葉で、つぐみは樹を支えることの過酷さを思い知らされる。

さらに、樹自身の本音もつぐみに突き刺さった。「障がいを負ったからこそ学べたことは山ほどあります。でもだからって、障がい者でよかったと思ったことなんか一度もない。なんで自分がこんな目にっていまだに思うし、できることなら障がいなんかない人生を送りたかった」…。

寝る間を惜しんで介護セミナーに通い、無理を重ねていたつぐみ。だが、現実はさらに想像を超えていた。つぐみは、「私はなんにもわかってなかったんだなって…」と言葉を失った。

■ 「切なすぎて苦しい」「幸せになって」

お互いを思いながらもすれ違う2人に、視聴者からは「大好きな人のために無理をしてしまうつぐみちゃんの気持ち、わかる」という共感の声や、「みんな正しいのにうまくいかない…切なすぎて苦しい泣」「胸が痛いし、いろいろ考えさせられる」「2人の関係性がどうなってしまうのか気になる」「幸せになってほしい…」といった祈りのような声も上がっている。

つぐみの身に危険が迫る衝撃のラストで幕を下ろした第4話。続く第5話は5月21日に放送する。

大けがを負ったつぐみ。樹は、一緒にいたのに助けられなかったと、激しく自分を責める。さらに洋貴(瀬戸康史)から、つぐみが仕事のかたわら、介護セミナーに通っていたことや、身の回りの世話をしようと樹のマンションに毎日通っていたことで、かなりの疲れがたまっていたことを聞かされ、がく然とする。

しばらくすると、松本から元久(松重豊)と咲子(堀内敬子)が駆けつける。愛娘が命の危険にさらされたことに憤りを隠せない元久は、負い目を感じる樹に追い打ちをかけるように、ものすごい剣幕で樹を責める。

翌日、つぐみがしばらく仕事を休み、両親の暮らす松本の病院で治療に専念すると聞いた樹は、病院を訪れる。そこで樹は、元久からあることを伝えられる――。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)