“レースクイーン日本一”林ゆめが明かす普段のコーディネートは?

“レースクイーン日本一”林ゆめが明かす普段のコーディネートは?

林ゆめが「EX大衆」に初登場

林ゆめが、5月15日発売の「EX大衆」(双葉社)に初登場。コメントとアザーカットが到着した。

人気No.1レースクイーンを決定する総選挙「日本レースクイーン大賞2018」の新人部門でグランプリを獲得した林は、「レースクイーン・オブ・ザ・イヤー 18-19」も受賞。さらに、MFGエンジェルスの一人としても活動している。

「初めて林ゆめを知る方々もいらっしゃると思うのでこれからももっと頑張っていきたいです!」と今回の掲載を喜び、「カメラマンさんが撮影中にたくさんなぞなぞを出してくれて、ヘアメークさんやスタイリストさんと答えを考えながら撮影して、すごくリラックスしながら撮影することができました。ただ、なぞなぞは難しすぎてヒントをたくさん出してもらわないと全然答えがわからなかったですけど(笑)」と撮影を振り返る。

■ 自信を持って撮影した衣装

また、「Calvin Klein」の衣装が似合っていたというエピソードでは、「はい! 私が『Calvin Klein』が日本一似合う女、林ゆめです(笑)って感じで」とおどけ、「Calvin Kleinの衣装の時は自信を持って撮影しちゃいました。色合いなども肌なじみがすごく良くて、写真もお気に入りの一枚です!」と語る。

普段はOLとしても働いており、出勤時のコーディネートについては「基本黒の服ばかり持っていて、スタイリッシュに見えるようにモノトーンコーデが多いです。茶とかベージュもたまにって感じなんですけど、突然色物ばっかり欲しくなる時期があって、その時は気付いたら無意識に青系の服を手に取ってますね。青は本当に昔から好きで、お財布は3回連続青を使ってます(笑)」と明かした。

現在はウォーキングや演技のレッスンを受けており、今後について「ファッションのお仕事や演技のお仕事をしたいです」と言う。さらに、「私は地元が大好きなので北海道で撮影したり北海道に関わるお仕事もしてみたいです!」と望んだ。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)