タワレコ「NO MUSIC, NO LIFE.」最新ポスターにナンバガ、ショーケン、バッパーズが登場!

タワレコ「NO MUSIC, NO LIFE.」最新ポスターにナンバガ、ショーケン、バッパーズが登場!

「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスターに、ことし17年ぶりの再結成を果たしたNUMBER GIRLが初登場!

タワーレコードの展開するポスター意見広告「NO MUSIC, NO LIFE.」シリーズ最新版に、吾妻光良 & The Swinging Boppers、NUMBER GIRL、萩原健一の3組が登場することが明らかになった。

1996年より、音楽そのものを応援することを目的に制作され続けている「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター。当初は「音楽がなければ出会わなかった」アーティスト同士による、異色のコラボレーションで話題を呼んできた。

2008年からは、アーティストが自身にとっての「音楽(MUSIC)」と「世の中(LIFE)」の接点について語ることで、ポスターを目にした人々に改めて音楽に触れてもらうきっかけを提案しようという想いが託されている。

■ 待望の復活を遂げたNUMBER GIRLが「NO MUSIC, NO LIFE.」初登場!

ことし17年ぶりにオリジナルメンバーでの再結成を発表したNUMBER GIRLは、意外にも「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスター初登場。「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2019 in EZO」への出演や、全国4都市を回るツアーを発表し、動向への期待が高まっている。

そんな中、2005年に発売したベスト・アルバム『OMOIDE IN MY HEAD 1 〜BEST & B-SIDES〜』が先日SHM-CD仕様でリイシューされた。

5月25日(土)からは、このアルバムを含む旧譜作品を購入した人に先着でオリジナルステッカーがプレゼントされるキャンペーンも展開。向井秀徳直筆のイラストとメッセージが描かれた貴重なアイテムだけに、この機会にゲットしておこう。

■ タワレコと同い年の“バッパーズ”も「NO MUSIC, NO LIFE.」初登場!

タワーレコードと同じくことし40周年を迎えた吾妻光良 & The Swinging Boppersは、5年8ヶ月ぶりのアルバム『Scheduled by the Budget』を5月22日(水)にリリース。それを記念して、今回「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスターに初登場となった。

本アルバムでは、オリジナル楽曲7曲に加え、ゲストヴォーカルに中納良恵(ex.EGO-WRAPPIN’)、人見元基(ex.VOW WOW)の2人を迎え、ジャズのスタンダード・ナンバーをカバー。

また、ボーナストラックとしてバッパーズの超人気楽曲のライブ音源も2曲収録。全11曲のバラエティーに富んだ1枚となっている。

さらに本日5月16日より、ポスター撮影時のインタビュー動画を「NO MUSIC, NO LIFE.ポスターギャラリー」にて公開中。そちらもチェックしてみよう。

■ アーティスト・ショーケンの秘蔵写真を使用したポスターも!

そして、タワーレコードの40周年企画として、これまで日本の音楽シーンに貢献したアーティストにフィーチャーした「NO MUSIC, NO LIFE.」ポスターも制作。

ことし3月に公開された植木等に続く第2弾として起用されたのは、「ショーケン」の愛称で親しまれ、先日この世を去った萩原健一。ポスターは、発売40周年を迎えたアルバム『熱狂雷舞』のジャケット写真が使われている。

併せて、萩原健一の旧譜キャンペーンも各店舗及びオンラインショップで開催中。対象商品を購入した人には、先着で特典ポスターがプレゼントされる。

3つのポスターは、タワーレコード各店で5月20日(月)より順次公開。アーティストたちの思いが表れたポスターを是非店舗で確かめてみよう。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)