長澤まさみ主演「コンフィデンスマンJP 運勢編」SPでも副音声企画を実施!

長澤まさみ主演「コンフィデンスマンJP 運勢編」SPでも副音声企画を実施!

小手伸也と瀧川英二の副音声企画“五十嵐のスウィートルーム”

信用詐欺師(=コンフィデンスマン)たちの暗躍を描いた華麗なる痛快コメディー「コンフィデンスマンJP」(2018年フジテレビ系)のスペシャル版として、本日5月18日に放送される「コンフィデンスマンJP 運勢編」(夜9:00-11:10、フジテレビ系)。レギュラー放送時に好評だった副音声企画が、本日の放送でも実施されることが分かった。

「コンフィデンスマンJP」は、2018年4月クールの「月9ドラマ」として放送された連続ドラマ。

主演の長澤まさみ(単独主演)、東出昌大、小日向文世が、それぞれダー子、ボクちゃん、リチャードという3人の信用詐欺師に扮(ふん)し、金融業界、不動産業界、美術界、芸能界、美容業界など、毎回さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大かつ奇想天外な計画で、欲望にまみれた悪人たちから大金をだましとる痛快エンターテインメントコメディー作品。

また、「コンフィデンスマンJP 運勢編」には、北村一輝、広末涼子、船越英一郎、そして中山美穂らがゲストで出演している。

本日放送の「コンフィデンスマンJP 運勢編」では、副音声企画「五十嵐のスウィートルーム」を実施。

今回も、連続ドラマの際と同様に、ドラマ内で謎の男・五十嵐を演じている小手伸也がホストとしてMCを務め、ちょび髭役の瀧川英二がゲスト出演する。

瀧川の初副音声挑戦の様子はもちろん、2人の軽快なトークや連続ドラマから出演をしている2人だからこそ気づける、セット内の飾り込みのこだわりなど多岐に渡ったトーク内容にも注目したい。

また、今回は“五十嵐のスウィートルーム”史上初めて、副音声収録の模様を動画で撮影。2人が話している動画を「コンフィデンスマンJP」の公式Twitter(@confidencemanJP)で、「コンフィデンスマンJP 運勢編」の放送に合わせ、夜9:00から11:10まで配信する予定となっている。

以下、小手と瀧川のコメントを紹介する。

■ Q:収録を終えた感想

瀧川「緊張しすぎて、手の震えが止まらなかったです(笑)。今回、初めてだったんですが、本当に楽しかったです」

小手「“五十嵐のスウィートルーム”と言えば、脱線でおなじみなのですが(笑)、今回は瀧川さんがちゃんとドラマの内容に話を戻して下さって、的確なコメントを頂けたので安定感抜群でした」

■ Q:収録で意識したこと

小手「セット内の飾りなど、細かい美術さんのこだわりなどをできるだけ拾おうと意識していました。今回は、裏話というよりは若干、視聴者の方に近い目線で、僕らだからこそ気づけるネタについてお話させて頂きました」

瀧川「最初に副音声を聞きながら、ドラマを楽しむ方もいるかもしれないので、ネタバレに気遣いつつ、あおりを入れてみました。副音声のCM編集ポイントも意識しました(笑)」

小手「お見それしました(笑)。“副音声の主”としてお恥ずかしい限りです(笑)」

瀧川「いやいや、小手さんと一緒だったからこそできたんですよ(笑)」

■ Q:「コンフィデンスマンJP 運勢編」の内容について

小手「やっぱり、すごいクオリティーですね。“こう、くるか”という展開の連続で、副音声での最後の僕らの感想が“面白かった!”でしたからね(笑)」

瀧川「台本段階ですごく面白かったので、撮影の際にはその面白さを越えなければいけないというプレッシャーがありましたが、その分、気合を入れて撮影ができました」

■ Q:連続ドラマ「コンフィデンスマンJP」に比べて、「コンフィデンスマンJP 運勢編」では2人の出演シーンが多くなっていますが?

瀧川「小手さんのお仕事が忙しくなってきたので、僕の時代が来たのかもしれません(笑)」

小手「何を奪おうとしているんですか(笑)。譲らないですよ(笑)」

瀧川「でも、僕らにはモナコ(織田梨沙)という強力なライバルがいますから(笑)」

小手「オーディションを勝ち抜いた“本物のシンデレラ・ガール”ですからね(笑)」

■ Q:副音声を楽しみにしている方々へのメッセージ

瀧川「副音声が初めてだったので、どれくらいしゃべっていいのか心配していたんですが、まるで小手さんの家でドラマを見ているくらいリラックスできました。おそらく今年の仕事の中で、一番緊張しなかったと思います(笑)。きっと2回見たくなると思いますので、2回目に副音声で見て頂くとちょうど良いかなと思います」

小手「SPドラマで副音声なんてやる訳がないと思っていたのですが、実施するということで驚きつつもうれしかったです(笑)。今回、瀧川さんとご一緒させて頂いて、“五十嵐のスウィートルーム”史上、最も盛り上がった回になったのではないかと手応えを感じていますのでお楽しみに」

■ 「コンフィデンスマンJP 運勢編」あらすじ

コンフィデンスマン=信用詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)は、宇宙に行きたいと切実に願うアプリ開発会社の社長・松崎(船越英一郎)を巧みにだまし、大金をせしめる。

ダー子が次なるターゲットとして狙いを定めたのは、投資家の阿久津晃(北村一輝)。阿久津は投資家とは名ばかりの闇金業者で、賭けポーカーの元締としても暗躍する危ない男だった。

ボクちゃんとリチャードは、相手が悪いと反対した。しかしダー子は、なかば強引にボクちゃんたちを巻き込み、証券マンを装って阿久津に接触するも、ダー子たちの正体を見抜いていた阿久津に用意した見せ金の5,000万円を奪い取られてしまう。

リチャードの占いによれば、ダー子の運はこれから下がり続けるという。その言葉を笑い飛ばしたダー子は、占いなんて迷信だと証明する、といっていくつかのターゲットを狙ったものの連戦連敗。それでも阿久津への復讐を諦めないダー子にあきれたボクちゃんとリチャードは、彼女の元を去ることに…。

やがてボクちゃんは、渡辺若葉(中山美穂)が社長を務める遺品整理会社「おもかげ」で働き始める。

一方、海辺の町でサーフィンを楽しんでいたリチャードは、夫を亡くし、ひとりで中華料理店を切り盛りする韮山波子(広末涼子)に心をひかれていく。そんな中、ダー子は、五十嵐(小手伸也)の協力のもと、再び阿久津に挑むが…。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)