渡邉理佐(欅坂46)&佐々木美玲(日向坂46)、投げキッス&ハートポーズでファン“秒殺”<GirlsAward>

渡邉理佐(欅坂46)&佐々木美玲(日向坂46)、投げキッス&ハートポーズでファン“秒殺”<GirlsAward>

欅坂46・渡邉理佐が「non-no × dazzlin」ステージに登場した

欅坂46・渡邉理佐と日向坂46・佐々木美玲が、5月18日に千葉・幕張メッセ9〜11ホールにて開催された「Rakuten GirlsAward 2019 SPRING/SUMMER」に出演。共に「non-no」モデルを務める坂道姉妹グループの2人が「non-no × dazzlin」ステージで、“美の共演”を果たした。

渡邉は、エメラルドグリーンのトップスとドット柄の白いロングスカートに、スカートと同じ柄のスカーフでアクセントをつけた“お嬢さまファッション”を披露。

爽やかな笑顔でランウェイを歩き、投げキッスをした後に満面の笑みで首を横にかしげるなどして、ファンを“秒殺”した。

一方、この春から「non-no」モデルの仲間入りを果たした佐々木は、白のTシャツにベージュのタイトスカート、白地に黄色のドット柄スカーフを合わせたかわいらしいコーディネートで登場。

笑顔で手を振りながら歩き、ランウェイのトップでは手でハートポーズを作ってニッコリ。やや照れながらも“先輩”にひけをとらないランウェイを見せた。

また、ランウェイ後には渡邉の1st写真集「無口」の公式Twitterで、ステージ裏にて撮影された渡邉&佐々木の2SHOTがアップされ、ファンから大きな反響が上がっている。

その他「non-no × dazzlin」ステージには、元乃木坂46の西野七瀬や新川優愛、新木優子らが登場した。

同イベントは2010年に第1回“GirlsAward 2010 SPRING/SUMMER”を開催して以来、年2回「渋谷からアジアへ。そして世界へ」というスローガンの下、政府機関や自治体などの後援を受け開催。

今回は140人以上のモデル、9組のアーティストや豪華ゲストが約3万3300人の観衆を盛り上げた。(ザテレビジョン・取材・文=TAKAMI)

関連記事(外部サイト)