<いだてん>森山未來が一人二役で志ん生の息子役!大根仁が明かす“異例”演出の裏側

<いだてん>森山未來が一人二役で志ん生の息子役!大根仁が明かす“異例”演出の裏側

志ん生(ビートたけし)の次男・古今亭朝太を演じる森山未來

5月19日に放送された大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)の第19回「箱根駅伝」で、ある異例な演出で森山未來が登場した。

宮藤官九郎脚本で日本とオリンピックの歴史を描く本作。日本人初のオリンピアンとなった金栗四三(勘九郎)と、1964年の東京オリンピック開催に奔走した田畑政治(阿部)という2人の主人公の人生を、古今亭志ん生(ビートたけし)が落語で語る。

第19回では、四三が「箱根駅伝」を初開催。

その模様を、志ん生とその弟子の五りん(神木隆之介)と今松(荒川良々)、そして志ん生の息子である金原亭馬生と古今亭朝太が、タスキをつなぎながらリレー形式の落語で語っていった。

五りんが考案した、この「箱根駅伝落語」。形式も斬新だが、語った人物もなにやらおかしい。馬生と朝太を森山未來が一人で演じているのだ。

本作では、志ん生の若年期・美濃部孝蔵を演じているはずの森山が、一人で二役を演じた同回。演出を行った大根仁が、なぜこのようなキャスティングが実現したのか、その裏側を語った。

■ 大根仁のコメント全文!

脚本でいちばん難しかったのが、志ん生の2人の息子であり、弟子である金原亭馬生と古今亭朝太(のちの志ん朝)が出てくる場面。

最初はキャスト案も上がっておらず、ここでいきなり初登場の役者が出てきたり、本職の落語家にやってもらったりしたら、視聴者の意識が途切れて、この回の大きな軸である『箱根駅伝』=『タスキ』が繋がらなくなってしまうなぁ…さて、誰に演じてもらうのがよいのか? と脚本を読み返していると、この回に孝蔵が出ていないことに気付きました。

ならば森山未來に演じてもらうのはどうだろう?孝蔵が若き志ん生ということは、志ん生の息子として顔が似ているのは当然。そういえば森山未來が「たけしさんと共演するシーンがないのが寂しい」と言っていたことも思い出し、ならばいっそ馬生と朝太の両方を演じてもらえば…行ける!!

まぁ、こういうアイデアは大抵、深夜の酒を飲んでいるときに思いつくのですが(笑)。翌日、宮藤さんに提案すると「いいですね!!」とすぐに乗ってくれました。

その後、未來に提案した時は「マジかよ!?」でした。未來は大変だったと思いますが、彼とは付き合いも長いし、ハードルが高ければ高いほど、役が困難であればあるほど必ずそれに応えてくれることは分かっていたので、あとは完全に未來にたくしました。

結果は観た方それぞれあるかと思いますが、個人的には寄席のセットで馬生と朝太の落語を見たビートたけしさんが「ん?あの人は本職の落語家さんなの?」と真顔で言っていたことがガッツポーズでした。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)