TWICEが大トリで圧巻のステージを披露!会場は最高潮の盛り上がりに<KCON 2019 JAPAN>

TWICEが大トリで圧巻のステージを披露!会場は最高潮の盛り上がりに<KCON 2019 JAPAN>

TWICE

5月17日〜19日に千葉・幕張メッセで開催された、世界最大級の韓国カルチャーフェスティバル「KCON 2019 JAPAN」。19日の「M COUNTDOWN」コンサートには、TWICEやIZ*ONE、PENTAGON、fromis_9、SF9、D-CRUNCH、NATURE、GWSN(公園少女)、VAV、ONEUSが登場した。

トップバッターはONEUS。「Valkyrie」「TWILIGHT」では息の合ったダンスを披露し、「KCONで皆さんに会えてうれしいです」とコメント。日本のファンを喜ばせた。

続いて登場したVAVは「Thrilla Killa」と「Senorita」のパワフルなパフォーマンスで観客を魅了。

GWSNは「Pinky Star」と「Puzzle Moon」で息の合ったダンスを披露。あいさつは日本人メンバー・ミヤが行い、会場を盛り上げた。

そして、早くもTWICEが「BDZ」で登場。メンバーはステージの縁に座ったり、ステージから降りたりと、観客とアイコンタクトを取りながら楽曲を披露した。

D-CRUNCHは「Are you ready?」と「Panorama」を。2018年にデビューしたばかりの新人グループだが、インパクトのあるパフォーマンスを見せつけた。

fromis_9は「LOVE Bomb」で明るく登場。元気のあるビタミンボイスで「DKDK」と「Glass Shoes」を披露した。

2018年のKCONにも出演し話題を呼んだSF9。「Enough」と「Now Or Never」を洗練されたダンスパフォーマンスとともに披露し、最後には日本語曲「Play Hard」で会場を盛り上げた。

NATUREはキャッチーなメロディーが印象的な「Dream About U」や「Allegro cantabile」など3曲を披露。日本人メンバー・ハルは、「もっとたくさんの方に知っていただけるようにがんばりますので、応援してください!」とメッセージを届けた。

その後、スペシャルステージではSF9のロウンとインソン、PENTAGONのフイとジノがコラボ。韓国で社会現象を巻き起こしたドラマ「トッケビ〜君がくれた愛しい日々〜」のOST(オリジナルサウンドトラック)から、バラード曲「Beautiful」を披露し、ドラマのはかなく切ない世界を再現した。

初日に引き続き出演したIZ*ONEは、日本ファーストシングル「好きと言わせたい」で登場。続いて韓国で4月にリリースされた「Violeta」でかれんなパフォーマンスを披露する。

その後、「UP」と「La Vie en Rose」を2曲続けて披露。「UP」では元気な魅力を振りまいたが、「La Vie en Rose」のイントロが流れた瞬間メンバーの表情は一転し、妖艶な魅力で会場を包み込んだ。

最後に、韓国のオーディション番組「PRODUCE 48」の課題曲として話題を呼んだ「RUMOR」を披露し、会場をIZ*ONE色に染めた。

PENTAGONが登場すると、それまでの雰囲気がガラッと変わり、PENTAGONの持つストーリー性のあるダンスやグループが会場を包み込んだ。

さらにトークコーナーでは、ヨウォンとシンウォンが尻相撲対決をしたり、いろいろな曲でランダムダンスをするなど、メンバーの自然な姿が会場の女性たちの心をつかんだ。

最後にチャートを逆走し、ロングヒットを記録した「SHINE」を披露。イントロが流れると、大歓声が上がった。

トリを務めるTWICEの登場前に、NATUREが「CHEER UP」を披露。続いてGWSNは「KNOCK KNOCK」、fromis_9が「LIKEY」をカバーし、会場を盛り上げた。

最後にTWICEが登場し、韓国の最新曲「FANCY」やヒット曲「Yes or Yes」を元気いっぱいに披露。

トークコーナーでは、「TT」や「Yes or Yes」などのポイントダンスを観客と一緒に踊る企画を。メンバーが披露するかわいいダンスに、会場は魅了された。

続いて披露した「What is Love」では、メンバーがゴンドラに乗り込み会場を回り、ファンのボルテージは最高潮に。最後に「Dance The Night Away」を披露し、3日間にわたって行われた「KCON 2019 JAPAN」は幕を閉じた。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)