田中れいな、主演ミュージカル「赤毛のアン」に「自分らしいアンを全身で表現していきたい」

田中れいな『赤毛のアン』制作発表会に出席 主人公抜擢に「イメージを覆したい」

記事まとめ

  • 田中れいなが「2万人の鼓動TOURSミュージカル『赤毛のアン』2019」制作発表会に出席
  • 田中は主人公アン・シャーリー役に抜擢、「自身のイメージを覆したい」と意気込んだ
  • 会見で一足早くお披露目となったCMは"れいなアン"の魅力満載な映像となっている

田中れいな、主演ミュージカル「赤毛のアン」に「自分らしいアンを全身で表現していきたい」

田中れいな、主演ミュージカル「赤毛のアン」に「自分らしいアンを全身で表現していきたい」

エステー主催ミュージカル「赤毛のアン」で主人公アン・シャーリー役を演じる田中れいな

モーニング娘。OG・田中れいなが、5月20日、東京都内で開催された「2万人の鼓動TOURSミュージカル『赤毛のアン』2019」の制作記者発表会に出席。主人公アン・シャーリー役に抜擢された田中は、“世間に持たれている自身のイメージを覆したい”と本作に挑む気持ちを明かし、合わせて、5月27日(月)より放送されるCMのお披露目も行われた。

■ 世間に持たれている自分のイメージを覆したい

田中は歌手活動のほか、近年は舞台、ミュージカルにも精力的に挑戦中。演技、歌唱の評価は高いが、アン役への抜擢には「私がアンで本当にいいんですか!?」と、自分自身、意外な気持ちがあったことを告白。実際に知り合いからも、「れいながアンやるの!? 面白いじゃん」とツッコまれたという。

「『“面白い”って何?』って思ったけど、“田中れいな”に、かわいらしい、純粋な女の子というイメージは世間的には全然ないんだろうな(苦笑)。それを覆(くつがえ)せるようなアンをできるように頑張りたい」と、持ち前の負けん気と前向きな性格を見せ、公演に臨む気持ちを表した。

また、アンへのイメージを問われると、「アンは元気で明るくて、悲しいときは悲しく、怒るときは怒るというイメージがあるので、それを手先、足先から、『ねえ!』『もう!』みたいに体全部で表現していきたい」と、身振り手振りを交えながら元気に語った。

■ 「赤毛のアン」CMは“れいなファンが喜ぶもの”に

会見で一足早くお披露目となったCMは、田中れいなファンを公言する主催・エステー株式会社のクリエイティブディレクター・鹿毛康司が、自ら撮影監督を買って出て制作されたもの。「れいなちゃんファンがびっくりする、喜ぶものを作りました」というCMで、ベッドから飛び起きる姿や、喜怒哀楽のさまざまな表情、ダンスカットがぎゅっと詰め込まれた、“れいなアン”の魅力満載な映像となっている。

これを見た田中は、「(ダンスカットが)手足が短すぎて、ちっちゃい人形が踊りようみたいに見えて面白い(笑)」と、博多弁交じりに独特の感想を漏らし、笑いを誘った。

「2万人の鼓動TOURSミュージカル」は、エステーの主催により全席無料招待制で実施されているミュージカル。1998年より始まり、今年で22年目。「赤毛のアン」は2003年よりスタートし、17年連続で全国上演されている。

今年(2019年)の公演は、8月17日(土)〜29日(木)の期間、全国ツアーを開催。北海道(札幌)を皮切りに、東北(仙台)、関東(埼玉・大宮、東京・港区)、東海(名古屋)、近畿(大阪)、九州(福岡)、中国四国(広島)の全国8カ所を巡る。

チケット抽選のオープンキャンペーンは6月末まで実施予定。「赤毛のアン」CMは、5月27日(月)より、ドラマ「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」(フジテレビ系)放送内にてオンエアを開始する。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)