知念侑李「話したり行動を見ればその人の本質が分かります」<頭に来てもアホとは戦うな!SPインタビュー>

知念侑李「話したり行動を見ればその人の本質が分かります」<頭に来てもアホとは戦うな!SPインタビュー>

知念侑李主演ドラマ「頭に来てもアホとは戦うな!」

放送中のドラマ「頭に来てもアホとは戦うな!」(毎週月曜夜0:59-1:29ほか、日本テレビほか)で、主人公・小太郎を好演している知念侑李。

本作は現代社会に多く存在する“アホ”を、戦わずに攻略していくストーリー。そんなアホを攻略する役柄の知念からドラマの見どころや、アホにまつわるエピソードについて語ってもらった。

「原案はビジネス書なんですけど、ドラマでは“いろんなアホ”が登場して笑える内容になっているんです。なので、視聴者の方には1週間仕事や学校を頑張るために、このドラマを見ることで少しでも気持ちがラクになってくれたらうれしいです」

第4話では“マウントアホ”としてジャニーズWESTの桐山照史が登場。桐山とは本作が初共演だった。

「昔、Hey!Say!JUMPの大阪公演があったときに出演してくれて、当時からお兄ちゃんと弟みたいな関係で、桐山くんのことが大好きだったんです。だから、現場で『こうやって共演するのが不思議だね』って話していました。桐山くんは、『台本にこんなこと書いてあったっけ?』と思うようなノリとアドリブ満載だったので、受け身の小太郎としてはちょっと戸惑いました(笑)。関西のノリで思う存分“アホ”を演じてくれて、一緒にお芝居をするのが楽しかったです」

もし、ドラマと同様に知念の前に厄介者が現れたら戦う?

「僕も小太郎と同じで戦わないタイプです。というか、小太郎の立場だったら会社に行かなくなっちゃうかもしれない。そもそも会社に毎日通うことができないダメなタイプなんだと思います(笑)。実生活で厄介者に遭遇したときは、こういう人もいるんだな〜と思って離れた場所から見ていますね。昔から、少し話したり行動を見れば大体その人の本質が分かるんです。なので、厄介そうな方とはあまり関わらないようにします(笑)」

ドラマでは戦わない攻略法が斬新だが、Hey!Say!JUMPのメンバー内で“アホと戦っちゃう”タイプは誰?

「10代のころは、メンバー同士で人気のお弁当を取り合って戦っていました。でも最近はそういうこともなくなったかな(笑)。でも、ゆうてぃ(中島裕翔)は割と戦うタイプかもしれない。誰かが冗談で言ったことに対して、自分でも冗談って分かってるのにムキになって言い返したりして。その姿がかわいいんですよね。僕はそれを遠くからニヤニヤしながら見守っています(笑)」

そんな知念の“リフレッシュ方法”は美味しいご飯!

「友達やメンバーに会うことと、おいしいものを食べることが気分転換になっているかも。それだけでご機嫌になるから(笑)。最近、焼き肉を食べに行ったんですよ。(山田)涼介に連絡したんですけど『最近忙しくて眠れてなかったから、今から寝る』って言われて。結果、一人焼き肉になっちゃいました(笑)」

■ 第6話あらすじ(5月27日放送)

小太郎の開発したおもちゃ「シュシュリケン」がついに発売。人気YouTuber・はやしん(本人)の協力もあり、その売り上げは社内歴代トップに。

一躍社内のヒーローとなり喜んでいた小太郎だったが、その開発者としてテレビ番組で紹介されていたのは、社長・延暦寺(佐藤隆太)だった。それを知った小太郎は怒って社長室に乗り込む。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)