松山ケンイチ、TOKIOの中で彼女の“前カレ”だったら嫌なのは「城島(茂)さんですかね」

松山ケンイチ、TOKIOの中で彼女の“前カレ”だったら嫌なのは「城島(茂)さんですかね」

松山ケンイチ

松山ケンイチと早乙女太一が、5月22日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)にゲスト出演。街の女性の悩みに回答しながら、自身の恋愛観について明かす場面があった。

「彼氏の友達と以前付き合っていたことを、彼氏に言うべきか」という質問に、早乙女は言うべき、松山は言わなくていいと回答する。

早乙女が「後から他で聞くと、余計な考えとか空気になっちゃいそうなので」と理由を話すと、松山は正直どちらでもいいと思っているが、「(彼氏がそれを知って)変な顔するなら、別れちまえばいいんですよ」とばっさり。

これに対し、長瀬智也は「松山節出てきましたよ!」と笑い、松岡昌宏は「これが男です」と賛同する。

国分太一は、松山に「自分が彼氏の立場になったらどうするか?」と質問。すると松山は「(自分の中に)しまっておきますね」と言い、「それ、関係ないですからね。今の2人に、付き合ってる中で」と語る。

そんな松山に、国分はさらに「TOKIOのメンバーの中だったら“誰の後”の彼氏になるのは嫌?」と質問。

松岡は「その質問(自体)がヤダ」と反論するが、松山は素直に「城島(茂)さんですかね」と言い、その理由を彼女が城島によっていろいろ教育されていて、自分がかなわなそうだからと話す。

だが、国分は「意外と(城島に)勝てるよ」とアドバイスしていた。

また「結婚を前提に同棲する場合、女性も家賃を負担した方がいいか」という質問には、早乙女はするべき、松山はしなくていいと回答。

早乙女は「まだ結婚前なので、女性も払っていた方が平等に意見がいいやすくなるのでは?」と考えを打ち明ける。

一方の松山は男女差別ではないが、女性の方がどうしても家事に従事する時間が多くなるので「折半はわりに合わない」と話す。

すると城島は「どっちから(同棲を)言い出したかにもよるよね」と別の意見を。

言い出した方がどちらかにより、イニシアチブが違うと言うと、松岡は先日、城島が政府の会議に有識者として参加したことを挙げ「首相官邸に行くと言うことが違うね!」と感心。

国分も「菅(義偉官房長官)さんとそんな話をしてきたの?」とツッコミを入れる。

また、結婚前の同居については、早乙女も松山も賛成。だが長瀬は「同棲しなきゃ分からないくらい迷うんだったら別れろ」と逆の意見を出していた。

SNSでは「松ケンおもろすぎw」「松ケン、いい男だ!」「私は長瀬くんの考え方好きだわ」などとコメントが上がっている。

次回の「TOKIOカケル」は5月29日(水)夜11時より放送予定。ゲストに米倉涼子が登場する。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)