長谷川京子、杉野遥亮はラブシーンで「赤ちゃんみたいな顔してましたね(笑)」<ミストレス>

長谷川京子、杉野遥亮はラブシーンで「赤ちゃんみたいな顔してましたね(笑)」<ミストレス>

濃厚なラブシーンを演じる杉野遥亮と長谷川京子

放送中のドラマ「ミストレス〜女たちの秘密〜」(毎週金曜夜10:00-10:50、NHK総合)。

本作は、英国BBC放送の人気海外ドラマ「Mistresses」を原作に、女性たちが愛を求めて過酷な日々を生き抜く姿を描く。

このドラマの中に登場するのは、さまざまな秘密を抱える4人の女性たち。マラソン大会で出会った年齢も職業もバラバラな香織(長谷川京子)、友美(水野美紀)、冴子(玄理)、樹里(大政絢)は、暇を見つけて集まっては、食事をし酒を飲み、互いに自分の胸の内を明かしてうっ憤を晴らしている。

5月17日に放送された第5話からは、医師の香織と大学生の貴志(杉野遥亮)の“禁断の愛”がさらに。

二人の愛が“禁断”である理由は、年齢差だけではない。香織は、不倫関係にあった恋人の木戸光一郎(橋本さとし)が自殺しており、貴志は木戸の息子だからだ。

今回、「ザテレビジョン」では、香織を演じている長谷川にインタビューを行い、愛に溺れる女性を演じた感想などを語ってもらった。

■ 香織は「非常に受け身な女性だと思います」

――香織というのはどんな人物だと捉えて演じていますか?

自分から何かを仕掛けることがあまりない、非常に受け身な女性だと思います。

彼女が何かをしなくても事件が起きたり、異性が寄ってきたり、女性は共感しずらい部分もあるのかな(笑)。でも、嫌な感じに見えないように演じられればいいなと思いますね。

――香織を取り巻く男性陣についてはどのように思いますか?

こんなに冷たくしているのに、なんで男の人たちは寄ってくるんだろうと思います(笑)。

女性って言葉の表と裏があるじゃないですか。それが読み取れなくて、言葉の表だけ受け取って傷ついてしまったりする男性を見ていると、「本当はその言葉の裏を読み取ってほしいのに!」って思ったりするんです。

――そんな男性を前にしたときのせりふの言い回しで意識していることはあるんですか?

そのときのシチュエーションにもよりますが、基本的には監督からは「甘えないように」と演出されています。だから、例えば「来ないで」っていうせりふだったら、本当に突き放すように言うようにしていますね。

香織に関しては、話し方が甘くなってしまうと、ちょっと“いかにも”っていう感じになっちゃうような気がしています。

■ 4人の女子会はカメラの前以外でも繰り広げられていた

――女性の表と裏がまさに描かれている作品だと思うんですが、男性の前と、友人の女性たちとの前で演じ分けなどはされたんでしょうか。

このドラマって、女性4人が出てくる場面が、それぞれが違う作品なんじゃないかって思うくらいトーンが違うんです。なので、4人が女子会をするパートになると、色彩も雰囲気も自分のパートとは全く変わります。

ただ、女子会のシーンで、せりふがテンポよく進んでいく中で、それに巻き込まれないようにするということだけは心がけていました。テンポに乗ってしまうのは香織らしくないので。

男性の前、女性の前で違う部分もあるんですが、そこはキャラクターの個性を大事にするようにしていました。

――長谷川さんは、他の方々の撮影を見たりすることはあったんですか?

現場で見ることはないです。でも、他のみんながどういうラブシーンを撮ったのかは気になるので、大政絢さんに「女の子とのキスはどうだった?」って聞いたり、みんなに聞いてます(笑)。

――長谷川さんの女性性みたいなものが、キャラクター造形に活かされている部分もあるんでしょうか?

そうですね。キャラクターを形作る上ではあると思います。

この作品では、すごく寄り(アップ)で撮られることが多いので、分かりやすく表情を作るとあざとく見えちゃうことがあるんです。普通にしていても、心情が表れてしまうんですよね。

初めて自分が分かりやすい性格なんだなと思いました。感情が分かりやすく表情に出てしまっていて。寄りで撮られると、嘘が本当につけないと思います。

やっぱりカメラがあると、自分のくせで分かりやすく心情を表現しようとしてしまうんです。それをなるべく削ぎ落とすようにしています。

――それは、なるべく素直に演じているということなんでしょうか。

そうですね。発するせりふや聞くせりふに、素直に反応するようにしています。その、あまり作りすぎていない抜け感が香織のキャラクター性だと思うので、今回はそういうふうにしています。

■ 赤ちゃんみたいな顔してました(笑)

――杉野さんとのラブシーンを演じられて、いかがでしたか?

彼のことはまだつかめてないですね(笑)。23歳なので、緊張するだろうなと思いますけど、あんまり表情に出ないんです。そういう役ということもありますし。

でも、2人で一緒にベッドに入ってたら、私が先に出ちゃって、彼が一人残されるシーンがあって、そこではなんか…赤ちゃんみたいな顔してましたね(笑)。

――ラブシーンやキスシーンが多い作品ですが、苦労などはありますか?

ラブシーンやキスシーンは、どれも皆さん美しい画を作られています。

そういうシーンって、経験がないと難しい部分もあるので、杉野君は大変だと思います。私もできる限り協力して、美しい画に持っていけるように、なるべく話し合うようにしています。

――最後に、このドラマで伝えたいメッセージをお願いします。

4人の女性たちの生き方を真似て「皆さんもどうぞ」と言うことはできませんが、ただ、そういうことを否定するのではなく、こういう人生もあるっていう、大きなものの中の一つとして捉えていただきたいなと思います。

全部がダメっていうことではなく、見ていただいた方の「こういうこともある」っていう選択肢が増えていけばいいですね。

■ ディープで激しいけんかに発展します

5月24日(金)に放送される第6話の演出を務めた片岡敬司に、同放送回の見どころを語ってもらった。

「女性4人が集まってのワイワイ楽しい女子会が『ミストレス』の魅力の一つですが、今回はディープで激しいけんかに発展します」と語る片岡。

いつもとは違うシーン展開だったようだが、「役者さんたちもワインに口をつけるヒマもない、ぶっつけ本番の迫力のけんかシーンとなりました。この場面はとても長いので、普通ならきちんと打合せしてから撮影に臨むところですが、長谷川さん、水野さん、玄理さん、大政さんの4人は、あうんの呼吸ができあがっているので、あえて打合せもなしに撮影を始めました」。

そして、「撮り終えて改めて感じたのは、喧嘩がヒートアップするにつれて話題が次々に変わっていくのですが、それがいつの間にか少しずつズレていく様があまりにも自然で、そのリアリティーが凄かったです。4人のアンサンブルが素晴らしいからこそだと思います」と白熱した撮影だったことを明かす。

さらに、インタビューでも語られている長谷川と杉野のラブシーンについても、「香織と貴志のラブラブぶりも必見です。現場ではバカップルとからかわれたりしていましたが、愛に溺れるってこういうことですよね」と話す。

「杉野君はとても鋭敏な感受性の持ち主なので、このイチャイチャのラブシーンを演じてもらうに当たって、相手役の香織の匂いや肌触り、その場の気温や頬を打つ風の気持ちよさなど、画面に映らぬものを感じてお芝居してもらうようにしました。長谷川さんも杉野君も、愛に溺れる感じがよく出ていると思います」と言い、2人のシーンも女子会シーン同様、リアルなものになったようだ。

片岡は最後に、「見どころ満載で心の休むヒマもない第6話、楽しんでいただければ幸いです」とアピールした。

■ 第6話あらすじ

とうとう香織は貴志と結ばれ、より一層彼のとりこになっていく。

死んだ夫の愛人と名乗るミキ(筧美和子)から、保険金を分けて欲しいと言われた友美は恐怖と怒りに震える。

悟史(佐藤隆太)は妻が妊娠したのが自分の子だと勘違いして大喜びするが、その姿に冴子は何も言えなくなる。

そして玲(篠田麻里子)の結婚前夜、やっと樹里(大政絢)は自分の素直な気持ちを玲に伝えるのだが…。 (ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)