<パーフェクトワールド>『自分の代わりに背負える人に…』父の思いに視聴者揺れる「気持ち分かる…」

<パーフェクトワールド>『自分の代わりに背負える人に…』父の思いに視聴者揺れる「気持ち分かる…」

「パーフェクトワールド」第5話より (C)カンテレ

松坂桃李が主演を、山本美月がヒロインを務めるドラマ「パーフェクトワールド」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。樹(松坂)とつぐみ(山本)の互いを思う気持ちが感動を呼ぶ本作だが、5月21日に放送された第5話でつぐみの父・元久(松重豊)が樹に打ち明けた思いに、反響が広がっている。(以下、ネタバレがあります)

■ 「強い人間とは、どうしても思えない」

同作は「Kiss」(講談社)に連載中の有賀リエの漫画が原作。車椅子に乗った建築士・鮎川樹が、高校の同級生・川奈つぐみと再会し、心を通わせていく中で樹の生き方が変化していくラブストーリー。

つぐみに思いを寄せる幼なじみ・是枝洋貴を瀬戸康史が、樹の訪問介護ヘルパー・長沢葵を中村ゆりが、樹の同僚・渡辺晴人を松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)が演じる。

線路に転落し、大惨事寸前だったつぐみ。幸い命に別条はなかったものの、知らせを聞いたつぐみの両親は地元・長野から慌てて駆けつけた。

そんな第5話で注目を集めたのが、つぐみの父・元久(松重豊)が樹に思いを打ち明けた場面。元久は突然「頼む!娘と別れてくれ」と切り出し、率直な思いを口にした。

「私は心臓が悪い。そう長くはない。もし今、娘に何かあっても、背負って走れるだけの体力はない。助けてやれる自信もない。でもあの子は私の大事な娘だ。命よりも大事な娘だ。素直でやさしい子だが、障がいのある人を支えて生きていけるほど強い人間とは、どうしても思えないんだ」

そう語る元久の脳裏には、幼い頃ぜんそく持ちだったつぐみを、発作のたびに背負って病院まで走った記憶が甦っていた…。

■ 「パパの気持ちもわかる」「責められない」

自分の弱みもさらけ出し、土下座してまで懇願した元久の姿は、視聴者の心を動かした。

これまで、単に樹とつぐみの恋を妨げる存在だった元久。だが第5話放送後、SNSでは「娘が大切だからこそ縛りつけてしまう…つぐみパパの気持ちもわかるから、つらいし悲しい」「いっそ頭ごなしに怒鳴りつけられた方がマシ」「つぐみちゃんを思って鮎川くんに別れてと言ってる。これは責められないよ」など、「別れてくれ」と言うしかない父の心情に寄り添う声が目立つように。

一方で、「パパが過保護すぎる」「結局パパはつぐみのこと、弱くて何もできないと思ってる」といった厳しい意見も。「パパの心臓が心配」「病気のことがあるから、娘の将来が心配なんだろうな」など元久の身体を気遣う声も見られ、様々な反響を呼んでいる。

「考えさせられるドラマ」との評価も多い本作。さまざまな立場の人物のゆずれない思いが丁寧に描かれている点が評価につながっているようだ。

■ 恋に終止符…第6話あらすじ

「娘は、自分の代わりに背負って歩いてくれる人に任せたい」という元久の思いを聞き、その後、偶然にも洋貴(瀬戸康史)がつぐみを背負って歩く場面を目撃してしまった樹。つぐみとの未来について改めて考え、悩んだ末に出した答えは“別れ”だった…。

続く第6話は、5月28日に放送する。樹に突然別れを告げられ、失意のどん底で帰宅したつぐみに、実家からある知らせが届いていた。しおり(岡崎紗絵)と洋貴とともに急いで松本へ向かうが、これを機につぐみは、まだ心に残っている樹への想いを断ち切るためにも、仕事を辞めて東京から離れることを決意する。

一方、みずから恋に終止符を打った樹もまた、つぐみへの思いを捨てきれずにいた。そんなある日、上司の渡辺(木村祐一)からつぐみが東京を去ると聞いた樹は、急いで高速バスの乗り場へ向かう――。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)