鶴橋康夫監督、“財前五郎“を演じる岡田准一の芝居は「狂気に迫っている」<白い巨塔連載(5)>

鶴橋康夫監督、“財前五郎“を演じる岡田准一の芝居は「狂気に迫っている」<白い巨塔連載(5)>

鶴橋康夫監督が、撮影の裏側を語る!

山崎豊子の傑作小説を原作に、大阪の大病院で繰り広げられる壮絶な権力争いを描いた岡田准一主演の5夜連続ドラマスペシャル「白い巨塔」(5月26日[日]夜9:00-11:10、テレビ朝日系)。

原作の刊行から50年たった今、物語の設定を2019年に置き換え、岡田演じる浪速大学医学部第一外科・准教授の財前五郎が、悲願である“教授の座”を目指してなりふり構わず邁進していく姿を映し出す。

ザテレビジョンWEBでは、同ドラマの出演者によるリレーインタビュー連載を実施中。本リレー連載のラストは、開局45周年記念ドラマスペシャル「砦なき者」、50周年―「警官の血」、55周年―「黒澤明ドラマスペシャル 野良犬」と同局の記念ドラマを手掛け、本作でも引き続きメガホンをとった鶴橋康夫監督のインタビューをお届け!

鶴橋監督に、俳優・岡田准一の印象をはじめ、作品への思いや撮影エピソードなどをたっぷり語ってもらった。

■ 岡田准一は「”役柄”を転がすタイプ」

――今回のドラマ化にあたり、意識したことや工夫したことなどはありますか?

昭和40年に刊行された小説を、現代に置き換えるということで、当時の医療技術とは全く違うので、脚本家にあたり厳しいものがありました。第一夜の冒頭では、「AIが発達すると、医者も薬剤師もいらなくなる。そういう時代に来ている。だが、医者が通訳として人々に寄り添ってもらわないと困る」ということを描いています。そして、第二夜では、中国による“爆買い”が、日本の医療技術を目当てにして来ているというテーマを。

どれだけ役者さんたちを自分がいとおしんで撮れるか、ということを意識しました。

――岡田さんとは初タッグということですが、印象を教えてください。

初めて会ったときは、じっと固まって、僕をにらんでいるような目つきをしていました。そこでまず「これはただ者ではないぞ」と思いましたね。一目ぼれというか。彼は、一生懸命“役柄”を転がすタイプの役者で、ワンカット終わるたびに「大丈夫ですか」と聞くんです。

自分の芝居について、逐一確認するんです。彼には演出家の才能もあって、どんな芝居でも、3パターンくらいは考えてきているんです。

■ 心底優しい笑顔を作っていましたね

――そんな岡田さんが演じる財前五郎には、どのような魅力がありますか?

恨みがましくなく、終盤では優しい目つきになる。最初は、野心の象徴のようにニヤっと笑っていたのですが、徐々に優しくなっていって、心底優しい笑顔を作っていましたね。

教授選挙が終わり、結果がどうなったかを財前が見に来るシーンでは、ただ廊下を歩くだけなのに、すごく“呆(ほう)けた”表情を見せていた。僕はびっくりしました。闊達(かったつ)に歩いてきたような気がしていたけれど、本当は呆けていた。これほどまでに財前は幼い顔をして結果を待っていたんだ、と驚かされましたよ。

そもそも財前という男は、昭和の温もりが残る岡山で天才少年として育ち、周囲の人間たちのサポートを受けながら浪速大学に入った。それでも教授にのし上がるには膨大なお金が掛かるから、名誉欲にとらわれた財前又一(小林薫)から婿になれと言われてうっかり引き受けてしまうんです。

サイコロばくちみたいなものをやっている財前は、母・キヌ(市毛良枝)や又一、妻の杏子(夏帆)、ケイ子(沢尻エリカ)らに対して、褒められたくて頑張っている。時代が変わって、医療器具などもどんどん進化していく中、財前は神がかったようにその全部を習得していく。認められたいという一心で。それはもう“病”みたいなものです。

――財前のライバル・里見を演じる松山ケンイチさんについてはいかがですか?

岡田さんは寡黙で、芝居を始めると冗舌になる。松山さんは逆で、普段は冗舌で、僕の悩みなんかを聞いてくれるのですが、芝居になると一転、寡黙になる。そのバランスが非常に良かった。

今はどんどん主役が若返ってきています。僕は志村喬さんや宮口精二さん、三國連太郎さんたちをずっと撮ってきましたが…今度は岡田さんや松山さんを戦友にして、また何本かやりたいという意欲がいっぱい出てきましたね。今回も仕上げのたびに映像を何百回も見ていましたが、まるで宝物を見ているような、宝庫の中にいるような気持ちになりました。

――財前を取り囲む女性キャストについてはどのような印象がありますか?

沢尻さんが演じるケイ子は怖いよね。財前が上り詰めていくときは応援するけど、それが下がっていくとつまらなくて情がないと思う女性。都合のいい女という訳ではないんです。でも、ケイ子のような女性がこれからの“令和”を引っ張っていくんだろう。あと、杏子役の夏帆さん。実は、夏が苗字で、帆が名前だと思っていて…(笑)。現場で「夏(か)さん」と言っても、「帆(ほ)さん」と呼んでも来なかった。岡田さんから「夏が苗字で、帆が名前ですよ」と言われて、まんまとだまされてしまいました(苦笑)。それと、(飯豊)まりえさんも、皆さんすてきな方ばかりです。

■ それは狂気に迫っていました

――あらためて、たびたび映像化される原作の魅力を教えてください。

「白い巨塔」という作品は、単なる跡目相続のあれこれを、とにかくしつこくやっていくんです。その熱量に惹かれました。それをなぜ“今”もう一度ドラマ化するのかとよく聞かれます。平成の30年間の間に、ひそかに時代が変わってきています。が、「変わらないものもあるんだ」ということをお伝えしたい。揚がる凧があれば、散る花もあるという永遠のテーマを、山崎さんは描いています。

撮影前には、田宮二郎さん主演のドラマ版(1978〜79年、フジテレビ系)を、仕事の合間に3回に分けて見ました。山本薩夫監督による映画版(1966年)で描かれたストーリーだけだと、ある種のカタルシスが解けなかった。そんな読者の声もあって、山崎さんは続編を書いて、原作にあるカタルシスを解いたんです。

僕が手掛けた5話も、これでカタルシスが解けたのか分からないけれど、役者の方たちが「どうしてこんなにも必死なんだ」と思えるくらいに表現してくれました。そんな作品を、演出することが出来て、僕は光栄だと思っています。

――特に印象的だったシーンはありますか?

ガソリンの切れた財前が、松山さん演じる里見の友情にすがるシーンが印象的でした。終盤、泣きながら撮っていて、スタッフも泣いていました。岡田さんも松山さんも薄着で、一人は車いす、一人は立ち伏して…。

そんな岡田さんを長い間映像で見ていると、原作にも脚本にも書かれていない人物像をよくぞここまで財前を表現したなと思います。目が真っ赤になったり、呆けていたり、いつでも何かを探しているような…。

ラストカットでは、僕がいろんな指示を出した訳でも、身振り手振りを伝えた訳でもないのに、すばらしい演技をしていた。それは“狂気”に迫っていました。

――では最後に、作品の見どころをお願いします!

演出家というのは大したものではなくて、準備をしっかりして現場に行くと、最後の最後に頼りになるのはもちろんスタッフで。それでも、役者さんたちにそっぽを向かれたら何もできない。だからどうすればいいかを何度も考えて撮影に臨みました。

そんな中で岡田さんらが演じたキャラクターが、一体何をして、何をやろうとしているのか。うそだと思うほどに内的願望や欲求がむき出しになった彼らの人生を見届けていただければと思います。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)