本当にあった警察の「やらせ」捜査!大麻に手を染めた元警部の“自爆”証言とは?

警察の違法捜査の実態を「NNNドキュメント’19」で放送 北海道警のエースは逮捕

記事まとめ

  • 日本テレビ系「NNNドキュメント’19」が2日"「自爆」元警部の告発"を放送する
  • 北海道警の稲葉圭昭氏が覚醒剤取締法違反で逮捕された後に浮上した"やらせ捜査"に迫る
  • 調査開始後に関係者の自殺が続いたという道警の真実について、稲葉氏が口を開く

本当にあった警察の「やらせ」捜査!大麻に手を染めた元警部の“自爆”証言とは?

本当にあった警察の「やらせ」捜査!大麻に手を染めた元警部の“自爆”証言とは?

かつて北海道警のエースと呼ばれた男は、何を告発するのか?

6月2日(日)深夜0時55分からの「NNNドキュメント’19」(日本テレビ系)は、『「自爆」元警部の告発』と題し、警察の違法捜査の実態を取り上げる。

かつて北海道警に“エース”と呼ばれた男がいた。90年代後半、エースこと稲葉圭昭氏は道警の拳銃押収数をトップクラスに導いた。2002年、稲葉氏が突然、勤務していた道警に覚醒剤取締法違反で逮捕される。

逮捕後、警察の組織的な犯罪行為が浮上した。それは「拳銃押収のやらせ捜査」。内部調査が始まると、稲葉氏の元上司など関係者の自殺が続き、真実は闇に葬り去られた。懲役9年の刑期を終え出所してきた稲葉氏は、今カメラに向かって何を語るのか?

現職時代に数多くの拳銃を押収してきた稲葉氏だが、そのほとんどが「やらせ捜査」だったという。暴力団から入手した拳銃を自分でコインロッカーなどに仕込んで押収したり、捜査費用で暴力団から買い取ったりしたこともあったという。しかも、それらの違法捜査は、道警幹部の管理下で行われていたというのだ。

稲葉氏の逮捕直後に、道警監察官から取り調べを受けた稲葉氏の元上司は自殺。また稲葉氏の情報源だったS(スパイ)も拘置所内で縊死(いし)する。結果、道警ぐるみの違法捜査は封印されることになった。ところが、2017年になって意外な展開により違法捜査の存在が公になっていった。稲葉氏は自身の覚醒剤事件を反省しつつも、闇に封じ込まれた多くの「やらせ捜査」の実態をカメラの前で告発する。

語りは松尾スズキが務める。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)