イントロや間奏を聴くとギターやサックス、シンセを(口で)演奏したくなっちゃう名曲ってありますよね

イントロや間奏を聴くとギターやサックス、シンセを(口で)演奏したくなっちゃう名曲ってありますよね

「ザ・カセットテープ・ミュージック」6月9日(日)放送は、「この曲聴くとギターとか弾きたくなっちゃうよね特集」

6月9日(日)の「ザ・カセットテープ・ミュージック」(毎週日曜夜9:00 BS12 トゥエルビ)は、「この曲聴くとギターとか弾きたくなっちゃうよね特集」と題して放送する。

6月9日="ロックの日”に送る「ギターとか弾きたくなっちゃうよね特集」。ギターをはじめ、サックス、キーボード、ベースにブラスバンドまで、その曲を聴くと思わず弾いてみたくなる(音を口ずさみたくなる)、楽器のプレイがたまらない名曲をマキタスポーツとスージー鈴木が集めて紹介する。

「(弾きたくなっちゃう曲は)あたしもありますよ。永ちゃん(矢沢永吉)の『いつの日か』の間奏のサックス」と今回のカセットガール・古橋舞悠(ふるちゃん)も企画の意図をすぐさま理解。スージー鈴木がふるちゃんにシューホーンを持たせてエアプレイを求めたことから、今回の収録ではシューホーンがサックスとして使われることになった。

まずは、スージー鈴木が、「弾きたくなるギターソロ」があるという世良公則ボーカルのツイスト6枚目のシングル「SOPPO」(1979年)を選曲。間奏部分になると、ギターを手にしたスージーは、松浦善博によるスライドギターのフレーズに合わせて全力でエアプレイ。自身も「死ぬかと思いました」というほどの力の入り具合に、ふるちゃんは大ウケする。

マキタスポーツは「カッコいいじゃないですか〜!」と称賛。そして、世良公則の歌唱スタイルについて「よくまねしたもんですよ。まねしてGパン破いたやつ、いっぱいいた」と小学生時代の思い出を語る。

「SOPPO」間奏のギターに影響を受けてギターを買ったというスージー。そのエアプレイを番組で披露できたことに「感動しました」と1曲目ですでに興奮気味に。

マキタスポーツは、「青春時代に覚えた曲はだいたい口で歌える。その中でもいちばん口で歌えるサックス」として、番組頻出アーティスト、佐野元春のシングル「SOMEDAY」(1981年)をピックアップ。間奏の「輝くサックスソロ」に注目する。

曲が間奏部分にさしかかる直前、「さあ来ました!」とスージー鈴木も興奮。マキタスポーツはシューホーンを手にして、熱烈なサックスエアプレイを披露する。しかし、「口で歌える」と言ったのに、歌うことは忘れる(笑)。

マキタに代わって音階で歌ったスージーは「歌えますよ、私も」とうれしそうな顔で、「もう(収録)終わってもいい」と満足げな表情を見せる。

そのサックスプレーヤーとは、"スーパー・ダイナマイト・サキソフォン”ダディ柴田。1980年代に山梨県民文化会館の佐野元春コンサートでダディ柴田のサックスを聴いたというマキタスポーツは、「あまりの感動にちびりそうになった、じゃなくてオシッコ漏れた」と告白。ここからマキタとスージーの佐野元春ファン談議に花が咲く。

スージー鈴木は、ささきいさお・ロイヤルナイツ「宇宙戦艦ヤマト」を、「ブラスバンドのアレンジの最高峰」として紹介する。作曲・編曲は宮川泰。高校野球の応援歌としてよく知られているが、「金管楽器のしびれるようなスコアを書いている」と名フレーズのオンパレードの楽曲を称える。

マキタスポーツは「終わり方のカタルシスもすごい」と指摘。また、この曲に含まれている番組イディオム『2拍3連』にも言及する。

曲を聴いてふるちゃんは「前のめりになりたくなる感じがありますよね」と感想を漏らす。

オフコースの「愛を止めないで」(1979年)は、ギターソロに注目する。

セレクトしたマキタスポーツが「このツインギターを聴いて感動しない人は人間じゃない」とまで断言する、歌うようなメロディーのツインギター。鈴木康博と松尾一彦による間奏のフレーズを音階で歌っていたスージーは、これまた番組イディオムの『ミファミレド』が含まれていることをマキタスポーツに指摘され、驚くのだった。

今回2人ともが洋楽もセレクト。スージー鈴木は、ブルース・スプリングスティーン「明日なき暴走 born to run」(1975年)の間奏のテナーサックスに注目する。

クラレンス・クレモンズによるテナーサックスがフィーチャーされたEストリート・バンドの演奏をスージーは「世界一ロックンロールな70秒」と表現。曲を聴いて、「何てカッコいいんでしょう。こんなカッコいいモーメントは他にない」とスージー。この名曲は、イントロももちろんカッコいい。

そして、マキタスポーツは最後に「史上最もポップでメロウなファンク。イントロ聴いたらやりたくなる。ウキウキすること間違いない一曲」として、アース・ウインド&ファイアー「セプテンバー」(1978年)を取り上げる。

聴いたふるちゃんは「これ、弾いてみたいですねえ」と強く同意する。

マキタスポーツが注目したのは楽曲に含まれている3種のギターのリフ。 「ブラスがフィーチャーされ目立つけど、ギターが重要な役割を担っている。地味な仕事だけど、曲のワクワク感の推進力の源」と、ギターが重要なパーツとなっていることを解説する。

「この曲聴くとギターとか弾きたくなっちゃうよね特集」は、『弾きたくなっちゃうよね』というタイトル通り、イントロや間奏で聴ける楽器のフレーズだけに注目して展開。マキタスポーツもスージー鈴木も、そしてふるちゃん(古橋舞悠)も、曲を聴きながら、何度も何度もエアプレイして大ノリに。

スージー鈴木が「史上最高のスタミナ消費」と漏らしたように、3人がとにかく体を動かした収録。「アドレナリン出まくり」というマキタスポーツは収録後もギターを手にギターを奏で続けていた。そんな2人に押されてエア演奏に参加したふるちゃんも「盛り上がりすごかったですよ」と感心するのだった。

いつもの学究的なテイストが少なめの収録だったが、マキタ・スージーのハッスルぶりと"面白度”は過去最高と言っていいかもしれない。真正面から「音」を「楽しむ」3人の熱演に、大いに笑わされること間違いない。

番組公式ツイッターでも「番組史上、いちばんマキタさんスージーさんが大興奮されたヤバイ収録」「思わず弾きたくなる名間奏や名イントロに、音楽ずきおじさんの興奮が史上MAXに!」と、マキタスポーツ&スージー鈴木のハッスルぶりを伝えている。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)