松本潤、尾上松也とケンカした過去 原因は「仲間愛」

松本潤、尾上松也とケンカした過去 原因は「仲間愛」

尾上松也が「嵐にしやがれ」で松本潤と共演

6月1日放送の「嵐にしやがれ」(日本テレビ系) では、ゲストに尾上松也が登場。松本潤が芸能界にいる自身の友人と「カッコイイ男の遊び」を体験する企画に参加し、過去に松本とケンカになった話を披露した。

松本とはおなじ高校の一年下の後輩という尾上。登場するやいなや「よろしく、キング」と、松本を高校時代のあだ名で呼び、わざと腰を低くして後輩感を出して挨拶する。「サシロケなんて初めてだもんね」と言う尾上に、松本は「気まずいもん、仕事するの」とバツが悪そうな様子。

二人は高校で一緒になる前に、中学生のころに出演した舞台で知り合っていたことを明かす。相葉雅紀、二宮和也、生田斗真、松本の4人と、尾上を含む別の4人とが、おなじキャラクターを演じる作品で、松本と尾上がおなじ役だったと話す。当時について、松本は尾上の印象を「感じ悪かったのよ」と言うが、尾上は「それ、こっちが言いたい」と反撃した。逆に尾上から見て感じがよかったのは相葉で「相葉くんはめちゃくちゃ優しかった。バナナくれたもん」と明かした。

そんな二人は、尾上が大好きだというクレープ作りに挑戦。街でクレープ屋を見つけるとすぐに買って食べるという尾上を、松本は「気持ち悪っ」と否定しながらも、自宅でも尾上が好きなクレープを食べられるようにと、道具から調達することに。勝ったほうが支払う「自腹じゃんけん」の結果、12万円を超える器具を、松本は自腹で購入する。

その後、調理ができる場所へと移動する道中に、思い出話をする二人。スタッフからケンカしたことがないかと聞かれると、高校時代はないが、大人になってからあったと告白する。尾上は「乾杯したグラスが俺より上か下かっていうケンカをした」と笑うが、松本はきっかけはそこじゃなかったと訂正。

松本の同級生を尾上が邪険に扱ったことが原因だったというが、実は尾上もその人物とは以前から交流があり、その接し方についての争いに。二人共通の友人でもある中村七之助が止めに入りつつ、尾上は「どれだけ俺がこの仲間を愛してるかっていうことを語りながら、号泣して終わる」という友情を確かめ合う結末だったと話した。

SNSでは「仲良いのが見てわかる」「潤くん楽しそう!!」「バナナくれた相葉くん、優しい 」などのコメントが上がっていた。

次回の「嵐にしやがれ」は6月15日(土)夜9:00より放送予定。ゲストに浅田真央、HYの仲宗根泉らが登場する。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)