松岡昌宏、TOKIO結成当時は城島茂に嫉妬「うらやましかった」

松岡昌宏、TOKIO結成当時は城島茂に嫉妬「うらやましかった」

松岡昌宏が、結成当時の城島茂への思いを明かした

6月12日に放送された「TOKIOカケル」(フジテレビ系) に、植草克秀がゲスト出演。TOKIOも知らないジャニーズの歴史などを明かした。

1979年にジャニーズ事務所に入所したという植草は、少年隊メンバーの錦織一清が1977年、東山紀之は自分と同じ1979年入所だと語る。後輩たちに関しては、「急に言われても分からないよYOUたち」と、顔は分かるが名前は一致しない人もいると話し、「ジャニーさんもそうじゃん」と暴露。

植草いわく、ジャニー喜多川社長がタレントたちを“YOU”と呼ぶのも、人の名前を覚えられないからで、「YOUって言っておけば間違いないんだもん」と、名前を間違えるのが悪いと思ってそう呼んでいると明かした。また、植草の入所当時はデビュー前の人たちを“ジュニア”とは呼んでおらず、「当時のジュニアは“少年隊”」と、全員が少年隊と呼ばれていて、そこから選抜された植草、錦織、東山の3人が少年隊としてデビューしたことを告白した。

さらに植草は、その頃のTOKIOのエピソードも披露。城島茂について「すごい優しい奴だった」と振り返り、合宿所で自分のために果物をむいてくれたり、ラーメンを作ってくれたりしていたという思い出話を語る。そんな中、松岡昌宏はTOKIO結成当時、先輩から目をかけられていた城島がうらやましかったと話す。

これに植草は、ずっと合宿所にいた城島が“見てはいけないものを見たり、言ってはいけないことを聞いたり”していたことから、「こいつ(城島)が一番辛抱してんじゃないかな」とねぎらう場面も。

そんな城島は、ドラマが決まったとき、まだ標準語がうまく話せず、植草が練習に付き合ってくれたことを語る。その時に植草が、少年隊としての自分の立ち位置について「(錦織と東山に)芝居と歌だけは負けない」と言っていたことを告白。植草は、「イメージ変わっちゃうだろう」と照れるが、城島は「自分の自信を持てることをやれ、と。励ましてくれた」ととても感謝しているとしみじみと語った。

放送終了後のSNS上では「かっちゃん出てるのうれしいわ…永久保存版」「植草先輩おもろw」「リーダーのいじられ方可愛い」などのコメントが寄せられていた。

次回の「TOKIOカケル」は6月19日(水)放送予定。ゲストに出川哲朗が登場する。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)