江籠&古畑を筆頭にSKE48新世代が16色のセンターを見せたゼロポジ公演

江籠&古畑を筆頭にSKE48新世代が16色のセンターを見せたゼロポジ公演

SKE48のメンバー16人がそれぞれ選んだ楽曲でセンターを務める「SKE48 ゼロポジ公演 2019」が愛知・Zepp Nagoyaで開催

SKE48のメンバー16人がそれぞれ選んだ楽曲でセンター(=ゼロポジション)を務め、その中から”ナンバー1センター”を決める「SKE48 ゼロポジ公演 2019」が、6月10日に愛知・Zepp Nagoyaで開催された。

2018年に公開されたドキュメンタリー映画「アイドル」のBD・DVD発売記念ライブとして行われた今回の公演。

古畑奈和と江籠裕奈の5期生を筆頭に中堅から若手のメンバー16人のみによる公演という点では、11年目以降のSKE48の未来を示すライブともなった。

ナンバー1センターを決定する審査員にはSKE48キャプテンの斉藤真木子、結成初期から振り付けを手掛けてきた牧野アンナ、コアなSKE48ファンとして知られるユリオカ超特Q。さらに客席にはBDやDVDを購入したファンと、会場は純度100%のSKE48ワールドな空気に満ちた。

曲目をスタッフが決めないライブとしては「リクエストアワー」があるが、SKE48では2016年11月にメンバー全員が与えられた持ち時間10分を自由に使う「みんなが主役! SKE48 59人のソロコンサート〜未来のセンターは誰だ?〜」があった。

今回の公演は後者に近いものだったと言えるが、1曲限定という点で各メンバーの個性や力量、曲に対する思いをより濃縮された形で表現。ステージ暗転からの歌唱メンバーへのスポット、そしてイントロという曲目発表の瞬間に、さまざまなどよめきや歓声が起こった。

overtureに続く1曲目として歌われたのは、熊崎晴香センターの「前のめり」。初期のSKE48を支えた松井玲奈のラストシングルで、センターへの熱い思いをぶつけた。SKE48の10年の歴史を振り返りつつ、未来へ進むためのライブという意味で感慨深い幕開けに。

続いて「ずっと後ろで歌ってきた曲をセンターで歌いたかった」という荒井優希の「恋を語る詩人になれなくて」、「この曲でセンターを務めるのは2回目」という最年少メンバー・野村実代の「Escape」、10周年イヤーにリリースされたシングルで「周りの色に流されないぞという気持ちで選んだ」という井上瑠夏の「無意識の色」など、それぞれ曲に対するこだわりを感じさせるナンバーが並ぶ。

MCを挟むと、セットリストは劇場公演さながらのユニット曲コーナーへ。

鎌田菜月は研究生時代に歌っていた「渚のCHERRY」をセンターで、江籠裕奈は「SKE48のオリジナル公演の中で唯一歌ったことがないユニット曲」だという「雨のピアニスト」、末永桜花は“目からビームの先輩(柴田阿弥)”のセンター曲「天使のしっぽ」を披露。

「Glory days」を歌った後藤楽々は「太陽のようだと言われるので、“太陽=Glory”な曲を選んだ」とさらっと語ったが、松井珠理奈の後継者としての決意表明とも受け取れた。

谷真理佳はHKT48時代の先輩である指原莉乃がAKB48の公演でセンターを務めた「愛しきナターシャ」という移籍組ならではの選曲。

佐藤佳穂はセクシー担当ならではの「抱きしめられたら」、竹内彩姫は初のソロ歌唱で峯岸みなみの「私は私」、北川綾巴は「SKE48で一番好きな曲だけど、歌ったことがなかった」という「微笑みのポジティブシンキング」を歌い、ユニット曲コーナーを締めくくった。

ここで審査員席に話を振ると、斉藤真木子が後輩たちの成長ぶりに涙で声を詰まらせるひと幕も。その姿には客席から大きな歓声が上がった。

終盤突入を前に古畑奈和が「ここからはSKE48の曲ではありません!」と言うと、客席は果たしてどんな曲目が歌われるのかと期待ムードいっぱいに。

そんな中、北川愛乃は「演技もできる曲」として欅坂46の「世界には愛しかない」、松本慈子は尊敬する大島優子がセンターを務めたAKB48の「ギンガムチェック」を披露した。

さらに、野島樺乃は「有名なミュージカルにたくさん出演している生田絵梨花さんへの尊敬を込めて」と、乃木坂46の「何度目の青空か?」を歌い、ソロパートでは「AKB48グループ歌唱力No.1」初代女王の実力を発揮。

トリには最新シングルで初めてセンターを務める古畑が登場し、欅坂46の「ガラスを割れ」を熱唱。激しいパフォーマンスで定評を集める欅坂46へのSKE48からのアンサーとも取れるカバーで、16人によるセンター曲の締めを飾った。

全メンバーがそれぞれのセンター曲を歌い終え、審査員の審査を待つ間にはSKE48のデビュー曲「強き者よ」と「アイシテラブル!」を披露。

そして、いよいよ審査結果の発表。

牧野アンナから江籠の優勝が告げられると、場内からは大きな裕奈コールが起こった。

「『雨のピアニスト』は指の使い方から首のラインの出し方まで誠実だったし、センター以外でもどんな曲の色にも染まれる説得力が絶対的だった」という牧野をはじめ、3者満場一致の結果だったという。

最後はグループの地元・栄のことを歌った「SKE48」を、江籠裕奈のセンターで披露。時間にして2時間、曲数にして19曲と通常のコンサートに比べると少しだけ短めだったが、内容は何とも濃密なものに。

江籠が勝利し、古畑が締めるという5期生の底力、6期生の北川綾巴や7期生の後藤がMCとして仕切るという若手メンバーの力を見せてくれる公演ともなった。

この公演はTBSチャンネルで当日生中継されたが、6月22日(土)には再放送も予定されている。当レポでは割愛したアンケート企画も含め、SKE48の"現在"の魅力を是非とも見届けてほしい。

■ 「ゼロポジ公演2019」セットリスト

M0 overture

M1 前のめり(熊崎晴香)

M2 恋を語る詩人になれなくて(荒井優希)

M3 Escape(野村実代)

M4 無意識の色(井上瑠夏)

M5 渚のCHERRY(鎌田菜月)

M6 雨のピアニスト(江籠裕奈)

M7 天使のしっぽ(末永桜花)

M8 Glory days(後藤楽々)

M9 愛しきナターシャ(谷真理佳)

M10 抱きしめられたら(佐藤佳穂)

M11 私は私(竹内彩姫)

M12 微笑みのポジティブシンキング(北川綾巴)

M13 世界には愛しかない(北川愛乃)

M14 ギンガムチェック(松本慈子)

M15 何度目の青空か?(野島樺乃)

M16 ガラスを割れ(古畑奈和)

M17 強き者よ

M18 アイシテラブル!

M19 SKE48

※()内は選曲者(ザテレビジョン・取材・文=青木孝司)

関連記事(外部サイト)