堤真一&明石家さんまが“最後の晩餐”に選んだものとは

堤真一&明石家さんまが“最後の晩餐”に選んだものとは

明石家さんまの“最後の晩餐”に、大きく賛同した堤真一

6月12日に放送された「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に、堤真一、竜星涼がゲスト出演。最後の晩餐は決めているか否かについて討論したところ、感動と悲鳴の声が上がる意外なエピソードが次々に飛び出した。

議題を提示した竜星は母親の卵焼き、吉田敬(ブラックマヨネーズ)も初めて常連客になったラーメン店・天下一品の炒飯定食と、思い出の味を挙げる。一方、同じく決めている派の明石家さんまは「最後何食べるって、もういっつも悩むねんけども、俺はおっぱいを触っときたいのね」と突然のおっぱい派宣言。

その時好きな人がそばにいて、その人と食べたことのないものを食べたい、やったことのないことをやりたいからと続けたさんまだったが、「ひょっとしたら僕は納豆を食べるかも」と、ふと思い出したかのように口を開いた。納豆好きの母親とけんかになって家を出た過去があり、嫌な思い出として心に残っているが最後なら…と苦手な納豆を挙げたさんまへ、感動したマツコデラックスはおっぱい派宣言を放送しないよう提案。

小杉竜一(ブラックマヨネーズ)もマツコの意見を推したが、敬意からのおっぱい好きだと力説するさんまは、「どっちかオンエアするんやったら、おっぱい残してくれ!」と主張した。

そんなさんまのこだわりに賛同したのが、意外にも決めていない派の堤。「さんまさんと一緒ですよ」「おっぱい触っときたい」といった発言にスタジオからは悲鳴が上がったが、「母親が貧しかったからおっぱい出なかったんで、僕、母乳もらってないんですよ。だから僕、好きなんだと思う」とおっぱい派である理由を説明すると、スタジオはしんみりとした空気に。

さんまが「待って、そんなええ話、誰がせえ言うたんや!俺一人浮いてまうやないか、そんなこと言うたら」と猛抗議して笑いを誘った。

放送終了後のSNS上では、思いがけない美談に感動したコメントの他、堤自身の魅力も話題に。今年55歳になる堤に「かわいい55(歳)!」と色めき立ったマツコ同様、「わかる!」「なんというイケオジ」「54歳のおっぱい星人って、かわいすぎかw」などとときめくコメントも多数上がった。

次回の「ホンマでっか!?TV」は6月19日(水)放送予定。ゲストに亀梨和也、誠子(尼神インター)が出演し、美男美女にまつわるメリットデメリットやさまざまなデータを紹介する。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)