<捜査一課長>初の“ノンストップタイムサスペンス”! 内藤剛志「一緒にワクワクドキドキを楽しんで」

<捜査一課長>初の“ノンストップタイムサスペンス”! 内藤剛志「一緒にワクワクドキドキを楽しんで」

「警視庁・捜査一課長」の最新スペシャル2本が、7月7日(日)と14日(日)にテレビ朝日系で放送される

内藤剛志演じる“理想の上司”警視庁捜査一課長・大岩純一と捜査員たちの熱いドラマを描く「警視庁・捜査一課長」の最新スペシャル2本が、7月7日(日)と14日(日)にテレビ朝日系で放送されることが決定。内藤が1週目、2週目の見どころなどを語った。

■ シリーズ初の“ノンストップタイムサスペンス”

内藤は「新作2本を2週立て続けにお送りするのは、シリーズが始まって初めてのこと! 2本は前後編ではなく、それぞれ独立したドラマなのですが、両方見ていただくと驚くべき仕掛けが埋め込まれているんです。2本続けて見ていただくと、“特典”を楽しめちゃうような感覚ですね!」と、今回の新しい試みについて声を弾ませる。

「『警視庁・捜査一課長』はこれまで、ご遺体が見つかったところから始まって、過去に分け入っていくストーリーが多かったのですが、今回の新作2つは爆弾が仕掛けられたところから始まる、シリーズで初めての“ノンストップタイムサスペンス”。果たして、爆発は避けられるのか…!? 視聴者の皆さんと同じ時間を共有できるところが何よりの見どころです」とアピール。

そして「皆さんには、ぜひわれわれと一緒に事件を推理してもらって、ワクワクドキドキを楽しんでもらいたいですね。進化を遂げた『警視庁・捜査一課長』をお楽しみください!」と呼び掛けた。

■ 捜査本部が大混乱に…

第1弾の「警視庁・捜査一課長 新作スペシャルI」は、「隅田川を走る屋形船に、爆弾が仕掛けられた」という一報から始まる。しかも、屋形船に乗っていたはずの男が船上から消え、その死体が奥多摩で見つかったという展開に、捜査本部は大混乱に陥ってしまう。

今回、大岩一課長の右腕を務めるのは、壇蜜演じる隅田川署の女性刑事。東京を横断する謎深き事件の真相とは…?

■ 山本舞香演じる新人刑事が登場

第2弾の「警視庁・捜査一課長 新作スペシャルII」では冒頭、「宇宙飛行士候補発表記者会見場に爆発物を仕掛けた」という脅迫電話が入る。主催するのは、宇宙開発事業を推進する巨大IT企業。

電話の主は「登壇者がウソをついたら爆発させる」と告げており、いったい犯人が記者会見で明らかにしたかった“本当のこと”とは何なのか…。

2週目には、山本舞香演じる新人刑事が登場。彼女は、女性宇宙飛行士候補に疑惑の目を向けるが…。

■ 大岩純一役:内藤剛志コメント

1週目は、隅田川を航行中の屋形船に爆弾が仕掛けられたところから物語の幕が開きますが、とんでもないところに事件が飛んでいき、東京の広さを使って展開していく、驚きのストーリーです。

壇蜜さん演じる女刑事が登場しますが、彼女を中心に“運”とはどういうものなのか、“運命”とはどうとらえるものべきなのかを描いています。

2週目は、記者会見場に爆発物が仕掛けられたとことからスタートします。山本舞香さん演じる、シリーズ最年少の新人刑事と共に、“家族”についての物語を描いていきます。

2作品とも、シリーズで初めてのノンストップタイムサスペンス。僕は2012年から大岩一課長を演じてきましたが、“捜査本部”ではなく、「“対策本部”を設置する」と宣言するのは、初めてのセリフでした。

視聴者の皆さんと同じ時間を共有できるところが、何よりも見どころなので、果たして爆発は避けられるのか…ぜひわれわれと一緒に事件を推理してもらいたいですし、ワクワクドキドキを楽しんでもらいたいですね。 

見始めたら最後まで一緒に、皆さんと“旅”ができる2作品だと思います。そして、両方とも最後には感動が待ち受けています。“進化”を遂げた捜査一課長をぜひお楽しみください!

■ 「警視庁・捜査一課長 新作スペシャルI」あらすじ

「爆発寸前の屋形船が隅田川を高速移動中!」という衝撃の知らせが、警視庁捜査一課長・大岩純一(内藤剛志)の元に舞い込んだ。

社長・鮎原和文(六平直政)とその秘書・池本奈月(谷村美月)が貸し切り屋形船に乗っていたところ、突然、奈月の携帯電話に「秘密の金庫のカギを渡さないと船を爆破する」という謎の脅迫電話が掛かってきたらしい。

鮎原が慌てて船内を探すと、前方デッキの床下に爆発物が仕掛けられていたという。

一刻を争う緊急事態に、大岩は移動対策本部を設置。車両に乗り込み、隅田川沿いの道を屋形船と並走しながら指揮を執るが、船内の様子が確認できないばかりか爆弾の種類も特定できない。

そこへ突如、前方から一隻の漁船が出現。漁船に乗っていたのは、“運の良さ”が評判の隅田川署刑事・運野和菓子(壇蜜)で、和菓子は擦れ違いざまに屋形船の船内画像を撮影し、爆弾を特定。

さらに特殊捜査班を屋形船に潜入させる大胆な作戦を提案するが…。

爆発騒ぎの中、前方デッキにいたはずの鮎原の姿がこつ然と消えた。デッキにはわずかな血痕と、血の付いた髪の毛も残されていた。鮎原は負傷して川に転落したのか?

奈月は動転して座敷にいたため、鮎原が消えたことも知らなかったと証言するが、和菓子は彼女が大きな秘密を抱えていると直感する。

ところが翌朝、さらに驚がくの事態が発生。鮎原の遺体が奥多摩の河原で発見されたのだ。東京の東側、隅田川上からこつ然と消えた鮎原が、なぜ東京の西側、奥多摩で見つかったのか。

大岩は和菓子と共に捜査を開始するが、果たして東京を横断する謎深き事件の真相は?

■ 「警視庁・捜査一課長 新作スペシャルII」あらすじ

宇宙開発事業を推進する巨大IT企業“ギャラクシーK”社長・黒木暁(佐野史郎)の元に、記者会見会場に爆弾を仕掛けたという脅迫電話が入る。

一報を受けた警視庁捜査一課長・大岩純一は、すぐさま現地に駆け付け、対策本部を設置する。 

ギャラクシーKでは、一般人から宇宙飛行士を選ぶプロジェクトを進めており、その日はお台場のホテルで元教師・羽場衣織(辺見えみり)が宇宙飛行士候補に決定したことを大々的に発表する予定だった。

脅迫電話をかけてきた犯人は先日、大岩らが解決した”屋形船爆破未遂事件”と同じ爆弾を仕掛けたと告げ、「会見でウソをついた瞬間に爆破する」と脅したという。 

黒木はいたずら電話だとして会見を強行しようとしており、会場に潜入した捜査員たちは必死に爆弾を捜索する。そんな中、お台場署の新人刑事・小倉安子(山本舞香)が、スタンバイする衣織の側に不審な箱が置かれているのを発見。

箱の中身が爆弾に違いないと確信した大岩は特殊捜査班突入を決定し、会場は騒然となる。

安子は衣織に避難を促すが、彼女はなぜか「バカね…宇宙になんて行けるわけないじゃない」とつぶやき、なかなかその場から離れようとしなかった。一体誰が、箱を置いたのか…。

防犯カメラ映像から、その箱を持ち込んだのは社長秘書・井津川瑠香(中村映里子)と分かるが、その直後、彼女が刺殺死体となって見つかる。

屋形船爆破未遂事件との関連を疑う大岩は、運野和菓子刑事のいる隅田川署と連携して捜査を進めることを決めるが、解決したはずの事件がいったいどう絡んでいるのか…?

安子は、宇宙飛行士候補に大抜てきされたにもかかわらず、後ろ向きな言葉を放つ衣織に疑惑の目を向けるが、果たして事件の背後には何が隠されているのか…。

そして、脅迫電話の犯人が記者会見で登壇者に言わせたかった“本当のこと”とは?(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)