真心ブラザーズ弾き語りツアーファイナルレポート! 30周年記念アルバムと秋ツアーの詳細も判明

真心ブラザーズ弾き語りツアーファイナルレポート! 30周年記念アルバムと秋ツアーの詳細も判明

弾き語りツアー「真心道中歌栗毛」を完走した真心ブラザーズ

6月16日、真心ブラザーズの弾き語りツアー「真心道中歌栗毛2019」のツアーファイナルがヒューリックホール東京にて行われた。

「真心道中歌栗毛」は、YO-KINGと桜井秀俊の2人だけ行う弾き語りツアー。3回目となる今回は、4月6日の大阪・ABCホールを皮切りに全国を回り、13本目となるこの東京公演でファイナルを迎えた。

金屏風を背に満員のオーディエンスの前に現れた2人。YO-KINGが軽くギターを鳴らしてキーを確かめてから、ライブは「GREAT ADVENTURE FAMILY」でスタート。

MCでは、ツアーと並行してウルフルズのサポート・ギターを務めている桜井について、YO-KINGが「真心の楽屋でもウルフルズの曲の同じフレーズを練習しまくっている」という話を暴露する。

さらに、会場のヒューリックホールについて「前は日劇だった場所だよね? 俺ここで『スターウォーズ』観たんじゃなかったっけ?」と、YO-KINGが思い出を語る場面も。

また、Siriなどの音声認識アプリが「恥ずかしくて使えない」という点で2人が同意したりと、おなじみのユルくて楽しいやりとりで観客を沸かせていく。

「おぼろげな春」では、「サード・アルバム収録の曲でシングルでもないのに、昔『どか〜ん』しかカラオケに入っていなかった頃もなぜかこの曲だけは入っていた」という意外なエピソードを告白。

YO-KINGが「見えない力が働いているのかもしれない」と分析すると、桜井はすかさず「カラオケ会社のお偉いさんが、歌いたいとか?」と返し、観客の笑いを誘っていた。

■ 新曲披露時に事件が発生!

中盤には、2人がそれぞれステージにソロで歌うブロックも。桜井が「Baby」、YO-KINGが「その後の世界」を歌った後、新曲を2曲披露。

桜井がボーカルととる「アイアンホース」では、間奏でギターソロを決めたYO-KINGに桜井が「最終日はもう一丁!」と、さらにもう一周ソロを弾かせる。曲を終えてYO-KINGは「指が痛い! ソロ二回やれって、パワハラだからね!」と嘆いていた。

本編を「素晴らしきこの世界」「サマーヌード」「きみとぼく」の名曲3曲で締めくくり、ヒューリックホールを感動で満たした2人に、観客からはアンコールを求める手拍子が巻き起こる。

それに応えて再度登場したYO-KINGは、「アコギで2時間くらいやると、身体に余分な力が入ってるんですかね? 30年やっても…『いらぬ力は込めぬがよい』って言葉、いい言葉だよね」と語りかける。

そこから今後のリリースやライブについて告知し、「30年前の6月にこの曲を作って、9月にデビューしました」という言葉と共に披露されたのは、デビューシングル「うみ」。

ここ数年、この曲を歌う時YO-KINGは「君は僕の腕をつかんで」のところを「君は僕の前を歩いて」と変えて歌っていたが、今日は「腕をつかんで」に戻して歌い、初期からのファンを喜ばせた。

ラストは「空にまいあがれ」。サビだけでなく、歌い出しから最後の「空にまいあがれ どこまでも高く/風の中で君が僕を見た気がしたよ」まで、観客のシンガロングがヒューリックホールを包んだ。

2人でアコースティック・ギターを弾く曲、YO-KINGがギターを置いてハンドマイクで歌う曲、ハープを吹く曲と、バリエーション豊かな演奏を聞かせた2人。アンコールを含め全21曲を披露しステージを後にした。

■ 30周年記念アルバムはセルフカバー集!

9月4日(水)には、デビュー30周年を記念してファンからのリクエストを募り、10位までの10曲をセルフカバーしたアルバム「トランタン」を、特別生産限定盤、初回限定盤、通常盤の3タイプでリリース。

特別生産限定盤には、「周年の時くらいは…」とスタッフにあおられながら頑張る彼らの動きをつづったドキュメント映像「真心ブラザーズ 30th Anniversary Document『2019年ほぼ上半期』」がDVDに収録。

さらに、30th特別記念グッズ“特製 トランタンTシャツ”(フリーサイズ/非売品)も付属。レアアイテムになること間違い無しなので、ぜひとも早めに予約をして手に入れておこう。

■ 超豪華なサポートメンバーによる30周年ツアーも必見!

ライブは、恒例イベント「マゴーソニック」の30周年スペシャルを、大阪・服部緑地野外音楽堂で開催。峯田和伸(銀杏BOYZ)、藤巻亮太、チャラン・ポ・ランタン、椎木知仁(My Hair is Bad)が出演する。

そして、30周年記念ライブ・ツアー「トランタン」も、9月27日(金)・28日(土)の東京・日本青年館2daysを皮切りに全国13公演を実施。

日本青年館1日目は、近年サポートを務めるメンバーを中心とした「特別進化形」ことLow Down Roulettes Z[岡部晴彦(Ba)、伊藤大地(Dr.)、野村卓史(Key.)、うつみようこ(Cho.)]との共演。

一方、2日目には「もはや親戚」という枕詞も納得のMB's[須貝直人(Dr.)、上野一郎(Ba.)、奥野真哉(Key.)、うつみようこ(Cho.)、上石統(Tp.)、西岡ヒデロー(Tp.)、首藤晃志(A.sax)、宇田川寅蔵(T.sax)]が集結。どちらも見逃せないライブとなりそうだ。

さらに、これ以降のツアーでは、Low Down Roulettes Z、EMOTIONAL ROCKERS[柏原譲(Ba.)、茂木欣一(Dr.)、沖祐市(Key.)]、SHIELD BREAKERS[大木温之(Ba.)、佐藤シンイチロウ(Dr.)]という3形態いずれかでのパフォーマンスに。

EMOTIONAL ROCKERS、SHIELD BREAKERSを従えてのライブは実に18年ぶりとのこと。フィッシュマンズ、東京スカパラダイスオーケストラ、the pillows、Theピーズと、日本のロック史にその名を刻むメンバーと共に見せるパフォーマンスは必見だ。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)