<パーフェクトワールド>“つぐみ”山本美月「ヒロと居るとラクですけど…恋愛じゃない」

<パーフェクトワールド>“つぐみ”山本美月「ヒロと居るとラクですけど…恋愛じゃない」

つぐみ役の山本美月

松坂桃李主演のドラマ「パーフェクトワールド」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)で、ヒロイン・つぐみ役を演じる山本美月。第9話の放送を前に“初恋の樹”と“幼なじみの是枝”との間で揺れ動く気持ちや自身の想いを語った。

不慮の事故により車いす生活を送ることになり、生涯一人で生きていくと決めていた建築士・鮎川樹(松坂)が、高校の同級生・川奈つぐみ(山本)と再会し、心を通わせていくことで2人の生き方が変化していくラブストーリー。つぐみに思いを寄せる幼なじみ・是枝洋貴を瀬戸康史が演じている。

6月11日に放送された第8話では、大きな危機を乗り越え、樹(松坂)とつぐみ(山本)が本当に大切なものに気づいていく展開に、視聴者から感動の声が上がった。

また6月18日(火)に放送される第9話では、気持ちに嘘をつけなくなった樹のもとに、静かに怒りをあらわにした是枝(瀬戸康史)が部屋にやってくる。さらに樹は区切りをつけようと葵に話を持ちかけるが…といった、波乱の展開を感じさせる内容だ。

■ 山本美月「ヒロと居るとラクですけど…恋愛じゃない」

初恋の樹と幼なじみの是枝との間で揺れ動く、つぐみを演じる山本に話を聞いてみると「鮎川君との恋愛と、ヒロ(是枝)との恋愛、それぞれに応援してくれる方がたくさんいると思います。心の中で鮎川君を消せないまま、誠実にヒロと向き合うのは難しかったです(笑)」と振り返った。

さらに「ヒロとつぐみは似ている部分があって…。つぐみが鮎川君のことを想う気持ちと、ヒロがつぐみのことを好きで諦めないって想ってくれる気持ちが重なって、つぐみはプロポーズを受けたんだと思います」と分析。

また、番組スタート当初、山本自身に鮎川派か、是枝派かを尋ねたところ、悩んだ末に鮎川派と答えていた山本だったが、あらためて尋ねると「鮎川君がいいです」とキッパリ。

「前はちょっと迷いましたけど、今はまったく迷わないです。ヒロと居るとひたすらラクなんですけど…それって恋愛じゃないんだなって気が付いたんです。

また、つぐみとヒロみたいに、似た者同士は良き友達にはなっても、恋愛にはならないのかもしれませんね。でもあれだけつぐみを大切にできるヒロは幸せになるべきだな、とは思います」と答えた。

ちなみに、山本自身に似ているタイプとの恋愛がよいのかを尋ねると「私自身は、ちょっと似ている部分も欲しいですがインドア派なので、相手はアウトドア派な方がいいかなと思います。キャンプとかにも行きたい気持ちはあるんですけど、なかなか…(笑)。なので行動力のある方がいいですね」と付け加えた。

そして終盤の見どころを尋ねると「つぐみに関しては、いろいろな刺激を受けて、人として成長していく過程で自分の本当の気持ちに気付いていくところ。

鮎川君に対して“大好き”というキラキラした部分だけではなく、高木夫婦と出会ったり、鮎川君から離れて生活したりすることで、つぐみは“恋は盲目”だけではなくなっていきます。

仕事面での成長や、人としての深みに強さが加わるからこそ、鮎川君との関係も新たに生まれ変わっていくと思いますので、そこにも注目していただきたいですね」と答えた。 (ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)