Kis-My-Ft2が懸賞1万通応募に挑戦!当選ラッシュに沸く<10万円でできるかな>【視聴熱TOP3】

Kis-My-Ft2が懸賞1万通応募に挑戦!当選ラッシュに沸く<10万円でできるかな>【視聴熱TOP3】

Kis-My-Ft2が1000円ガチャに挑戦した「10万円でできるかな」がランクイン!

webサイト「ザテレビジョン」では、6月17日の「視聴熱(※)」バラエティー デイリーランキングを発表した。

1位「GENERATIONS高校TV」(毎週日曜夜9:00-10:00、AbemaTV)10753pt

6月16日は、先週に続く「GがEにエナジー注入SP」として、名古屋でライブ公演を行うE-girlsに変装したGENERATIONS from EXILE TRIBEメンバーが接近する「変装接近選手権」の後編を放送。前編では、佐野玲於、中務裕太、白濱亜嵐が身バレすることなく成功していた。

今回は、数原龍友が大道具スタッフに、関口メンディーが安田大サーカス・クロちゃんのマスクをかぶり、片寄涼太は警備員、小森隼がカメラマンに変装して挑んだ。数々の異変にE-girlsメンバーはドッキリと怪しんだものの、GENERATIONSの潜入とは気づかないままライブ本番へ。

そして、GENERATIONSメンバーは、ライブに乱入してネタばらし。GENERATIONSの登場に、観客からは大歓声が上がった。

そしてステージ上では、E-girlsの番組「全力部活!E高」(毎週水曜夜10:00-11:00、AbemaTV)の企画「全力○○」対決を実施。通常は3つのお題をテンポよく披露するが、今回は全力シャチホコ、全力マッチョ、全力メンディーなど10連発にそれぞれメンバー全員で挑戦することに。

観客の拍手による判定では、E-girlsが大差で勝利。E-girlsの竹部柚那は「GENE高のほうがパワーを注入しないといけないんじゃない?」とツッコんだ。

公式Twitterでは、17日の投稿で今回の「#勝手にMVP」をメンディーに贈った。メンディーは、E-girlsの藤井夏恋が通り過ぎたところでスライディングする攻めを見せ、その絶妙なタイミングと行動に、視聴者の笑いを誘った。

2位「10万円でできるかな」(月曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)10363pt

6月17日に「帰れマンデー見っけ隊!!」との合同3時間SPとして放送。人気企画「1000円ガチャで元取れるかな?」と「1万通懸賞に応募したら何円分の賞品当たるかな?」の2本立てとなった。

「1000円―」は、Kis-My-Ft2・千賀健永が、事務所の先輩であるTOKIO・松岡昌宏と、3万円の予算で挑戦した。初参戦の松岡は、なかなか高額商品が出ずに苦戦。そんな中、高額ではなかったものの、天然石のピンクオパールを引き当てた。

ピンクオパールは人に愛されるパワーを宿すと言われていることから、松岡はキスマイとしてライブツアー開催中の千賀に「これ、ポケットに入れてやれよ」と提案。さらに2つのピンクオパールをゲットし、宮田俊哉と二階堂高嗣の分に。残る“舞祭組”の横尾渉の分を当てようとしたが、ピンクオパールは出ず、代わりに最後に出た令和の缶バッジセットを横尾の分に。

放送では、実際にライブで千賀らがピンクオパールを、横尾が缶バッジを身に着けた写真が公開された。

2回目の実施となった「1万通懸賞―」は、前回につづき「進ぬ!電波少年」(1998〜2002年、日本テレビ系)の企画「電波少年的懸賞生活」で人気を博したなすびも加わり、キスマイメンバー、サンドウィッチマンの計10人で懸賞に応募した。

懸賞の達人に教えてもらったテクニックを駆使し、高級肉、宿泊券、家電など当選ラッシュとなり、キスマイメンバーらは大喜び。

なかでも、なすびは、食品部門、旅行・レジャー部門、現金・金券部門、家電部門、それぞれで当選し、最後の車部門で全ジャンル制覇を目指した。だが、残念ながら車部門は誰も当たらず。

だが、総額17万7079円分の賞品を当てることができた。

3位「ナイナイのお見合い大作戦!」(TBS系)8181pt

ナインティナインがMCを務める集団お見合いの特番が6月17日に放送。今回は「自衛隊の花嫁3時間SP」と題し、自衛官の男性が花嫁を見つけるシリーズの第4弾。過去の3回では、合計65組のカップルが誕生し、15組がゴールイン。応募者も多いという人気のシリーズとなっている。

沖縄の自衛隊基地を舞台に、陸・海・空の自衛官40人の男性が集結。将来有望なエリート幹部でイケメンながら、男子高校育ちゆえに女性慣れしていないという男性には、ギャップ萌えで人気No.1に。だが、男性は突然のモテ期に混乱してしまう。

また、同い年だが先輩後輩というエリートパイロットの2人が意中の女性が重なり、“恋の空中戦”の行方も注目を集めた。

告白タイムでは、人気No.1だった男性、意中の女性が重なっていたパイロットの2人、それぞれ成功。合計25組のカップルが誕生し、男性陣の熱い告白が感動を呼んだ。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4〜10位のランキングやドラマランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)