岡田奈々、AKB48グループの裏事情を語る!「矢作萌夏は異次元の存在」

岡田奈々、AKB48グループの裏事情を語る!「矢作萌夏は異次元の存在」

6月20日放送「ダウンタウンDX」ではAKBグループの裏話が明かされる!

6月20日(木)放送の「ダウンタウンDX」(毎週木曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)に、AKB48・矢作萌夏、AKB48/STU48・岡田奈々、A.B.C-Z・河合郁人、スキージャンプ・小林陵侑選手、ロッチらがゲスト出演。AKB48グループの裏話が披露される。

■ AKB48のギャラや、グループ内のルールは?

AKB48/STU48・岡田は、ギャラについて聞かれると、「年俸制になっています。人によってバラバラです。(ギャラは)誰にも言わないですね」と語る。さらに、AKB48グループのキャプテンや総監督には役職手当があるといううわさも。

また、AKB48・矢作は、握手会の“神対応”が話題となっており、正規メンバーに昇格してわずか1年でソロコンサート&選抜入りを果たしたという。

矢作は、「加入前から握手会をシミュレーションして…」とアピールし、ロッチ・中岡創一を相手に握手会のテクニックを披露。矢作のテクにより、中岡は一瞬にして心を鷲掴みにされてしまう。

さらに、岡田はAKBのルールとして「先輩メンバーに直接連絡先を聞いちゃいけない風潮」があると語る。だが、矢作はこのルールを無視しているそう。

岡田は、「私は指原(莉乃)さんの連絡先を知るのに5年かかったんですけど、この子は1ヵ月。タメ口でLINEしているんですよ。異次元の存在です」と暴露する。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)