太田光「日本中のラジオを聴いている」爆笑問題が“令和初”の「ツーショット」を語る

太田光「日本中のラジオを聴いている」爆笑問題が“令和初”の「ツーショット」を語る

爆笑問題の田中裕二(写真左)、太田光がDVD「2019年度版 漫才『爆笑問題のツーショット』」について爆笑トークを展開

爆笑問題の60分超え漫才の“ツーショット”シリーズ最新版「2019年度版 漫才 爆笑問題のツーショット」が、6月26日(水)に発売される。2006年から続くシリーズ最新作でも、政治、経済、文化、芸能、スポーツはもちろん、平成の30年間で起こった出来事を、田中裕二と太田光がならではの視点で漫才にする。

そんな二人に、時事ネタ漫才の作り方、芸能人の薬物問題、気になるテレビ&ラジオ番組、某漫才師のこと、放送禁止用語(?)まで。日ごろはほとんど語られないことを、たくさんぶつけてみた。

■ 令和の“振り”をするのが大変?

──本作が今までの「ツーショット」シリーズと違うのは、平成が終わる直前の4月29日に収録して、令和元年にリリースされることです。

田中:毎年やっているものなので、流れとかは毎度のことではあるんですけど。確かにね、今回は世の中全体が平成から令和にという中で、収録も平成が終わる間近。そこは狙ったものじゃなくて、偶然だったんですけどね。我々は昭和の一番終わり(昭和63年)がデビューで、芸能活動は30年を超えて、そういった意味でもいいタイミングかなぁと思いますね。

太田:撮ったのは平成だけど、発売されるのは令和でしょ? 令和の振りをするのが大変だったね。

田中:振りなんて、ないから(笑)。

太田:まだ、体は平成だからさ。

田中:振りってなんだよ!

太田:平成を表現することと共に、「今は令和だよ」ってことをどうやったら伝えられるか。

田中:変わんねぇよ(笑)。伝える必要もないし。

■ “NGワード”はない

――今回の漫才には、2018年春からの一年間で起こった出来事に加えて、平成を振り返る上で欠かせない事件や流行なども盛り込まれています。時事ネタを作る上で心掛けていること、NGな事柄はありますか?

田中:テレビやライブ、そしてこういうDVDではネタが違っていて、全く同じではないんですね。ライブではやるけど、テレビではやらない、そういうのはいくらでもあるんですけど、NGというか、我々が基本的にやることは、ネタにしたときにお客さんが笑うかどうか。まずは、そこが一番なんですね。

そうなると、とても悲惨な事件はウケないし、人道的に、道徳的に酷いものは最初からネタにしない。ただ、扱い方によっては、大きな災害の後だとか、あまりにも大きな出来事に関しては、被害に遭われた方たちが傷つくことなく、その周辺で笑えるネタを探ることはあります。具体的に、これがNGワードっていうのは、ないですけどね。

太田:NGワードっていうと「ちんちん」とかね。

田中:「ちんちん」はNGワードじゃないっ(笑)。

太田:そうだっけ!?

田中:言ったかどうかは別にして、ぜんぜんNGじゃないですよ。

太田:分かんなくなってきちゃったね。「ア○ル」はNGだっけ?

田中:違う、違うっ。厳密にいうと、NGではないけども。

太田:避けてる?

田中:(客に)引かれちゃ嫌だからさ。引かれたら意味ないんで。

太田:「肛門」とかに言い替えたりして…。

田中:肛門なんてテレビでもさんざんネタにしているから、NGワードじゃないし。いわゆる、テレビの放送禁止用語がNGワードという考えですよね。

――今作にも出てくる芸能人の薬物問題は、もはやこのシリーズの定番ネタですね。

太田:大好物だからね。田口(淳之介)も間に合わせたかったね(笑)。もうちょっと早く…ねぇ。

田中:常にあるよ、ああいう事件は。これからも、いつのタイミングだってあるわ。今までだって、さんざんやってきたし。

■ チェックしている番組や媒体

――ネタを作る上で、必ずチェックしているテレビ番組や読んでいる媒体はありますか?

太田:僕は、今はネットでニュースを読む感じ。テレビで言うと、毎日見ているのはテレビ東京の「Newsモーニングサテライト」(毎週月〜金曜朝5:45-7:05)。録画してるね。経済番組で、海外ニュースも入ってくるから。

田中:毎日読んでいるのは「東スポ」(東京スポーツ)ですけど、あんまりそれは役に立ってない(笑)。あとは普通に情報番組。僕らがやっている「サンジャポ」(「サンデージャポン」毎週日曜朝10:00-11:30、TBS系)とかラジオ(「爆笑問題の日曜サンデー」毎週昼1:00-5:00、TBSラジオ)でも、一般的なニュース、話題になっていることは取り上げますから。特にネタのために雑誌を買って読むことはないです。日々スマホに、Yahoo!ニュースも入ってきますし。

太田:あとは、ラジオだな。いっぱい聴いてんだけど、広島の「ごぜん様さま」(毎週月〜金曜朝朝9:00-11:32、RCCラジオ)っていう朝の帯番組とか。大阪だとね、ABCラジオの「ドッキリ!ハッキリ!三代澤康司です」(毎週月〜木曜朝9:00-昼0:00)。これは結構ニュースもやるんだよ。

――爆笑問題さんとしてTBSラジオで二本のレギュラー番組を抱えていますが、田中さんもラジオは聴きますか?

田中:そうですね。移動中はTB…。

太田:(遮って)後はね、和歌山のね…。

田中:これ、始まると長いですよ(笑)。「何を聴いてます?」って聞いたら、この話題がメインになるぐらい。(太田は)今、日本中のラジオを全部聴いているんです。

太田:そう、そう。好きでね。網羅だね。今はradikoがあるから便利で、沖縄から北海道まで。ローカルタレントも詳しくなってきたよ。

田中:僕は、移動中はTBSラジオをつけっぱなしなんで、その時に放送しているものを聴いている感じ。朝だったら伊集院光、ジェーン・スー、午後だったら「赤江珠緒たまむすび」(毎週月〜木曜昼1:00-3:30)、「ACTION」(毎週月〜金曜3:30-5:30)が流れてる。TBSは子どもの頃から聴いていますからね。もちろん、ニッポン放送も文化放送も聴きますけど、今はこんな感じです。

■ 時事ネタをする漫才師

――最後に。時事ネタをする漫才師のことは意識しますか?

太田:別にどうってことはないけどね。ただ、ナイツなんかだと、俺らのライブに出てくれたりするけど、どうしても俺らの方が出番が後になるんでね。そのときは気を遣ってくれて、「今日は時事ネタをやりませんから」って言ってくれるね。申し訳ないなぁと思いながらも、こっちもギリギリのところ(時間)でネタを作っているから、「そら、助かるわ」みたいな。それはあるけどね。

――意識するのはそこだと。

太田:そうだね。ネタがかぶんなきゃいいなって。全く気を遣わないヤツがロケット団(笑)。あいつらは、俺らがやるのと全く同じことをするから。

田中:アハハハハ(笑)。気をつけてほしいよね。特に(他の漫才師の時事ネタを)チェックしたり、意識していることはないです。ナイツでも時事ネタっていっても、僕らと全然違いますからね。

ロケット団っていうのは、僕らと近いんですよ。最近のニュースでこういうことがあって、それに対してのボケだから、似たようなネタになりがちっていうのはあるけど、そんなに意識はしないです。一緒のライブや番組になったときだけ、「ごめん、これやる」っていう会話を、楽屋ではしていますけど。

――最後を「ロケット団」で締めるとは思いませんでした(笑)。では、DVDの発売を楽しみにしています。(ザテレビジョン・文=伊藤雅奈子)

関連記事(外部サイト)