紫吹淳「負けてはならぬ!」“園芸王子”三上真史らと“いけばな”バトル!

紫吹淳「負けてはならぬ!」“園芸王子”三上真史らと“いけばな”バトル!

6月20日(木)放送の「プレバト!!」では、「俳句査定」「いけばな初のタイトル戦」を開催

6月20日(木)の「プレバト!!」(毎週木曜夜7:00-8:00、TBS系)では、「俳句査定」と「いけばな初のタイトル戦」を放送する。

「俳句の才能査定ランキング」には、前回“才能ナシ最下位”だった泉谷しげる、初登場で「子どものノートを使って勉強した」という山本未來、ここ3回連続“才能アリ”で「特待生に昇格したい」と意気込む武井壮が登場。また、「俳句甲子園で優勝した開成高校の同級生にアドバイスをもらった」という東大出身の伊沢拓司と、「M-1グランプリ2018」王者で初登場の霜降り明星・粗品も自信満々で挑む。

お題は「コンビニの傘」。俳句の先生・夏井いつきがご機嫌で褒める出演者が現れる中、特待生昇格試験には、名人10段・東国原英夫と5級・皆藤愛子が挑戦。

さらに、“いけばな名人”・特待生だけの初のタイトル戦、「夏のいけばな頂上決戦 第1回水無月杯」を開催する。参戦するのはいけばなトップで、名人3段の紫吹淳、2段の“園芸王子”三上真史、2級・武井壮、3級・泉谷しげるの4人。

紫吹が「負けてはならぬ!」と気合を入れ、武井は「三上だけには負けたくない」と打倒・園芸王子に闘志を燃やす。その三上は「すてきな花だったのでどう輝かせるか」と園芸王子らしさを振りまき、泉谷は「このスリルが楽しい」と笑顔で語る。

課題は、この季節にぴったりの「あじさい」と「バラ」。普段は課題の花は1つだが、タイトル戦ということで、より調和が難しい2つの花を主役として使う。いけばなの先生・假屋崎省吾が「今日はすごいですよ。接戦でした」と興奮するほどのハイレベルな戦いを経て、初代”いけばな王者”が決定する。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)