「千の風になって」から13年、進化し続ける秋川雅史がスタジオで歌声披露!

「サワコの朝」秋川雅史が出演へ 「千の風になって」で一躍有名になったテノール歌手

記事まとめ

  • 6月22日(土)放送の「サワコの朝」に、テノール歌手の秋川雅史がゲスト出演する
  • 秋川は100万枚以上のセールスを達成した「千の風になって」で一躍有名になった
  • スタジオでは父との思い出の歌をスタジオで生披露するほか、響く声の出し方を伝える

「千の風になって」から13年、進化し続ける秋川雅史がスタジオで歌声披露!

「千の風になって」から13年、進化し続ける秋川雅史がスタジオで歌声披露!

6月22日(土)放送ゲストの秋川雅史

6月22日(土)放送の「サワコの朝」(毎週土曜朝7:30-8:00、TBS系)に、テノール歌手の秋川雅史がゲスト出演する。

2007年に年間売上1位を記録し、100万枚以上のセールスを達成した「千の風になって」で一躍有名になった秋川は、現在もコンサートを中心にさまざまなステージで活躍。2014年には長年の夢だったというオペラにも挑戦するなど、テノール歌手としてますます活躍の場を広げている。

また、コンサートやディナーショーでは、観客にクラシックを身近に感じてもらうためにさまざまな歌謡曲を秋川流に歌うなど、感動のみならず笑いも巻き起こす楽しいステージで、人々を魅了し続けている。

今もなお、多くの人からリクエストされるという「千の風になって」について、年齢を重ねるごとにますますうまく歌えるようになってきたという秋川。

「先輩方から、ヒット曲を持つとその歌を歌いたくなくなる時が来ると言われ、ドキドキしていました…」と胸の内を吐露するも、以前より今の方がこの歌のよさを理解でき、大切に歌い続けていると語る。ヒットから13年の時を経て抱く楽曲への思いも明らかになる。

■ 秋川の憧れは、世良公則

秋川は、小学生の頃、世良公則のハスキーボイスに憧れ、初めて小遣いでレコードを買ったというエピソードも披露。世良のマイクスタンドを使ったパフォーマンスが格好良くて大好きだという。

そんな秋川は、今の自分が歌う時のスタイルにも影響を与えていると明かし、両手を存分に使って歌う秋川の原点や、声楽家の父のもとで育った自身の軌跡を思い返す。

スタジオでは、父との思い出の歌をスタジオで生披露するほか、声楽家ならではの視点で響く声の出し方を伝える。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)