<いだてん>北香那、金栗四三の生徒を演じ「『パパ〜』と駆け寄った時、感動して泣いてしまいました」

<いだてん>北香那、金栗四三の生徒を演じ「『パパ〜』と駆け寄った時、感動して泣いてしまいました」

「いだてん」で大河ドラマ初出演を果たした北香那

放送中の大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)に、北香那が出演している。

日本最初のオリンピアンである本作の主人公・金栗四三(中村勘九郎)は、東京府立第二高等女学校(通称・竹早)の教師として、日本の女子スポーツの発展に尽力してきた。

しかし、村田富江(黒島結菜)が“靴下を脱いで走った”姿が世間で話題になり、それを耳にした富江の父親・大作(板尾創路)が激怒。四三が学校を解雇されることになり、反対した富江ら女子生徒は教室に立てこもる。

北が演じる梶原は、四三を慕う教え子の一人。富江とテニスでダブルスを組み、女子スポーツ界のアイドル的存在にまでなった。

大河ドラマ初出演となる北にインタビューを行い、今作の印象や、女子生徒たちが立ち上がる姿を見て思ったことなどを聞いた。

■ 大河ドラマ初出演は「本当に幸せだなと思いました」

――まず最初に、出演が決まったときにはどのように思いましたか?

まさか自分が大河ドラマに出られるとは思っていなかったので、ものすごくうれしかったです。

出演が決定したという連絡がきた時は、たまたまおばあちゃんの家にいたんです。私のおじいちゃんもおばあちゃんも大河ドラマが大好きなので、出演が決まったことを伝えたら泣きながら喜んでくれて、本当に幸せだなと思いました。

――「いだてん」を視聴者として見ていた時は、どのような印象でしたか?

いつもの大河ドラマの雰囲気とは違いますし、笑いの要素が入っていたり、スポーツ界と落語という2つの世界を同時に描くなど、新鮮に感じていました。そして、もちろん面白いなと思っていました。

■ 女子がスポーツすることを珍しいと思ったことは一度もない

――今回、女子スポーツの先駆けとなった人物を演じてみて、現代の女性アスリートへの見え方が変わった部分はありましたか?

私の世代は、女子がスポーツすることを珍しいと思ったことは一度もないですし、足を見せてスポーツをすることは普通だと思っていました。「昔の人はどうだったんだろう」と考えたこともなかったんです。

今は、体育の授業中は普通に足を出していますし、当時は靴下を脱いで走っただけで大騒ぎになったということを知って、不思議に感じました。あんまり信じられないくらい、今では当たり前のことですよね。

現代の女子スポーツは発展していますが、そういうところをきっかけに発展していったんだなと思うと、本当にすごいドラマに出演させていただけたなと思います。

――梶原・村田ペアーは、スポーツ界のアイドル的な存在として人気になりますが、そういうシーンは撮影してみてどのように思いましたか?

最初は、あそこまでニコニコしてなかったんですけど、監督に「アイドル気分でやってみて」と言われたので、すごい手を振ってやってみました(笑)。

テニスウェアーも本当にかわいかったです。山本美月さんがあの衣装を見て「かわい過ぎる!」と言ってくださいました。

ポーズを決めて記者に撮影されるっていうシーンがあったんですけど、実は映ってないところに山本さんもいて、携帯電話で写真を撮ってたんです(笑)。

――テニスするシーンはいかがでしたか?

私、自分で運動神経がいいと思ってたんです(笑)。でも、私以外の竹早の3人がすごく運動神経が良くて。ダブルスを組んでいた黒島さんは何をやっても上手なので、「あれ?私球技が苦手なのかな…?」と思うくらい、予想外にできなかったです。

テニスはやったことがなかったので、特に難しかったです。ボールが柔らかくて、思いっきり打たないと飛ばないですし、ラケットも今のものよりちょっと小さいので、当たる範囲が小さくて思ったようにできなかったですね。

――やり投げも難しかったですか?

そうですね。結構重いですし、グサッと刺さるように投げるのは相当難しいんです。結構いっぱい練習したんですけど、刺さらなかったです(笑)。

一番最初に練習した時はあんまり飛ばなかったんですけど、30分くらい練習して、やっと飛ぶようになりました。

――役作りのために運動はしましたか?

体力をつけなきゃいけないと思って、ジムに通うようにしていました。それと、クラシックバレエも。3歳から16歳までやっていたんですけど、しばらくやっていなくて、この役のために何回かレッスンに行きました。

スポーツをする時に、素早い動きするというよりは優雅にやってほしいと監督に言われていたので、それにはバレエが役に立つかなと思ったんです。

――では、お嬢様という役柄を演じるためにはどのように役作りをしていきましたか?

昔の話し方をする役は初めてだったので、動画サイトとかを見て勉強しました。

「ごきげんよう」っていう言葉も言い慣れないので、最初はことば指導の方に「ぎこちないわよ」って言われてたんです。

だから、撮影中じゃない時もみんなで「ごきげんよう〜」って言いながら、スタジオの周りを歩いてました(笑)。

■ 「ごきげんよう〜」って言い合いました(笑)

――竹早の生徒役は、皆さんで仲良くされてたんですね。村田、溝口(松浦りょう)、白石(百瀬さつき)役の3人とは一緒のシーンが多かったと思いますが、どんな雰囲気でしたか?

最初はみんな人見知りしてたので、お互い探り探りな感じでした。

でも撮影が進むにつれてすごく仲良くなって、クランクアップした今は、定期的に会う仲になっています。

この間も、みんなで朝ご飯を食べに行ってから写真展に行ったんですけど、「ごきげんよう〜」って言い合いました(笑)。

――一緒にスポーツをしたからこそ、仲良くなれた部分もあるんですかね。

あると思います。

テニスでダブルスをお互いに組んでたので、「難しいね」って会話をしながら近づいていって、すごくできる子に「何かスポーツやってたんですか?」って聞いたり。

そうやって、仲良くなっていったような気がします。

――生徒の目線から見て、金栗四三さんってどんな先生ですか?

私の学生時代には、あんなにお茶目な先生はいなかったので、ああいう先生がいたら良かったなって思いました。先生のことを「パパ」って呼ぶくらいの信頼関係ってなかなか築けないですよね。

――勘九郎さんの印象はどうでしたか?

いらっしゃると現場が一気に明るくなる感じがある、本当に優しい方です。

最初にお会いした時から、役名ではなく「香那ちゃん」って呼んでくださったんです。お芝居でも勉強になることがすごくありました。

あと、脚がきれいなんです! 役の上でも「どうやったらこの脚になるの?」って言うシーンがあるんですけど、本当にきれいでした(笑)。

――では、金栗先生についていくようになる生徒たちの気持ちには共感しましたか?

すごく共感しました! 

竹早のみんなで話していたことなんですけど、自分の気持ちと役の気持ちが平行して進んでいっているような感覚があったんです。カメラの前以外でも、勘九郎さんと私たちの間にはドラマと同じような関係性があって。役を“演じている”という感じはあまりなかったです。

■ 勘九郎さんに駆け寄った時、感動して泣いてしまいました

――第23回では、教室に立てこもるシーンがありましたが、そのシーンを撮影した感想はいかがでしたか?

あのシーンは、動きの段取りを決めていったときは「できるのかな?」って思った部分もありました。でも撮影が始まったら、気持ちがヒートアップして、アドリブで動きを加えたりする部分もあったり、みんなで一致団結した撮影になりました。

(富江と大作の)かけっこ競争のシーンでは、応援することに夢中で、すごく寒い日だったんですけど、撮影中は忘れていて、カメラが止まった瞬間に「寒い…」ってなりました(笑)。

四三さんが解雇されないことになった時、「パパ〜」って言いながらみんなで勘九郎さんに駆け寄ったんですけど、その時、本当に泣いてる子もたくさんいて、私も感動して泣いてしまいました。

それは勘九郎さんが、カメラが周っていないときから優しくて、先生のようにいてくださるからだと思います。

実際の私には、そういう青春がなかったので、「なんかいいなぁ」って思いましたね。

これまでは男性の権力が強かった中で、女子が団結して強くなっていくっていうところは、見ていて共感していただける部分もあると思います。

――今後、また大河ドラマに出演するとしたら、どんな時代の人を演じてみたいですか?

日本髪のかつらを被ってみたいです!

樋口一葉さんの役を演じた際に一度被ったことがあるんですけど、それがお気に入りで(笑)。単純なんですけど、みんなに「似合う!」って言われたので、かつらを被って大河ドラマに出てみたいです。

――今回はかつらじゃなかったんですね。

今回の髪型は、地毛にエクステを足していたんです。監督が、すごく髪の毛の重さにこだわりがあって、エクステは2枚つけていたので、本当に重くて。

実際の写真を見たら、毛量がすごいんです。その毛量感も再現した髪型でした。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)