Do As Infinity・伴都美子が解散から再結成に至った心境を明かす 熊本での生活も

伴都美子がDo As Infinityの一時解散理由明かす 「もう無理と思って」

記事まとめ

  • 松岡昌宏・博多大吉・Do As Infinityの伴都美子が、テレビ東京系の番組に出演
  • 伴は、Do As Infinityを一時解散した理由について「もう無理と思って」などと明かした
  • ネット上では伴について「サバサバしていて素敵」「20周年ライブが楽しみ」などの声も

Do As Infinity・伴都美子が解散から再結成に至った心境を明かす 熊本での生活も

Do As Infinity・伴都美子が解散から再結成に至った心境を明かす 熊本での生活も

松岡昌宏、博多大吉の「二軒目どうする?」に伴都美子が出演

6月22 日(土)放送の「二軒目どうする?〜ツマミのハナシ〜」(テレビ東京系)で、松岡昌宏博多大吉、Do As Infinity・伴都美子が、東京・笹塚にある「さささのさ」へ。伴がDo As Infinityが一時解散した理由や、熊本での子育ての様子を明らかにした。

まずは「甘えびの醤油漬け」「自家製サツマアゲ」をアテにビールや焼酎で乾杯。「笹塚ボウル」に夜な夜な入り浸っていた時代があると語る伴は、まず姉御的な飲みっぷりを披露。子育てを考えて1年半前に地元・熊本に戻り、現在は仕事の度に上京。「熊本での子育ては最高です!」と語る。

いろんな出会いに恵まれ、最終的にはエイベックスの関係者の目に留まり、デビューに至ったそうだが、その際会社の上層部から「お前らの音楽よくわかんないから、任せるわ!」と言われたという。

次に一行は、「兎屋」へ。「すき焼きコロッケ」「イカ姿造り」をアテに酒パーリング(日本酒に炭酸を入れてくれる)で乾杯。熊本の大自然の中で子育てを満喫、「のびのび育ってほしい!」と語る伴。現在2人の息子は5歳と3歳半になり、公園で怪獣のように走り回っているという。

Do As Infinityは2005年に1度解散したものの、3年弱で再結成。解散理由は「私が『もう参りました』と思ってしまった」と伴。当時は「もう無理と思って、休止ではなく解散と言ってましたから」というほどの状況だったが、やはりもう一度歌いたくなったとのこと。伴が「お互い目まぐるしい中、必死だった」と当時の心境を語り、少しブレイクする時間が必要だったことを明かした。

ネット上では「昔からファンだけど、伴さんと飲みたいわ」「久々に見た伴様、すごくサバサバしていて素敵でした! 3ヵ月後の20周年ライブが楽しみ」などの声が集まった。

次回は6月29日(土)放送。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)