ゆりやんレトリィバァの“世界進出”に完全密着!「この舞台に、私、立つのね…」

ゆりやんレトリィバァの“世界進出”に完全密着!「この舞台に、私、立つのね…」

ゆりやんレトリィバァが6月26日(水)の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」に登場

6月26日(水)の「梅沢富美男のズバッと聞きます!」(フジテレビ系)で、ゆりやんレトリィバァがアメリカの人気オーディション番組「アメリカズ・ゴット・タレント」に出演した裏側を放送することが分かった。彼女の番組出演前から終了後まで完全独占密着していた様子がオンエアされる。

ゆりやんは「アメリカズ・ゴット・タレント」出演決定の連絡を受けた後、「梅ズバ」スタッフに報告。それを受け、番組スタッフがロサンゼルスに飛び、ローラースケート場で現地の若者とコミュニケーションを取るゆりやんの姿を捉えた。

日本語が通じる現地スタッフにも積極的に英語で話し掛けるなど、英語漬けにして自分を追い込むゆりやん。海外生活の経験のない彼女が、なぜ英語が堪能になったのかも明らかになる。

ゆりやんは「アメリカに憧れ、アメリカで芸人になりたい」と語るが、そのきっかけになったのは、映画「バック・トゥー・ザ・フューチャー」で見たマイケル・J・フォックスなんだそう。

そして番組では、ロサンゼルスでゆりやんと再会した人物をテレビ初取材。その人物こそ、ゆりやんの英語ネタの“モデル”となった女性だというが、果たして何者なのか。

■ 緊迫感ある本番前の姿も

「アメリカズ・ゴット・タレント」本番前日のゆりやんは、会場前で「オー・マイ・ゴッド。この舞台に、私、立つのね…」としみじみかみ締め、本番当日になると「舞台上でかまされるんちゃうかな、どきどきしてるー」と緊張を隠せない様子。

それもそのはず、いつ呼ばれるか分からないため、出演者たちは7時間前には現場入りしなくてはならない。

しかしゆりやんにとっては、その7時間こそが貴重だったそう。彼女はその7時間、一体何をしていたのか、本番直後のゆりやんの様子も公開される。

さらに、ゆりやんは「梅ズバ」のスタジオにも登場。

今回は4万人の中で225人だったというほど、この番組に出演できること自体が狭き門であり、梅沢富美男は「ゆりやん素晴らしかったよ! よくやったな! オーディションに受かること自体大変。涙が出るほどうれしかったよー」と感激の面持ちでねぎらう。

さらに梅沢らは「会場から客のリアルな反応はどうだったのか?」「ブーイングは?」そしてギャラやケータリング事情など、ゆりやんを質問攻めにする。

ほか、番組では「90年代ミリオンヒット歌手同窓会スペシャル!」と題し、一時代を築いた“小室ファミリー”の裏側や、マーク・パンサーがglobeの現在を激白。岡本真夜、永井真理子は自宅を公開する。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)