田原俊彦、“恩人”ジャニー喜多川社長との初対面秘話を告白「ユーなの?」

田原俊彦、“恩人”ジャニー喜多川社長との初対面秘話を告白「ユーなの?」

田原俊彦がデビュー秘話を明かした

6月23日放送の「サンデー・ジャポン」(TBS系)に、2019年にデビュー40周年を迎えた田原俊彦がゲストで登場。芸能界デビューのきっかけとなったジャニー喜多川社長との思い出を語った。

「東京2020オリンピック聖火ランナー募集スタート」の話題で、司会の爆笑問題・田中裕二が「トシちゃん、1984年のロスオリンピックの時、聖火ランナーやってるんですね」と話を振ると、田原は「僕が23歳くらいの時だったんですけど、ジャニーさんが走らせたいって言って」と明かす。

テリー伊藤が「あれどうするんですか? 持ってんですか? トーチ」と手を掲げて聞くと、田原は「一応あの…その当時は家宝にしようと思ったんだけど、今ちょっと行方不明で…(どこにあるか)分かんないですね」と申し訳なさそうな表情で答える。

加えて「(あれは)めっちゃ重かったの。今のカッコいいスタイリッシュな、こんな軽量じゃなくて、めっちゃ重かった。こんなんでね、走れないし」と当時聖火を持った時の印象を語った。

またデビュー40周年の話題で、田中が「そもそも自らジャニーズ事務所。当時ジャニーズ事務所って全然そんな有名じゃないですよね。トシちゃんが有名にさせたわけですから。マッチ(近藤真彦)とかトシちゃんと、よっちゃん(野村義男)がね。なんでジャニーズ事務所に行ったんですか?」と質問。

これに田原は「僕の大好きなフォーリーブスっていう、先輩にいるんですけど。男の子をやってる会社(芸能事務所)って(当時は)ジャニーズで。あの、履歴書送ってなんだかんだやると面倒くさいなーと思って、(事務所に)直接行って直談判して」と経緯を説明。

田中から「それでその時、ジャニーさんにいきなり会ったんでしょ?」と問われると、「たまたま会えたんです。夏休みに行ったら、たまたま秘書の方が声かけてくれて『何してるの僕?』って。で、『ジャニーさんに会いたいんです』って言ったら、たまたまウエスタンカーニバルをまだ日劇(日本劇場)でやってて、『そこにじゃあ行きなさい』って(秘書の方に)言われて。それで楽屋で(ジャニーさんと)擦れ違って、あの(ジャニーさんが)ロンドンブーツ履いて、ポクポクポクポクって」と振り返る。

それに田中が「ジャニーさんの顔ももちろん知らないわけでしょ?」と聞くと、田原は「そう(顔も)分からないから。で、『ユーなの?』って(秘書の方から連絡がいっていてジャニーさんから)言われて、『ハイ』って言ってそのままショーを見せてもらって、ランチごちそうになって。で、来週からレッスン来なさいって」とジャニー喜多川氏との出会いを語った。

「心に残ってるジャニーさんからの言葉ってどういうのがあるんですか?」と田中から聞かれると、田原は「ジャニーさんてなかなか褒めてくれないんですよ。でも一回だけ、10周年かなんかのステージの時に、『今日は完璧だった』。この言葉はうれしかったですね」と親指を立てて褒めてくれたことを明かした。

また田中から「マイケル・ジャクソンもほぼ最初に、まぁ取り入れたっていうか、ダンスをね」と聞かれると、田原は「そうですね僕、ジャクソン5のマイケルを見て、この世界に入ろうって決めましたから。それを(合宿所でオープンリールで)見せてくれたのもジャニーさんだったし。

マイケルが歌い踊っているのを見て、マイケルがスリラーの後ヒットした時は、チケットちゃんと取ってくれて、アメリカのカンザスまで見に行ったりとか。本当いろいろしてくれましたね」と、デビュー40周年を迎えた田原は、その恩人であるジャニー喜多川氏との思い出を語った。

次回の「サンデー・ジャポン」は6月30日(日)放送予定。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)