「青春高校3年C組」カズレーザー&バカリズムには話しかけづらい?

「青春高校3年C組」カズレーザー&バカリズムには話しかけづらい?

取材に応じた渡邉聖明、持田優奈、日比野芽奈、出口晴臣(写真左から)

秋元康が手掛ける生放送バラエティー「青春高校3年C組」(毎週月〜金昼5:30-5:55、テレビ東京)。

同番組に出演する生徒たちは、バラエティー番組やドラマ「俺のスカート、どこ行った?」(日本テレビ系)に出演するなど活躍の場を広げ、現在は“1万人動員達成でCDデビュー”を目標に、ライブ公演を開催中。アイドル部や、軽音部などのユニットがパフォーマンスを行っている。

今回、「ザテレビジョン」では生徒の日比野芽奈、持田優奈、出口晴臣、渡邉聖明にインタビューを実施。

これまでの公演を振り返ってもらったほか、千鳥や三四郎ら担任を務める芸人との共演エピソードなどを聞いた。

■ 日々変化するライブパフォーマンスに苦戦も

――4月から東京・新宿アルタ KeyStudioで行ってきた劇場公演を、5月末からはテレビ東京のスタジオで行っているんですよね。

日比野:アルタの公演ではたくさん得られるものがあり、濃い時間を過ごさせていただきましたので、テレ東のスタジオに移動すると決まったときは寂しい気持ちもありました。これまでの経験を生かしてスタジオ公演も、自分たちで良いものを作り上げていきたいです。

渡邉:アルタより、テレ東のスタジオの方が広いので、その広さをどう使うかがポイントかなと。スペースがきちんと使えていないと、力強さが足りなくなってしまうので、演出方法を考えないといけないと感じます。

出口:スタジオだと、お客さんと目線の高さが同じなので、ダンスの細かいズレにも気を付け、僕らのクオリティーをあげていかないといけないです。

――毎日出演者が違うため、立ち位置も日々変化すると思います。練習はどのようなスケジュールでしているんですか?

持田:番組の生放送が始まる前に、その日の公演のリハーサルをしています。放送が終わった後にも確認して、本番という流れです。

出口:実際に学校に通っているメンバーもいるので、練習の時間を合わせることが難しい人もいて、ぶっつけ本番の時もあります。その日その日でフォーメーションが異なるので、対応力は大事になってきます。

――これまでのライブで起こったトラブルは?

出口:僕と持田がMCをしている時、軽音部のギターのコードがないことが発覚しました。裏に取りにいっている間、MCの僕たちでその“間”をつなぐことになったんですけど、何も思いつかなくて大変でした…。アルタとは違い、テレ東だとそのスタジオで別の生放送番組があるので、終わりの時間が決まっていて(時間が)押せないんです(笑)。

■ 千鳥の大悟が生徒のライブを見て感動も!?

――千鳥やメイプル超合金ら担任の先生方は、皆さんのパフォーマンスについてはなんと?

日比野:プライベートで(中井)りか先生や、ノブナガの岩永(達彦)さんはアルタの公演に来てくださいました。

出口:あと、三四郎の相田(周二)さんも!柴田(英嗣)さんは、2回程アルタの劇場に来てくださったんです。また、劇場公演ではないですが、中野サンプラザで行ったウィンターライブ(2018年12月)では、千鳥の大悟さんが僕たちのパフォーマンスに感動してくださっていたみたいでうれしかったです。

渡邉:3月のスプリングライブでは、客席で日村(勇紀)さんと飯塚(悟志)さんが、踊ってくださっていたことも感激しました。

――励みにもなるし、うれしいことですね。

日比野:今でも夢なんじゃないかと思うくらいです。これまでテレビで見ていた人に自分の名前を呼んでもらったりして。

持田:柴田さんは、生放送が始まる前に私たち生徒の方に来て「今日もがんばろうな、青春しような!」と話しかけてくださるんです。

出口:カズレーザーさんとバカリズムさんは、まだ俺の方から話しかけられないわ(笑)。

一同:分かるかも(笑)。

――もし、悩みを相談するとしたらどの先生ですか?

出口:僕は憧れの大悟さんか相田さんかな。

日比野:柴田さんです。漫才部で、とても親身になって指導してくださります。もちろん注意されることもありますが、でも絶対に暗い空気を作り出さないんです。少し空気悪くなったら、ふざけて笑わせてくれたりするので、悩みを楽しく解決してくれそうです。

渡邉:僕は、どんな相談をしても優しく返してくれそうな日村さんかな。

持田:私も日村さんかな〜。

■ 自分を客観的に見るように

――毎日の生放送や、これまでのイベントで身に付いたスキルは?

日比野:入った時はうまく話せず、一問一答になってしまっていたのですが、公演でMCをやったりしてトークは成長したかなと思います。

持田:最初のうちは恥ずかしくてできなかった企画にも、照れずに挑戦できるようになりました。

渡邉:僕はこれまでやりたいことが見つからなかったけど、周りの生徒からの刺激を受けて「自分もこれやってみたい!」と思うようになり、それに向けて努力するようになりました。

出口:岩永さんに言われて意識するようになったんですけど、自分を客観的に見るようになりました。放送を見返して「自分ってこういうふうに映っているんだ」「血色わるいな、髪型似合ってないな」とか言い方、声量なども意識して過ごすようになりました。

――現在イベントの動員数1万人を目指している中、残り5000人程とCDデビューが近づいてきています。意気込みなど教えてください。

日比野:最初、1万人という目標が大きすぎて想像ができなかったです。まだ「自分たちがCDデビュー?」という不安もあります。

持田:私は逆に、あっという間に残り5000人程になった気がします。実感がまだないですが、達成できるように毎回の公演をしっかりやっていきたいです。

渡邉:ただ達成に向けて、回数をこなすのではなくて、来てくださる1人1人と楽しい時間を共有できるように、大切にパフォーマンスしていきたいです。

出口:1年目はこの夢みたいな環境を楽しんでいたのですが、今は「青春高校」を続けていくため、もっといろんな人に見てもらうため、CDデビューしたいし、頑張らないといけないなと思います。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)