<初耳学>林修 独自の「フレンチダイエット」でスリムになった過去

<初耳学>林修 独自の「フレンチダイエット」でスリムになった過去

林修と“初耳コンシェルジュ”役の大政絢

6月23日放送の「林先生の初耳学」(TBS系)で林修がフランス料理の歴史を即興解説してみせ、スタジオゲスト陣や視聴者から喝采を受ける一幕があった。

この日は、最新の外食トレンドとして“定額制グルメ”を紹介。月額3万円でフランス料理のコースが食べ放題になるサービスに絡め、「フランス料理は失業者が広めた」という言葉を解説する問題が出題された。

この問題にあっさり“知ってた”ボタンを押した林。「もともとフランスの料理の水準は非常に低かったということはご存じですか?」と自信たっぷりに話し始めた。

■ フランスの料理は美味しくなかった!?

林の解説によると、16世紀中ごろまで“食の先進国”といえばメディチ家が隆盛を誇っていたイタリアで、同じ頃フランスで食べられていた料理は現在とはまったく違ったものだった。

その後、メディチ家出身のカトリーヌ・ド・メディシスがフランス国王・アンリ2世に嫁いだことでイタリア料理がフランスに伝わり、現在のフランス料理のもとになる料理へと発展していったという。

「ところが、1789年のフランス革命で王様や貴族たちが追い出され、そこで料理を作っていたすごい技術を持った料理人たちが一瞬にして失業者になりました。その人たちが街に出て料理屋を始め、それがフランス料理の発展に大きくつながったんです」

即興で解説してみせた林に、スタジオゲスト陣からは「へぇー!」「そうなんだ!」「鮮やか!」「これはお見事!」の声が上がった。

■ 3カ月の「フレンチダイエット」でげっそり!?

世界史担当でもないのに、何の準備もなく世界史を絡めてすらすらとフランス料理の歴史を解説した林。なぜそんなことができたのか、その理由は林の大学時代にあった。

林の東京大学入学時の体重は約100Kg。ダイエットを決意した林青年は1日1回、昼食にフレンチを食べ、それ以外は何も食べない“フレンチダイエット”を実践したという。

出題への解答よりも先にその“フレンチダイエット”エピソードを披露し「3カ月でげっそり痩せました。まぁ運動もしましたけどね。ですからフレンチは僕の細胞の奥深くまで入り込んでいる料理と言っていいので、歴史についてもある程度勉強しております」と明かした林。だが、解説を期待していたスタジオゲストらからは「(エピソードより)答えをお願いします」(澤部佑)、「答えかと思った」(立川志らく)と不評だった。

フランス料理の歴史を鮮やかに解説してみせたあとも、ゲスト陣から「前半のフレンチダイエットの件はもういいですよね?バッサリ…」(澤部佑)、「放送したいのよ、マクラですもんね」(田村淳)、「あそこが泣けるんだから」(立川志らく)などとイジられ、苦笑いを浮かべていた。

ともあれ林による完璧なフランス料理史解説には、SNSでも「さすが林先生!」「あれだけの説明を何も見ないでできるのはすごい」といった反響が寄せられたほか、「林先生が解説していたフランスとイタリアの歴史、ちょうど今やってたところだ!」という喜びの声も上がっている。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)