小島瑠璃子がカリスマホスト・ROLANDにお酒を差し入れ!?「会ってみたい」「2次元の世界の方」と熱視線

小島瑠璃子がカリスマホスト・ROLANDにお酒を差し入れ!?「会ってみたい」「2次元の世界の方」と熱視線

イベントに登壇した桐谷健太、小島瑠璃子

キリンビール主催イベント「キリン のどごし<生>夏の開幕式〜いざ!ゴクゴクうまい。〜」が6月25日に都内で行われ、CMキャラクターを務める桐谷健太、小島瑠璃子が出席した。

夏らしい衣装を着て登壇した2人。背中に「祭」の文字が描かれた法被を着た桐谷は「浴衣に法被を着て、どんだけ夏好きやねんって感じなんですけど、お祭り男として今日は楽しみたいです」と語り、さらに小島の衣装に対して「すてきですよ、めちゃくちゃ」と感想を。すると小島は「黄色に白(の浴衣)で“のどごし”カラーです。気持ちが上がります。夏が来たなって感じます」と笑顔を見せた。

その後、2人でキンキンに冷えた「のどごし<生>」が積まれたトラックのお披露目に。覆われた布を2人で一斉に引こうとすると、一度目はタイミングが合わずに小島が焦る一幕があったものの、二度目でトラックの荷台に積まれた氷とのどごし<生>がお目見え。「すごい」「何人分?」などと興奮する中、桐谷が「飲みますか?」と冗談めかして切り出した。

そして商品を手にした2人は、夏の開幕宣言と、今夏の目標を叫ぶことに。

2人は「宣誓!僕たち私たちは、のどごし<生>精神にのっとり、正々堂々全力を出し切って。このキンキンに冷えたのどごし<生>で、令和初の夏をゴクゴク元気にすることをここに誓います。のどごし<生>、乾杯!」とせりふを分け合って宣誓した。

続いて桐谷は「令和最初の夏はキャンプで乾杯するぜ!」、小島は「家族と一緒にグランピングで乾杯するぞ!」とこの夏の目標もそれぞれ叫んで、商品をゴクリと流し込んだ。小島は「昼間、夏、晴れ、仕事中。すべてがおいしくさせます」と、その味わいを解説していた。

掲げた夏の目標について、最近キャンプにはまり、その腕が上達中という桐谷は「自然のある場所で、のどごし<生>をクッと行ければ。気の合う仲間と行って、夜、たき火を囲んで語り合いたいです。たき火が最高なんです」と力説。小島が「いいですね」と言うと、「絶対、行きます!」と力強く言い切った。

一方の小島も桐谷と同様にアウトドアな目標で、家族からグランピングを提案されて、すでに計画中とのこと。「のどごし<生>を持っていきたい」と近づく夏に思いをはせていた。

ここで話題はCMの制作エピソードに。

『キンキンの差し入れ 桐谷健太』篇に出演する桐谷は、夏祭りのシチュエーションでの撮影とあって、「みんなでお祭り気分で乾杯できて、のどごし<生>が一段とおいしかったです」と感想を語った。

しかし、「暑い中で撮影したいということで、映っていないんですけど、ストーブを4台置いて、みんな本当の汗をかいて飲んでるんです」と過酷な撮影環境だったことを告白して、小島を驚かせた。「僕もその方がありがたかったです」と、桐谷も満足の行く撮影ができたようだ。

小島は『キンキンの差し入れ 小島瑠璃子』篇に出演し、海を舞台とした撮影に臨んだ。「海で潮風に当たりながら飲むと格段においしいと思うので、皆さんも海で飲んでもらいたいです。夏が来るなと撮影しながら感じてました」とPRすれば、桐谷も「皆さんもお祭りや海などで、ぜひ、のどごし<生>をゴクゴク、おいしく飲んでください!」と続いた。

2人のプライベートな一面に迫っていく話題では、小島が最近のエピソードを披露。「この前、のどごし<生>を飲んで最高だったのは、母が実家で畑をやっていて。夏が来ると、野菜が一斉に取れ始めるんです。タマネギのステーキなどを作ってくれて。実家の取れたて野菜と、のどごし<生>が最高でした」と告白した。

また、桐谷が撮影現場では共演者とよく談笑していると明かすと、小島が「イメージ通りですね。ムードメーカーって感じ。学級委員長でしたか?」と質問すると、「え!?学級委員長に見える?風紀委員とかやってた」と桐谷。「みんなを引っ張ってまとめてくれそうですよ」と語る小島に、桐谷は「そのイメージはそのまま置いといてください」と持ち上げ上手の小島にまんざらでもない様子。

「のどごし<生>をお薦めしたい人は?」という質問では、小島が「私、ちょっと思いついちゃったんです」と切り出す。

「お酒を詳しい方が『おいしい』と言ってくれたほうが説得力があるんじゃないかなと思うんです。いま話題の方でROLAND(ローランド)さんに飲んでもらえたらいいのかなって。お店では飲まないらしいんですけど、すごくお強いらしいので、ROLANDさんに差し入れしに行きたいですね」とテレビでも話題のカリスマホストの名前を挙げた。さらに「単純に会ってみたいというのもあります。もう2次元の世界の方じゃないですか」と熱を込めて語った。

それに対して桐谷が「すごい。面白そう。その様子、ぜひ見たい」と反応すると、小島も「公開できるように頑張ります」とますます乗り気になっていた。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)