眞島秀和&岸井ゆきの共演舞台「月の獣」ビジュアル&公演情報解禁

眞島秀和&岸井ゆきの共演舞台「月の獣」ビジュアル&公演情報解禁

アルメニア人夫婦を演じる眞島秀和と岸井ゆきの

12月7日(土)から23日(月)に、東京・紀伊國屋ホールにて上演される舞台「月の獣(Beast on the Moon)」のビジュアル写真と公演情報が解禁された。

本作は、第一次世界大戦時のオスマン帝国(現・トルコ)による「アルメニア人虐殺」から生き延び、アメリカに渡った若きアルメニア人夫婦の物語。

時代、国、民族、社会など状況は変われども、触れ合い、つながり、絆に飢えて愛を渇望する人の姿は変わらない。

お互いの苦しい過去を受け入れ、真の夫婦、そして家族になっていく人間の本質を描く。

実話に基づいたこの4人芝居は、1995年の初演から今日まで19カ国語に翻訳、20か国以上で上演。2001年にはフランス演劇界で最も権威ある「モリエール賞」を受賞した。

日本での初演は2015年。その際にも演出を手掛けた日本を代表する演出家・栗山民也が再び担当する。

また映画、ドラマ、舞台と幅広いフィールドで活躍する眞島秀和と、公開中の映画「愛がなんだ」も話題を呼んでいる実力派女優・岸井ゆきのをはじめ、力強く魅力的な出演者とタッグを組む 。

今回、出演者の2人、眞島と岸井のコメントが到着した。

■ 眞島秀和コメント

今回、アメリカに亡命したアルメニア人・アラムを演じます。共演する岸井さんとは以前ドラマで共演しているのですが、とても魅力的な女優さんです。

今回の共演もとても楽しみにしています。演出の栗山さんとは今年2月に出演した舞台「チャイメリカ」で初めてご一緒させていただき、とにかく演出のスピード感になれるまで大変でした。

出演者が少ない舞台で、こんなにせりふのボリュームが多い役をやらせていただくのは初めてとなりますので、自分の中で一つの節目になる大切な作品になると思っています。

■ 岸井ゆきのコメント

私は眞島さん演じるアラムの妻・セタを演じます。眞島さんはお芝居に対してとても誠実で、ユーモアのある面白い方です。

以前ドラマで共演した際、撮影中と休憩時間との切り替えがすごくカッコイイなぁと思っていました。 栗山さんの演出は初めてになります。

分からないことを具体的に考えられるくらい、まず台本をしっかり読んで稽古に臨みたいです。戦争、宗教…言葉にすると少し難しい題材かもしれないですけど、お客さんにきちんと伝えられるように栗山さんと4人の出演者で頑張っていきますので、ぜひ見に来ていただきたいと思います。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)