小池栄子、結婚生活やご近所付き合いを明かす「犬が幸せを呼び込んでくれた」<インタビュー後編>

小池栄子、結婚生活やご近所付き合いを明かす「犬が幸せを呼び込んでくれた」<インタビュー後編>

シングルマザー・晴美を演じる小池栄子

7月4日(木)にスタートするドラマ「わたし旦那をシェアしてた」(毎週木曜夜11:59-0:54、日本テレビ系)で、主演を務める小池栄子にインタビューを行った。

本作は、同じ男性を愛した3人のシングルマザーが愛と欲望のために戦いながら「愛した夫」が残した謎とうそに巻き込まれていく“ファイティングミステリー”。

小池が演じるのは、12歳の娘を育てる38歳のキャリアウーマン・森下晴美。ある日晴美は警察から、夫が殺されたという連絡を受ける。病院へ駆け付けると「自分こそが妻だ」と名乗る2人の女性、42歳の加奈子(りょう)と、27歳の茜(岡本玲)に遭遇する。

晴美が夫だと思っていた男性は、自分以外にも2人の女性と事実婚の関係を結んでいたということが判明。晴美ら3人はいずれも、子どもを育てながら働いていた。

亡き夫の遺言により、3人は“シングルマザー専用シェアハウス”に導かれる。さらに夫は「愛する“たった一人の妻”に3億円を渡します」という遺言も残していた…というところから物語は始まっていく。

「ザテレビジョン」では、主演を務める小池に取材を実施。ロングインタビュー後編では、共演者の印象や、小池自身の私生活について話を聞いた。

■ 犬が幸せを呼び込んでくれた

――主演ということでせりふ量も多いと思いますが、台本を覚えるコツはありますか?

ひたすら声に出してみることです。いろんな感情でとにかく喋ってみる。何回も何回も喋っていると、句読点の位置で感情が変わって見えるので、楽しみながらいろいろ試しています。

舞台だと1カ月くらい稽古の期間があって、本番を含めたら2カ月も3カ月もあるんですけど、もう千秋楽が近いって時に初めて気付くせりふの意味とかもあるんですよ。この感覚を、ドラマというタイトなタイムスケジュールの中で発見したいなって思います。

――“知らない女性たちとシェアハウス”で暮らすという設定は、ストレスがたまりそうですが、小池さん自身のストレス解消法はありますか?

料理ですね!料理はすごく苦手だったんですけど、料理動画アプリのおかげでものすごくするようになりました。あと、近所に大好きな八百屋さんを見つけたんです。その八百屋さんと仲良くなって、店員さんが「こういう食べ方がいいよ」とか、「今日はこういうの入ってるよ」っていうのを犬の散歩をしている時に教えてくれるんです。

以前はうちの主人、私の料理をあんまり好きじゃなかったんですよ。作っても「おいしくない」って言うし、一口食べて「もう要らない」とか言っていた人が、ここの野菜料理は大好きって言ってくれる。

犬を飼い始めたこともあって、外出せずに家でご飯を食べることが増えて、家に誰かを呼んでご飯を食べる機会が増えましたね。だから、大好きな音楽を流しながら料理を作るっていうのが今すごく楽しい。

犬のおかげでご近所付き合いがすごく増えて、お裾分けとかももらいます。それがすごくうれしくて、助かってます!犬のおかげで交友関係が広がって、いっぱい幸せを呼び込んでくれたなぁと思います。

■ 得意料理はハンバーグ!

――小池さんの得意料理は?

初めて主人に褒められたのはハンバーグ。料理1年目みたいなことを言うんですけど、それくらい以前は料理が苦手で…。主人はハンバーグと肉じゃがが好きです。あと、この前はスペアリブを頑張って作ってみました。

あとは、お気に入りの八百屋さんの野菜は、生でもおいしいから、もろみみそを塗ったりとか、焼くだけだったりとかでも十分おいしいです。

――家事のこだわりはありますか?

洗い物を他人にされるのがダメってことに、この前気付いたんですよね!家に遊びに来てくれたお友達は「洗ってくよ!」とか言ってくれるんだけど、その瞬間気持ちがザワザワする。

自分がやらないと気持ち悪いんですよね。洗い直したくなる。自分でキュキュってするのを感じたい。洗ったものの置き方とかも自分のこだわりがあるから。

基本的に家事は、人にやられたくないです。タオルが違う位置に入っていたりとか、違う入れ方とかされたりすると「イーッ!」ってなる。丁寧にやっている訳じゃないんだけど、自分のペースが崩れるんですよね。

■ オシャレなドラマになりそう

――今回の共演者で、他の作品などで共演したことある方はいますか?

平山(浩行)さん、りょうさん、絡みはないけど(渡辺)真起子さん。(夏木)マリさんはお母さん役をしていただいたことがありますね。

平山さんは、キーパーソンなので楽しみです。平山さんを中心に始まっている話だから。それぞれの女性とどういうふうに愛し合っていたかっていう、その使い分けが気になっています。(私自身は)夫婦とかカップルを応援する役、けしかける役とかが多くて、主体となる恋人とか妻ってあんまり経験がないので、自分も妻役ができるのは新鮮です。

りょうさんも、「ナオミ」(1999年、フジテレビ系)で生徒役と先生っていうのでお会いした以来なんですけど、ホント変わりなくおきれいで、ポスター撮影で会った時もとてもチャーミングでした。

マリさんは、いてくれるとドラマが締まるし、説得力がありますよね。奇抜な格好をしてぶっとんだ役をされることもあれば、すごくまっとうなお母さんもできますし、振り幅がすごいなぁと思います。

女性陣を見ていると、オシャレなドラマになりそうですね。それに衣装も超かっこいいんですよ!衣装もメークも自分が着たいなとか好きだなとか思うだけで、やる気が出ますね。よくあるスーツとかじゃなくて、色とか形をすごく遊んでくださっている。視聴者の方が「これ着たいなぁ」とか、「どこで売ってるの?」って思ってもらえるような衣装になると思います。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)