玄理、デートでバーはNG?「まどろみバーメイド」会見に木竜麻生、八木アリサら出席

玄理、デートでバーはNG?「まどろみバーメイド」会見に木竜麻生、八木アリサら出席

「まどろみバーメイド〜屋台バーで最高の一杯を。〜」記者会見に登壇した八木アリサ、木竜麻生、玄理(左から)

7月13日(土)よりスタートの「真夜中ドラマ『まどろみバーメイド〜屋台バーで最高の一杯を。〜』」(毎週土曜夜0:00-0:30ほか、BSテレ東ほか)の会見が行われ、木竜麻生、玄理、八木アリサが出席した。

同ドラマは、早川パオの漫画「まどろみバーメイド」が原作。月夜に現れてふと消える屋台バーを営む天才バーテンダー・雪(木竜)と先輩バーテンダー・騎帆(玄理)、日代子(八木)の成長を描く。

ドラマの撮影が始まる前の1カ月間、3人は東京・渋谷の「石の華」オーナーで世界的バーテンダーの石垣忍氏の元で修行をしたという。木竜は「石垣さんは、全部の所作を軽やかにされるんですが、実際にやってみると一つ一つ難しくて。ボトルを取るアクションや、リキュールを注ぐアクションなど、お客さまからどう美しく見えるかを丁寧に教えていただきました。あと、シェイクするときは重心を下に落として、体がぶれないようにすることも苦労しました」と練習の様子を振り返った。

そして、フレアバーテンダーを演じる八木は、「富田晶子さんというフレアバーテンダーの方に弟子入りさせていただきました。YouTubeで富田さんのパフォーマンスを見ていて、私にできるのかとおびえました(笑)。でもなんとか形になったと思うので、ぜひ注目してください」とアピール。

■ マイクロブタが登場!

また、会見には作中に登場するマイクロブタのバンブーも駆けつけた。木竜は「一度にたくさんの撮影をこなしてくれて、大変優秀な役者さんでした」と絶賛。玄理も「本当にいい子でした。しっぽもかわいい。目黒にあるマイクロブタのカフェを予約しようとしたら、1カ月先までいっぱいでした」とメロメロになった様子。

最後に、ドラマの見どころについて木竜は、「カクテルを分からない人にも楽しんで見ていただけるんじゃないかと思います」とコメント。

玄理は「私、デートとかでバーに連れて行かれるのが嫌で、これまでバーに行くことがあまりなくて(笑)。しっとりした空気とか、バーテンダーに話聞こえるのとか。でも今回このドラマを通じて、カクテルやバーに対する考え方が変わりました。女性一人で行かれる方って少ないのかもしれないですが、身近なものになったらいいなと思います」と呼びかけた。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)