明石家さんまが思わずポロリ「ああ、あれパパ活かぁ…」

明石家さんまが思わずポロリ「ああ、あれパパ活かぁ…」

明石家さんまがパパ活について言及した

6月26日に放送された「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)に、千原ジュニア、藤本美貴がゲスト出演。便利が生んだ最新トラブルについて学んだところ、とんでもないエピソードが飛び出した。

科学の進歩によって便利な商品やサービスが気軽に利用できる昨今、その利便性の高さから生じた新たなトラブルを評論家陣が紹介。新幹線の新規開通などで全国の移動が楽になったため、日帰り出張が増えて地方都市の歓楽街が寂れつつある。新札発行に合わせてキャッシュレス化とATM縮減が進められており、銀行難民と化す高齢者が増えている。他人が投稿した誹謗中傷をTwitterでリツイートしただけで、裁判で名誉棄損になった判例がある。辞書や計算機代わりにAIスピーカーを利用し、宿題を済ませてしまう小学生が増えている…など、思いもよらぬトラブルが次々に紹介された。

そんな中、マーケティング評論家・牛窪恵氏がパパ活動・ママ活動に言及したところ、「ああ、あれパパ活かぁ…」と司会の明石家さんまがポロリ。パパ活・ママ活とは、肉体関係を伴わないデートの対価として経済的支援をする交際スタイルのこと。条件などを登録して簡単に相手を探せるマッチングアプリの普及により急速に広まり、トラブルも多発しているのだが、牛窪氏は今回、支援金額が年間110万円以上の場合は贈与税の対象になる点を指摘。支援者が税務署へ申告しても、支援を受けた人物が申告していなければ脱税を問われて追徴課税となる場合もあると説明した。

これを聞いたさんまは、100万円以上の高額なバッグをプレゼントした場合を例に挙げ、それも贈与税の対象になることを確認。「俺が一生懸命働いたお金やしやなぁ。その女の子も喜んでんねんやからなぁ。それをなにが…!」とさんまは語気を荒げたが、小杉竜一が「何があったんですか!(笑)。堪忍してもらいましょう」と割り込んで笑いに転化させて番組は終了。

放送終了後のSNS上でも、パパ活・ママ活への厳しいコメントが多々上がっていた。

次回の「ホンマでっか!?TV」は7月3日(水)放送。深田恭子、渡部建、EXIT(りんたろー。、兼近大樹)、山崎育三郎、山本舞香、ほいけんたらが出演し、明石家さんまの誕生日を祝う予定。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)