湯川玲菜&安倍乙(劇団4ドル50セント) 現実と虚構が入り交じる生配信ドラマの裏側を語る!

湯川玲菜&安倍乙(劇団4ドル50セント) 現実と虚構が入り交じる生配信ドラマの裏側を語る!

劇団4ドル50セントの湯川玲菜(右)、安倍乙(左)を直撃!

秋元 康プロデュースの劇団4ドル50セントが出演するLINE LIVEスマホドラマ「あなたがいなくて僕たちは」。LINE LIVE史上初の“連続生配信ドラマ”であり、劇団の7月公演につながる同作は、初回配信に臨んでいたメンバーの元に、劇団のこれまでの公演で脚本・演出を担ってきた丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)死去の一報が届けられる…という衝撃的な内容のフェイクドキュメンタリー。

劇団の“育ての親”を失った彼らは、自分たちの手で全6回の配信をやり遂げることに。コント風、歌番組風、ロケバラエティー風と回ごとに全く違うテイストの配信を重ねてきたが、第5話のラストでメンバーの湯川玲菜が、「私は丸尾さんが本当は死んでいないことを知っている」と発言したことで様相が一変する。第6話では、湯川と同じ違和感を持っていた安倍乙が湯川に接触。ドラマを演じていたはずのメンバーが、いつの間にか「丸尾丸一郎が死んだ世界を生きている」ことが明らかになり、劇場版へとつながるストーリーが展開した。

そんな第6話生配信直後の湯川と安倍にインタビューを敢行。配信の裏側や劇場版への思いを語ってもらった。公開中の過去配信や、6月28日(金)にLINE LIVEにて配信される特別編と共にチェックして、ぜひ劇場版に足を運んでほしい。

■ “フィクション”のはずが“事実”に…? 衝撃の展開に驚き

――まずは、第6話配信お疲れ様でした。衝撃的な展開に視聴者も驚いていたようでした。お2人は台本を読んだとき、どのように感じましたか?

湯川玲菜:実は台本を正式にもらったのが2日前だったのですが、想像もしていない展開になっていたのでびっくりしました。こういったお話の流れって丸尾さんの作品ではなかったので(編集部注:今作の脚本・演出は劇団「悪い芝居」代表の山崎彬)。だから、ちょっと楽しみだなとも思いました。

安倍乙:私も「いきなりファンタジーになったなー!」という感じでした。私と國森桜には、最後に驚きの展開もあって…。私たち2人は7月公演に出演しないメンバーなので、そこをうまく使ってもらったなと思いました。

今回は湯川とのお芝居が多い回だったのですが、湯川は悲しい顔がすごく似合う女優さんだと思っていて。(一人悩んでいるため)話の冒頭から暗い表情をし続けるじゃないですか。その顔を見て、自分も気持ちが入りやすかったですし、主人公が湯川玲菜で良かったなと思いました。

湯川:すごく褒めていただきました(笑)。

――湯川さんは自分のセリフからのスタートでしたが、緊張はありましたか?

湯川:緊張はありましたね…(笑)。やっぱり頭は大事じゃないですか。私なりにしっかり伝えたいと思うと、余計に緊張する部分はあったのですが、「頑張らないと」と思って。程良い緊張感だったと思います。

――安倍さんは、一人葛藤していた湯川さんに寄り添う、第6話のキーマンと言えるキャラクターでした。2人の場面は演じてみていかがでしたか?

安倍:(湯川以外のメンバーの前では、丸尾の死がフィクションだと知っていることを隠していたため)“知っていて知らないふりをする”シーンが難しくて悩みどころでした。分かりやすいポーカーフェイスを作ると、見る方が「演技しているな」と感じてしまうので、そこはシーンを再現しながら、山崎さんの指導を受けながら練習しました。10回くらいしましたね(笑)。

■ “スマホサイズ”で計算された立ち位置やダンス

――先程も台本が2日前に出来たという話がありましたが、そういったリハーサルはどのようなスケジュールで行っているのですか?

湯川:台本が来た日は、とりあえずみんなで読んで、出来る限りで立ち位置を決めます。でも、(実際に配信する)この場に来ないと分からないことも多くて。今回で言うと、昨日ここに来たのですが、昨日はカメラマンさんの確認がメインで、私たちのリハーサルとしては今日のお昼からですね。生配信の中で部屋を移動して場面転換に備えたりするので、その時間を考えて、ここのせりふを少し長くしようとか、細かい所の確認はギリギリまでしています。

毎回、カメラの位置や角度も違うので、立ち位置はリハーサルで細かく確認していますね。時間のない中で、その場で瞬時に覚えて…というのもいい経験でした。

安倍:今までは舞台を広く使ってきたので、カメラにどう映るようにしたらいいかというのは難しかったですね。毎回楽曲を披露しているのですが、ダンスもスマホの縦画面に入るような新しい振りを振付師さんが考えてくれて、覚えるために頑張って練習しました。

――演技面ではどんなところに違いを感じますか?

安倍:舞台でのお芝居しかあまり経験がなかったので、今回、映像の抑えたお芝居に挑戦したのが違いですね。正直、これまでやってきたことは“別物”という感覚です。いかにリアルに見えるか、視聴者の方々に想像させられるかが大事になってくるので、そのためにはどうしたらいいかなと試行錯誤しました

湯川:演出家の方が違うだけで演じ方も違いますね。特に今回の作品は、役名は自分の名前で、リアルのように演じなくてはいけないけど、内容はあくまでもフィクション。全部リアルに演技してしまうと視聴者の方に伝わらない部分もあるから、リアルとフィクションの境目を作っていくのが、すごく難しいなと感じました。

■ そして劇場へ…2人が作品への思いを語る!

――最終話となる第6話まで演じてみて、手応えはありましたか?

湯川:劇中で丸尾さんや劇団について語っている場面は、脚本の山崎さんが、私たちから直接聞いた言葉をそのまま台本に落とし込んでくれている部分も多くて。メンバー同士、初めて伝えられたことも多かったのかなと思います。本当なのか嘘なのか…という作品ですが、そういった部分はかなりリアルなので、いいシーンになったかなと思います。

安倍:私も、手応えというよりは、劇団としての協調性がより深まったなという気がします。話のストーリーや劇団に対して思っていることもリアルで、実際に演じることであらためて「劇団っていいな」って思いました。7月の劇場版に出られないのが悲しいですし、もっと皆と演じたかったです。

ただ、見てくれた方の数でいうと今回3万8863人(最高は4万6958人※いずれも6月26日現在)ということで、それって、さいたまスーパーアリーナを埋められる人数らしいんですね。その規模の人が見てくれたと考えたらうれしいし、そういう大きなステージに立てる可能性もあるなって思いました。

湯川:希望が出てきたね!

――これまでの配信回、お2人が気に入っている回やシーンはありますか?

安倍:第2話が、(死んでしまった丸尾を捜しに)うえきやサトシと隅田杏花が霊界に行くというストーリーだったんですね。見た目はヤンキーっぽいのにめちゃくちゃ怖がるうえきやと、平静を装うけど実は怖がっている杏花ちゃんがカップルにしか見えなくて…(笑)。第5話、第6話はシリアスでしたが、「こういうコミカルな回もあるんだな」というふうに見てほしいです。

湯川:私は今回(第6話)ですね。これまでよりもメッセージ性が強くて、舞台にもつながる回で魅力的に感じました!

――次回の特別編は、劇場版を控える稽古場から生配信。7月3日(水)からは東京・原宿駅前ステージで「−劇場版−あなたがいなくて僕たちは」の公演がスタートします。舞台への意気込みと「こんな話になるといいな」という希望があれば教えてください。

湯川:私たちのこれまでの舞台は「皆で頑張ろう!」というきれいな終わり方が多かったのですが、今回みんなといろいろ話して、「みんながみんな、同じ気持ちにならなくてもいいんじゃないか」って思ったんです。目標は一緒でも、一人一人それぞれの思いがあっていいんじゃないかって。

この作品のタイトルは「あなたがいなくて僕たちは」ですが、「あなた」が誰を指すのか、「僕」が誰を指すのか、私たちも自分なりの解釈を持って演じたいですし、見てくれる方にもそれぞれ考えてもらえる作品になったらと思います。

――最後にお2人個人のお話も伺います。今後の展望や、こういった活動を頑張っていきたいというものはありますか?

安倍:生の舞台もたくさん刺激を受けますし、精神的にも強くなるのですが、映像の演技にもっと挑戦したいです。映画を見るのが好きで、最近「南瓜とマヨネーズ」という臼田あさ美さん主演の作品を見て。臼田さんの表情一つ一つや、振り切った演技を見て、「かっけえ!」って自分の中で震えるものがあったんです。一瞬一瞬の描写まで覚えていて、それぐらい印象付けられる表現ができるのはすごいなって、そういう風になりたいって思います。

湯川:もちろん、劇団4ドル50セントとして夢を見たいと思っているのですが、個人としては写真が好きで。見るのも、撮るのも、撮られるのも好きなので、写真についてもっと深く関わりたいなと思っています。表情の勉強は、お芝居にもつながると思うので、生かしていきたいなと思います。

(ゆかわ・れいな=2001年1月29日生まれ、鹿児島県出身/あべ・おと=2000年1月18日生まれ。大阪府出身)(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)