TBS安住アナ、2020東京五輪「新競技」“金メダル有力選手”の本音に迫る<東京 VICTORY>

TBS安住アナ、2020東京五輪「新競技」“金メダル有力選手”の本音に迫る<東京 VICTORY>

7月6日(土)放送の初回ゲストは野口啓代選手と楢崎智亜選手

7月6日(土)からスタートするトーク番組「東京 VICTORY」(毎週土曜朝7:00-7:30、TBS系)の初回ゲストに、2020東京五輪から行われる新競技「スポーツクライミング」で既に金メダル候補とうたわれている野口啓代選手と楢崎智亜選手が出演。また、“レジェンドゲスト”には、2004年のアテネ五輪から2大会連続出場で銅メダルを獲得している浜口京子が登場する。

「東京 VICTORY」は、56年ぶりに日本で開催される2020年東京オリンピック・パラリンピックを目指すトップアスリートをスタジオに招き、司会の安住紳一郎アナウンサーが本音を引き出すトーク番組。

選手たちの知られざる競技人生や競技の魅力、そしてプライベートに迫っていく。番組アシスタントは、2017年入社の山形純菜アナウンサーが務める。

スポーツクライミングは、同じ条件の壁をいかに早く駆け登れるかを競う「スピード」と、制限時間内にクリアした課題の数で競う「ボルダリング」、制限時間内に登れた高さで競う「リード」という3種目の成績で競われる複合競技。

野口選手は、ワールドカップ通算21勝・歴代2位、ボルダリング・ジャパンカップで9連覇を含む11度優勝という記録を所持している。

一方、楢崎選手は、2019年ボルダリング世界ランキング1位という成果を出しており、今、最も五輪代表選手となる可能性が高いと評されている選手。

五輪には、各国男女最大2人ずつ出場できるが、今までは「スピード」「ボルダリング」「リード」と、それぞれが別競技として行われてきたため、3種目の総合ポイントで競う経験をしてきた選手は日本には少ないという。

番組では2人の生い立ちや、競技との出合いなどを振り返りながらスポーツクライミングへの思いをひもとき、勝つために欠かせないポイントや、その重要さを明かしていく。

スタジオにはスポーツクライミングでこれから五輪を目指すキッズアスリートたちも集合。ゲストの2人に質問しながら、強くなるための秘訣(ひけつ)を学ぶ。

また、“レジェンドゲスト”の浜口は、五輪の試合で緊張しない秘訣を伝授。和やかな雰囲気と、安住アナのトーク力で次第に緊張がほぐれてきた野口選手と楢崎選手が、東京五輪でかなえたい夢も語る。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)