「ヤバイ!」「ウザい!」を使い始めたのは誰? 丸山桂里奈、西野未姫らの日本語にプロからダメ出しも

「ヤバイ!」「ウザい!」を使い始めたのは誰? 丸山桂里奈、西野未姫らの日本語にプロからダメ出しも

バナナマンがMCを務める「あなたの日本語大丈夫?笑われるニホン語」が、テレビ東京系で7月8日(月)に放送される

バナナマンがMCを務める「あなたの日本語大丈夫?笑われるニホン語」(テレビ東京系)が、7月8日(月)夜9時から放送。山下真司、高畑淳子、林家たい平、濱口優、春日俊彰、友近、丸山桂里奈、西野未姫らが出演する。

■ 人を「カッチーン」とさせる“キニクヮン語”とは?

「あなたの日本語大丈夫?笑われるニホン語」は、日本語を得意げに語る芸能人にテストを実施。そこで飛び出した芸能人の“間違った解答”が日本語のプロたちからダメ出しされ、笑われてしまうという番組だ。

「慣用句」「ことわざの意味」「名言」「短文作成」など、常識テストで正しい日本語を学ぶコーナー“ニホン語常識テスト”では、ゲストが赤っ恥解答を連発する。

また、“笑われる夜の奥さま劇場”は、昼ドラ風のショートドラマの中に隠された「間違った使い方をしている日本語」を正しい日本語に直すコーナーで、普段間違って使っている日本語をドラマの中で紹介。

語りは“アナウンス界のレジェンド”元NHKアナウンサーの加賀美幸子が務め、間違いだらけの語りに挑む。

そして、何となく使っているが、実は相手を「カッチーン」とさせてしまっている言葉を、番組では“キニクヮン語”と命名。日本語マスターたちが、世にはびこる“キニクヮン語”についてエピソードを交えて解説する。

さらに、若者言葉や日本語のルーツをたどるコーナーも。「ヤバイ!」「ウザい!」といった若者言葉を使い始めた人、そのルーツを調査。

街録で若者にインタビューを行うなど、誰が使い始めたのかを特定すべく執念の“言葉ハンティング”が行われる。

■ 番組MC・バナナマンからのコメント

設楽統:とにかく知らない事が多くて、楽しかったですね。「なるほど〜」とか普段使っている言葉の、あれもこれも本当はダメなんだと言われて、途中から何も喋れなくなりました(笑)。

お笑いをやっているので、日本語を縮めちゃったり、変な言い方にしちゃたりする立場としては、何を言ってもまずい…って気になりました。でも、言葉の可能性は無限大だなぁと。

日村勇紀:新しい形ですよね。自分は番組に参加してたのかなあ…!?と(笑)。どこかで、外から番組を見ている人みたいに楽しんじゃって。

そして僕は人です。カッパに見えるけど、カッパじゃない、パー助はおじさんです。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)