坂本九の貴重な音声を公開、亡くなる数時間前の肉声も

坂本九の貴重な音声を公開、亡くなる数時間前の肉声も

国民的スター、坂本九の秘話を紹介!

“激動の時代・昭和”の人物や商品、出来事などにスポットを当て、昭和の魅力を振り返るBSテレ東の歴史番組「武田鉄矢の昭和は輝いていた」。

7月12日(金)の放送では、「―永遠の笑顔 坂本九 3時間SP」(夜7:00-8:54)と題して、歌手・坂本九を特集する。

印象的な笑顔と甘い歌声で、昭和の芸能界に大きな足跡を残した坂本。今回のスペシャルでは、34年前の8月12日、亡くなったその日の数時間前に録音されたという、貴重な最後の肉声と歌声を放送する。

また、日本で最初のアイドルと言われた坂本が語った音楽との出合いや、中村八大、永六輔との「六八九トリオ」が生み出した名曲の数々に関する秘話を振り返る。「上を向いて歩こう」誕生秘話では、この曲に関する3人それぞれの葛藤があったという。

さらに、家族だからこそ語れる素顔の数々にも迫る。妻である柏木由紀子との出会いや結婚生活、父親としての顔などを、貴重なプライベート映像と共に紹介していく。

■ 橋本かおりプロデューサー コメント

坂本九の名曲ヒット曲を20曲ほどお届けしますが、34年前の8月12日、生前最後に残された肉声と最後の歌声“心の瞳” を番組内で紹介します。この曲はご家族3人がバックコーラスを務められ、見事な家族のハーモニーとして再録音されています。その家族の想いと、九さんがいかに家族を大切にされていたかが、あらためて浮き彫りになりました。夜の星を眺めると九さんの笑顔が浮かんできます。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)