<偽装不倫>宮沢氷魚、杏とのキスシーンが「絵になる!」と話題!【視聴熱TOP3】

<偽装不倫>宮沢氷魚、杏とのキスシーンが「絵になる!」と話題!【視聴熱TOP3】

7月10日の「視聴熱」ドラマ デイリーランキングTOP3

webサイト「ザテレビジョン」では、7月10日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「偽装不倫」(毎週水曜夜10:00-11:00、日本テレビ系)7165pt

東村アキコの同名漫画を、杏主演でドラマ化。7月10日に第1話が放送された。

32歳の派遣社員・鐘子(杏)は、二世帯住宅の実家で両親と姉・葉子(仲間由紀恵)の夫婦と同居するパラサイトシングル。3年にわたり、辛くむなしい婚活に励んできたが、派遣契約が満了した日、「どうせみんな不倫するんだから結婚に意味はない」と婚活をやめる決意を固める。

“婚活さよならパーティー”と称し、一人で博多旅行へ旅立った鐘子。ワンピースのポケットに入っていた葉子の結婚指輪をきっかけに飛行機内で出会った丈(宮沢氷魚)に、とっさに既婚者のふりをしてしまう。

食事に誘われた鐘子は、人妻というウソの設定のまま、スペインでカメラマンをしているという7歳下の丈に心奪われていく。海外生活が長い丈は、日本で不倫が多いとニュースで聞いたことから「僕と不倫しませんか」とストレートに誘う。

ともにモデルとしても活躍する杏と宮沢。並んで歩くシーンや、キスシーンが「絵になる」と話題になった。そんな中、鐘子の姿はコメディータッチで描かれつつも、婚活の悩みや、久しぶりの恋に動揺する様子など、視聴者から共感が寄せられた。

2位「なつぞら」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15、NHK総合)6175pt

7月10日放送の第86話は、なつ(広瀬すず)らの会社に入社した新人アニメーター・神地航也(染谷将太)の登場が注目を集めた。

なつが初めて原画を務める短編漫画映画の制作が始まる。脚本家をたてない坂場(中川大志)のやり方に麻子(貫地谷しほり)は難色を示しながらも、下山(川島明)を中心に若手が集まってストーリーの検討会が行われる。なつらがアイデアを出していくなか、新人アニメーターの神地が、突如遠慮なく意見をぶつけてくる。

グリム童話の「ヘンゼルとグレーテル」を制作することにしたなつたち。しかし、なつのアイデアで魔女を殺さずにヘンゼルとグレーテルが逃げ出すようにしたいと、原作とは別の展開を考え始める。

それに対して、神地は「面白い!」「面白くない…」とはっきり意見を言う。さらに、アイデアを即座に絵にして、ストーリーをふくらませていき、最終的には経験が無いながらも絵コンテまで作成した神地。アニメーターとして新風を吹かせる存在の神地の天才ぶりが、多くの視聴者にインパクトを与えた。

3位「おっさんずラブ」(テレビ朝日系)4797pt

2018年4〜6月に放送され、大ブームを巻き起こした「おっさんずラブ」。その続編となる映画「劇場版おっさんずラブ〜LOVE or DEAD〜」の公開を8月23日(金)に控え、7月9日に連続ドラマイッキ見イベントが東京都内で行われ、主演の田中圭が登壇。さらに劇場版新プロジェクトの情報が5つ解禁された。

5つのプロジェクトとしては、本ポスタービジュアル&予告編のほか、劇場版オフィシャルブックの発売、劇場前売特典、完成披露試写会の開催、そして劇場版最終追加キャストとしておかずクラブ・ゆいPの出演が発表になった。

それらのニュースに“OL民”と呼ばれるファンの喜びが続く一方、10日は田中圭と、劇場版新キャストの沢村一樹の誕生日で、祝福も寄せられた。公式アカウントでも2人の誕生日に関して投稿。田中の誕生日告知には、9日のイベントで登場した、田中演じる春田のことが好きな黒澤武蔵(吉田鋼太郎)による“愛妻弁当ケーキ”の写真が公開に。

また、劇場版で春田らの強敵となる狸穴迅(まみあなじん)を演じる沢村を祝福する投稿では、「#相変わらずマミアナ様の#色気みとお茶目みがはんぱない説」とハッシュタグが付けられ、花を持った沢村のオフショットがアップされた。

webサイト「ザテレビジョン」の「視聴熱」ページでは、4〜10位のランキングやバラエティーランキング、またウィークリーランキングも発表している。

※SNSや独自調査を集計した、今熱い番組を計る新指標(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)