<なつぞら>山田裕貴、なつ(広瀬すず)の“恋人”に立候補「雪次郎の線も捨てられませんよ!(笑)」

<なつぞら>山田裕貴、なつ(広瀬すず)の“恋人”に立候補「雪次郎の線も捨てられませんよ!(笑)」

山田裕貴は「“お友達になれそうな存在”になりたいです!」と意気込む

放送中の連続テレビ小説「なつぞら」(毎週月〜土曜朝8:00-8:15、NHK総合ほか)でヒロインの幼なじみ・雪次郎を演じる山田裕貴が、7月13日、東京都内で開催中の「なつぞら」展に合わせて行われたトークショーに登場した。

同ドラマは、戦争で両親を亡くし、きょうだいと離れて北海道・十勝で育ったヒロインの奥原なつ(広瀬すず)が、高校卒業後に上京し、アニメーターとしてみずみずしい感性を発揮していく姿を描く物語。

3連休の初日ということもあり会場には開演前から多くのファンが詰め掛け、中には始発で来たという女性の姿も。山田が登場すると、約1000人の観客から大きな歓声が沸き起こった。

自身が演じる雪次郎について、山田は「ヒロインのなつにとって雪次郎は生涯の友。とはいえ、あわよくばなつが雪次郎のことを好きになってくれないかな…とも思っていました。でも、坂場(中川大志)くんの登場により、雪次郎の線は無くなったかな?と思っていたのですが…。まだまだ雪次郎の線も捨てられませんよ!(笑)」と語り、会場の笑いを誘った。

また、同ドラマが中川や吉沢亮らイケメンぞろいであることに触れ、山田は「イケメンがたくさんいる中、僕はドラマに出演している誰よりも、会場の皆さんと“お友達になれそうな存在”になりたいです!」と告白。すると、会場は大きな拍手に包まれ、“愛されキャラ”の雪次郎同様、山田も観客から熱烈な歓声を受けた。

■ 山田裕貴「怒られる場面では本当に落ち込みました(笑)」

十勝の雰囲気について聞かれると、山田は「皆さんずっと北海道にいると思っていらっしゃると思いますが、実はクランクインの日しかロケに行っていないんです。でも、北海道に行かせていただいたおかげで、広い大地で家族の愛情を受けて育った、雪次郎の雰囲気を演じることができました」と語った。

また、第89回(7月12日放送)では、役者を目指す雪次郎が海外映画のアフレコに挑むも、北海道なまりが抜けず、蘭子(鈴木杏樹)らに怒られ、落ち込む場面が放送された。山田はそのシーンの撮影を「ドラマとはいえ、怒られる場面では本当に落ち込みました(笑)」と振り返る。

さらに、大御所声優の豊富遊声を演じる山寺宏一との共演を「幼いころから聞いていた声の方々をお目にかかれ、共演できたことは、とてもうれしかったです」と喜びを語った。

■ 第16週(7月15日[月]〜20日[土]放送)のあらすじ

なつたちの漫画映画づくりは佳境に入っていた。演出の坂場の度重なる描き直し指示にも負けず、新人アニメーターの神地(染谷将太)の活躍もあり、新しい漫画映画が誕生しようととしていた。

そんな中、夕見子(福地桃子)が突然、恋人の高山(須藤蓮)と一緒に北海道から上京してきた。周囲の学生たちに影響を受けた夕見子は大学を辞め、高山と一緒に新生活を東京で始めるという。

夕見子のあまりに身勝手な結婚観に付いていけないなつ。亜矢美(山口智子)も説得しようとするが耳を傾けようとせず、ついに電話で富士子(松嶋菜々子)に相談してしまう。

数日後、夕見子を説得しに十勝からやって来たのは、“あの男”だった。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)