期待の大型新人グループ “開歌-かいかー”「個性もバラバラ楽しくやっています」<Interview(後)>

期待の大型新人グループ “開歌-かいかー”「個性もバラバラ楽しくやっています」<Interview(後)>

6人組アイドルグループ「開歌-かいかー」に初インタビュー!

元アイドルネッサンスの百岡古宵をリーダーに、青木眞歩、琴平萌花、佐々木亜実、南雲咲楽、渡邉陽の6人からなるボーカルグループ「開歌-かいかー」が、1stシングル「歌の咲く島/セミロング」を7月16日に発売した。

6人それぞれの透き通った歌声が際立つメロディーと、色とりどりな花の美しさを演出するトラックが印象的な楽曲。

シングルのリリースイベントはもちろん、世界最大級のアイドルフェス「TOKYO IDOL FESTIVAL 2019」(通称:TIF/8月2日と4日)などに出演するなど、この夏は開歌-かいか-の綺麗なハーモニーがいろんなステージで花開く。

今回は、シングルリリースを記念して6人の座談会を前編・後編の2回に分けてお届け。“後編”では「好きな食べ物」「誰にも負けない○○愛」「一番リラックスする時間」など、メンバーの意外な素顔を探っていく。

――座談会の後編では、皆さんの素顔に迫る質問をしてみたいのですが、まずはベタに「好きな食べ物」を教えてください!

青木眞帆:私はウニです!

――おっ! いきなりシブいですね(笑)。

青木:よく驚かれるというか「珍しいね」って言われるんですけど、小学校1年生の頃からずっと好きなんです。

――おすしを食べる時は絶対注文する?

青木:はい、最初に注文します! おすしって(1皿に)2個出てくるじゃないですか。なのでまず1個食べて、その後にいろんなネタを頼みます。そして、最後に残しておいたウニを食べて終わり(笑)。おすしを食べる時はいつもこの順番です。

南雲咲楽:私は昆布が好きなんです。

――ウニに続いて、またシブいものが出てきましたね(笑)。

南雲:昆布茶が好きで、レコーディングの時はいつも飲んでいます。

佐々木亜実:またシブくなっちゃうんですけど…(笑)、私はきゅうりです。

――ウニ、昆布、きゅうり…、確かにシブいかも(笑)。

佐々木:水洗いをして、味噌につけて食べると美味しいんです。きゅうりの漬物も大好き。

――これからの季節にぴったり!

佐々木:夏が一番おいしいと思うので、楽しみにしています! ちょっと、そろそろ誰かかわいい食べ物を答えて(笑)。

百岡古宵:私はあまり食の趣味がないというか「これが好き!」っていうものがないんです。だから、あえて挙げるとしたら水?

佐々木:もう、ヤバいよ私たち(笑)。

百岡:学校に行く時も必ず持ち歩いています。水って普通に飲んでもいいし、お料理にも使ったりするので、ホントに素晴らしい。水から元気をもらっています。

琴平萌花:私は食べることが好きなので、無限に食べています(笑)。

――無限とは?

琴平:この間、おばあちゃんの家にお泊まりした時、気付いたら何かしらずっと食べていたんですよ。もう、手が止まらないんです。おばあちゃんに「ヤバいよ、あんた」って注意されました(笑)。特に好きなのはいちごです!

佐々木:やっとアイドルらしい答えが出た(笑)。

渡邉陽:私も果物なんですけど、マンゴーが大好き。冷やして食べるとおいしいんです。

■ アピールタイム!

――続いて「これだけはメンバーに負けない!」というものを教えてください。

南雲:「サンリオ愛」は、たぶん誰にも負けないと思います。特に好きなキャラクターは犬の“ポチャッコ”。今年のサンリオキャラクター大賞で5位だったんです。すごくかわいいので、皆さんもチェックしてみてください!

百岡:私はファッションに興味があるんです。古着屋さんに行ったり、自分の好きな服について研究したり。素材や柄を見ているだけで楽しいです。

――好きなファッションは?

百岡:ビンテージ系のファッションに憧れがあります。一つ一つに意味が込められているというか、たくさんの人たちに愛され続けてきたものじゃないですか。

厚みや光沢があって、その服の歴史を感じられる点がステキだなと思います。

――「サンリオ愛」「ファッション愛」と続きましたけど、次は?

佐々木:WACKさんという事務所のアイドルさんたちへの愛は誰にも負けません。BiSHさんから順々にハマっていきました。皆さん、ホントにかっこいい! 私たちとはタイプが違うんですけど、個人的にすごくひかれます。普段から曲を聴いています。「アイドル愛」だと青木眞歩に負けるので(笑)、WACKさんのアイドル限定でお願いします!

青木:私もBiSHさんは好きで曲を聴いたりしています。メンバーの誰にも負けないものでいうと「タピオカ愛」ですかね。

昔、流行っていたことは知っていて、ここ数年また人気が出てきましたけど、そのブームの前から好きでした。1日に3カ所ぐらいタピオカ屋さんを巡ったりしています。

冷凍のタピオカを解凍して、自分でミルクティーを入れて飲んだり。まだ、行けていないお店がたくさんあるので、今年の夏は楽しみです。

渡邉:私は「K-POP愛」です。小さい頃から大好きで、最近は少女時代さんとか、TWICEさんをよく聴いています。いつか、開歌-かいか-のメンバーと一緒に踊ってみたい。

琴平:私は「漫画愛」です。少女漫画は目に付いたものを読む感じで、少年漫画は「鬼滅の刃」という鬼が出てくる作品にハマっています。誰にも負けないぐらい語ることができますよ(笑)。亜実も同じようなジャンルの漫画が好きなので、めっちゃ語り合っています。

佐々木:いつも、むっちゃ言われます(笑)。南雲も漫画好きなんですよ。

南雲:私は少年漫画の場合、1つの作品を深くじっくり読んでいくタイプ。少女漫画もキュンキュンしながら楽しんでいます。

――自分が一番リラックスできる時間は?

南雲:やっぱり寝ている時です。“ポチャッコ”のお布団セットが大好き。そのお布団だったら、何時間でも寝られます。

百岡:私は夜型なので、電気を消して夜の星を見ながら音楽を聴いている時間が好きです。

渡邉:大人だなぁ(笑)。

百岡:夏と冬では星が全然違うんです。すごくきれいでロマンチック。夜から朝にかけての時間帯も好きです。

琴平:私は歌っている時が一番楽しいです。

佐々木:いい答え過ぎる。この後、言いづらい(笑)。

琴平:(笑)。小さい頃から歌うことが大好きで、どんなに疲れていても気付いたら自転車に乗りながら口ずさんだりしていました。

佐々木:私は、移動中に音楽を聴いている時が一番リラックスできます。BiSHさんもそうですし、バンド系も良く聴きます。

青木:1日の中の時間というわけではないんですけど、田舎が好きなんです。お母さんの実家は空気がきれいですし、夜になると星もたくさん見える。

私にとって一番落ち着ける場所。夏になると川で魚を捕ったり、虫を捕りに行ったり。普通にはしゃげる環境がいいなと思います。

――虫は平気なんですか?

青木:クモ以外だったら大丈夫です(笑)。

――渡邉さんのリラックスできる時間は?

渡邉:朝起きて、学校に行く途中の時間帯。朝だからこそボーっとできるというか、何も考えずにリラックスできる感じが好きです。

――最後に、個人的な目標をお願いします!

百岡:いつかやってみたいなと思っているのは、ファッションが好きなので開歌-かいか-の衣装を自分で考えてみたいです。

南雲:実現できるかどうかは分からないんですけど、例えば植物園とかお花がたくさんあるところでライブをやってみたいです。

私たちは歌と花を大切に活動しているグループなので、きれいなお花に囲まれながら歌いたいです。

百岡:野外で歌ったら気持ち良さそう。

琴平:夕方や夜とかに南アルプスのような大自然で「歌の咲く島」を歌って踊りたいです。個人的な夢としては、少しだけギターが弾けるので弾き語りに挑戦してみたいです。

青木:歌だけでなく、ダンスの練習も続けているので、いつか機会があったら披露してみたいです。

渡邉:メンバーだけで歌を作ってみたいです。作詞、作曲、フォーメーションもみんなで考えたいです。

佐々木:これからも、いろんなジャンルの曲を歌っていくと思うんですけど、今よりももっと格好良く歌えるようになりたい。

皆さんを「おっ!」と思わせるような歌い方ができるようになったらいいなと思っています。

――琴平さんはギターが弾けるという話でしたけど、他のメンバーは楽器を担当するとしたら何がいいですか?

青木:いつかドラムをやってみたいです。

百岡:昔、サックスをやっていました。

渡邉:ピアノとギターを少しだけ習っていたんですけど、全然弾けません(笑)。

南雲:あの〜、カスタネットでもいいですか?(笑)

百岡:いいよ、いいよ!

佐々木:私はピアノを何年かやっていました。

百岡:亜実は音感がいいので、いつも音程を取る時に助けてもらっています。こんな感じで個性もバラバラ楽しくやっていますので、今後も応援よろしくお願いします。

一同:よろしくお願いします!(ザテレビジョン・取材・文=月山武桜)

関連記事(外部サイト)