松雪泰子が掟破りで自分勝手な工学者に「見る人をスカッとさせるドラマになる!」

松雪泰子が掟破りで自分勝手な工学者に「見る人をスカッとさせるドラマになる!」

松雪泰子が事故に秘められた謎を解き明かす!

松雪泰子が、10月18日(金)にスタートするドラマ「ミス・ジコチョー〜天才・天ノ教授の調査ファイル〜」(毎週金曜夜10:00-10:50、NHK総合)で主演を務めることが分かった。

出演に当たり、松雪は「ワクワクして面白く、毎週見る人をスカッとさせるドラマになる!と予感しております」とコメントを寄せた。

同ドラマは、さまざまな事故を第三者の目で調べる「事故調査委員会(事故調)」に招かれた、掟破りで自分勝手な天才工学者・天ノ真奈子(松雪)が、「失敗学」を武器に事故の背景に潜む人間模様や社会のひずみに切り込む姿を描く。

松雪は、一流大学の工学部教授で、失敗の責任を追及するのではなく、直接の原因と、背景的・社会的な原因を究明して知識化し、再発防止に役立てる学問「失敗学」の研究者・真奈子に扮(ふん)する。

真奈子の助手を堀井新太が演じる他、須藤理彩、高橋メアリージュン、余貴美子の出演が決定している。

また、脚本は「陸王」(2017年)や「半沢直樹」(2013年、TBS系)で知られる八津弘幸、「おっさんずラブ」(2018年、テレビ朝日系)を手掛けた徳尾浩司らのオリジナル作品となる。

■ 松雪泰子コメント

「失敗学」の概念を元に、さまざまな事故の謎に切り込んでいき、その失敗の元となっているヒューマンエラーを解明し人や環境を正していく物語。

真奈子はそれをクレバーに、時にユーモアを交えながら気持ちよく解決してくれます。その姿はとても魅力的で、言葉に力があり、希望を与えてくれます。

そんな新しい魅力の持ち主の、真奈子に挑戦出来る事を、楽しみにしております。理系な概念から哲学的思考に極めてポジティブに落とし込んでいく解決法は爽快感を与えてくれます。心して演じたいと思います。(ザテレビジョン)

関連記事(外部サイト)